格安スマホ/SIM

格安SIMの失敗しない選び方とは?

大手キャリアのスマホと比べると、毎月の利用料金を大幅に節約できるという点がよく知られている格安SIMには、いろいろなものがあります。

失敗しない選び方をするためには、どんな点に注意したら良いのでしょうか?

目次

最初に知っておきたい格安SIMのこと

格安SIMを選ぶ前に、最初に格安SIMとはいったい何のことなのかを理解することから始めましょう。

格安SIMの通信エリア

格安SIMのほとんどは、NTTドコモやソフトバンク、auなど大手キャリアの回線を部分的に利用しています。

そのため、通信が可能なエリアは大手キャリアと大きく変わることはなく、格安SIMだからと言って圏外になりやすいということはありません。

格安SIMの最大のメリットは料金面

格安SIMのメリットはいくつかあります。

その中でも最大のメリットともいえるのが、毎月の利用料金を大幅に節約できるという点です。

普段はスマホを自宅や職場のWi-Fiに接続しているという人にとっては、データ通信量はそこまでたくさん必要ではないでしょう。

そういう人なら、スマホの利用料金を毎月3,000円~5,000円程度に抑えることも十分に可能です。

必要なサービスを取捨選択できるのが便利

大手キャリアでは、手厚いサービスがパッケージ化されていることが多いものです。

そのため、必要なサービスをユーザー自身が選び、不要なサービスをなくして料金面に反映させるということができません。

しかし格安SIMなら、ユーザーがニーズに応じでプランを組み立てられるシステムとなっていることが多く、無駄のないサービスと料金のバランスを実現できます。

格安SIMでも手持ちのスマホは使える?

格安SIMにはいろいろなサービスがあり、それぞれ対応するスマホの機種や端末が異なります。

そのため、格安SIMを選ぶ時には、手持ちのスマホを持ち込みたいユーザーは持ち込めるかどうかという点も検討する必要があります。

格安SIMの利用回線をチェック

格安SIMの多くは、大手キャリアの回線を利用しています。

例えば、ドコモ回線を利用している格安SIMなら、ドコモから乗り換えるユーザーにとってはスマホを持ち込みやすく、SIMロックの解除すら必要ないということがあります。

現在のキャリアと乗り換え先の格安SIMが利用している回線の相性をチェックすることはとても大切ですが、現在のキャリアとは別の回線を利用している格安SIM経乗り換える場合でも、SIMロックを解除することによって乗り換えが可能になるケースは多いものです。

安心してください。

スマホ端末の販売もアリ

もしも格安SIMに乗り換えたけれど、スマホを買い換えたいという時には、それぞれの格安SIMがリーズナブルなスマホを販売しているので安心です。

しかも、大手キャリアと同じように分割払いに対応しているサービスも多いので、最初にまとまった初期費用がなくても問題ありません。

格安SIMには2年縛りはある?

大手キャリアでは、2年縛りと呼ばれる2年契約が一般的です。

これは、契約更新月以外のタイミングで解約すると、違約金が発生するというものです。

格安SIMには2年縛りがないことも

格安SIMでも、2年縛りがあるところはあります。

格安SIMだから必ずしも2年縛りがないというわけではありません。

しかし、利用期間の条件については業者ごとに多種多様で、最低6か月間使えばいつ解約しても解約金はナシというサービスもあります。

スポンサーリンク

通話サービスを利用しないデータ通信のみの格安SIMプランだと、いつ解約してもペナルティがナシというサービスが多い点もまた、格安SIMの大きな魅力と言えます。

格安SIMの品質や回線速度は?

格安SIMの多くは、大手キャリアの回線を利用しています。

しかし、大手キャリアの回線の全てを共有できるわけではなく、大手キャリアの回線を部分的に共有しているという認識です。

そのため、回線の速度や品質という点では、どうしても大手キャリアにはかないません。

スマホの利用に通信速度がとても大切だという人は、もしかしたら格安SIMに乗り換えても満足できない可能性はあるでしょう。

具体的にどのぐらい遅いのか?

格安SIMでは、利用する時間帯によって通信速度に大きな差があります。

多くの人が利用する通勤時間やランチタイムの時間帯などには、通信速度が下りで1Mbpsを下回ってしまうこともあります。

このスピードだと、動画や画像を多く利用するユーザーにとってはイライラする原因になってしまうかもしれません。

ただし、いつ混雑して通信速度が遅くなるかは分かっているので、その時間は自宅や職場のWi-Fiに接続するなど、工夫することによってイライラを回避できます。

格安SIMの選び方

格安SIMは、それぞれ利用する大手キャリアの回線が異なるほか、提供するサービスの内容や料金が異なります。

どんなポイントを抑えて選べばよいのでしょうか?

料金で選ぶ

スマホを使うのはほとんど自宅や職場のWi-Fiだから、データ通信量は少なくて良いから利用料金を安く抑えたいというユーザーはたくさんいます。

Wi-Fiメインのスマホユーザーやライトユーザーにとっては、通話サービスがついていないデータ通信プランのみの契約も含めて検討するのが良いでしょう。

格安SIMの料金は、どれだけ通信データ量が必要かによって決まることが多いものです。

料金面で最安なのはイオンモバイルの500MBプランで、毎月1,100円程度で利用できます。

その他にも、mineoでは毎月の利用可能な通信データ量が500MBというプランが複数あり、毎月1,300円~1,800円程度での利用が可能です。

利用する大手キャリアの回線で選ぶ

格安SIMでは、どの大手キャリアの回線を利用するかが異なります。

NTTドコモ、ソフトバンク、auすべてに対応している格安SIMもあれば、ドコモとソフトバンクにだけ対応しているという所もあります。

現在どのキャリアを利用しているかによっては、格安SIMへの乗り換えの時にSIMロックを解除する必要がないこともあります。

各キャリアで購入したスマホの中には、他のキャリア回線とは相性がイマイチという端末もあるため、格安SIMの選び方はどの回線を利用しているかで決めるというユーザーは少なくありません。

通信速度と安定感で選ぶ

格安SIMに乗り換えても、なかなか繋がらかったり、繋がってもとても遅くてイライラしっぱなしというのでは、乗り換えた意味がありません。

やはり格安SIMとはいえ、通信速度や安定感は重要なポイントではないでしょうか。

通信速度で選ぶなら、Y!mobileや楽天モバイルなどが人気となっています。

利用する時間帯によって速度は変わるものの、混雑しやすい時間帯でも12Mbps程度の下り速度が期待できるため、使っていてイライラすることは少ないでしょう。

手持ちのスマホで選ぶ

購入するとまとまった金額になるスマホは、キャリアを変えてもできれば持ち込みたいものです。

スポンサーリンク

格安SIMはそれぞれ、対応しているスマホ端末とそうでないものがあるため、スマホを持ち込みたい人は、事前にその点も確認しておくことが必要です。

スマホの中でも人気が高いiPhoneは、多くの格安SIMに対応していますが、すべてのiPhoneがすべての格安SIMに対応しているというわけではありません。

そのため、各格安SIMの公式ホームページで、対応スマホをチェックすることをおすすめします。

サービスで選ぶ

格安SIMの中には、一定の時間内なら通話が無料になるというサービスや、定額を支払うと通話が無料になるというサービスがあります。

ユーザーが毎月どのぐらいの通話をするのかによって必要なサービスは異なりますから、格安SIMを選ぶ際には、それぞれのサービスの内容や料金を比較して、必要なサービスを付けた状態で毎月いくらの料金がかかるのかという点を比較すると良いでしょう。

人気の格安SIMを選ぶならココ

格安SIMの中でも、たくさんのユーザーがいて満足度が高い業者なら、自分が乗り換えた際にも高い満足度が期待できそうです。

人気のある格安SIMには、どんな業者があるのでしょうか?

快適な通信速度が魅力のUQモバイル

UQモバイル

多くのユーザーを抱えるUQモバイルは、格安SIMの中でも通信速度が安定しているという点で好評です。

格安SIMでは有料サービスとなっていることが多いデザリングの機能もUQモバイルなら無料で利用できますし、iPhoneでのデザリングも可能です。

UQモバイルはau系の格安SIMで、auからの乗り換えでは、大手キャリアで使っていたメールアドレスをそのまま使うことができるというメリットがあります。

ただし、対応している端末の種類が少ないという声があるため、格安SIMでも端末にこだわりたい人なら対応機種を確認することをおすすめします。

【公式】UQモバイル

複数キャリアを選べるmineo

mineo

格安SIMの中でも、NTTドコモ、ソフトバンク、auと大手キャリアの回線に対応しているmineoは、乗り換え前のキャリアに合わせて異なるプランが準備されているのが特徴です。

解約金のシステムを採用していないため、格安SIMを試験的に使ってみたいというユーザーにもおすすめです。

mineoでは他の格安SIMと比べると、サービス面が充実していると好評です。

そのため、料金を安くしてもサービスも妥協したくないという欲張りなユーザーなら、mineoへ乗り換えることで高い満足度が期待できるのではないでしょうか。

【公式】mineo

エンタメフリーオプションが魅力のBIGLOBEモバイル

BIGLOBEモバイル

ドコモ回線とau回線に対応しているBIGLOBEモバイルでは、YouTubeやSNSなどのエンターテイメントアプリの利用に関しては、データ通信量がカウントされないというサービスがついています。

そのため、スマホはよく使うけれど、ほとんどがSNSやYouTubeという人なら、驚くほど少ないデータ量用で料金を抑えながら、高い満足度が期待できるサービスと言えるでしょう。

BIGLOBEモバイルは全国83,000ヶ所にWi-Fiスポットがあり、6GB以上のデータ通信契約をしているユーザーなら無料で利用できます。

【公式】BIGLOBEモバイル

Qualityで選ぶならIIJmio

IIJmio

通信速度と品質に関しては定評のあるIIJmioは、使わなかったデータ容量を翌月に持ち越せるというサービスが魅力です。

よく使う月とそうでない月とムラのあるユーザーなら、ぜひ利用したいサービスではないでしょうか。

IIJmioでは、手動で高速通信と低速通信との切り替えができ、低速通信ではデータ容量がカウントされないシステムとなっています。

そのため利用するアプリごとにユーザー自身が調整できるというメリットがあります。

スポンサーリンク

【公式】IIJmio

プランが充実しているから用途に合わせて選べるU-モバイル

U-モバイル

U-nextが提供する格安SIMが、U-モバイルです。

LTE使い放題プランや音楽聞き放題SIM、毎月25GBまでたっぷり使えるプランなど、ユーザーの用途やニーズに応じて選べるプランが充実しているのが特徴です。

しかも、格安SIMの中では珍しく店舗も構えているため、ネットだけでの手続きでは不安というユーザーにとっては、選びやすい格安SIMと言えます。

【公式】U-モバイル

LINEユーザーなら検討したいLINEモバイル

LINEモバイル

LINEを始め、FacebookやTwitterなどのSNSアプリを利用した時のデータ容量がカウントされないのが魅力のLINEモバイルは、LINEユーザーに人気があります。

スマホは使うけれどほとんどがSNSという人なら、ぜひLINEモバイルへの乗り換えを検討してみてはいかがでしょうか?

【公式】LINEモバイル

ソフトバンクからの乗り換えが多いY!mobile

Y!mobile

ソフトバンクからの乗り換えユーザーを多く持つY!mobileは、ソフトバンクほどハイスペックなサービスは必要ないけれど、格安SIMよりもワンランクアップしたスペックが欲しいというユーザーにピッタリです。

Yahoo!系のサービスとの連携が良く、ヤフーカードを使ってネットショップをすればポイントが2倍になったり、Y!mobileユーザーは無条件でYahoo!プレミアム会員の会費が無料になるなどのサービスがついています。

【公式】Y!mobile

使った分だけ払う従量制ならエキサイトモバイル

エキサイトモバイル

格安SIMでも、大手キャリアのように毎月利用出来るデータ通信量の上限が決められていて、使っても使わなくても一定料金がかかるというサービスは多いものです。

しかし、あまり使わない人にとっては、無駄が発生してしまうかもしれません。

そんな無駄をなくしたいというユーザーにおすすめなのが、完全従量制のエキサイトモバイルです。

使った分だけ料金を支払う仕組みなので、無駄が嫌というライトユーザーに人気があります。

【公式】エキサイトモバイル

楽天市場との連携が素晴らしい楽天モバイル

楽天モバイル

ネットショップで楽天市場をよく利用するユーザーなら、同じ楽天系の楽天モバイルがおすすめです。

楽天市場を利用すると楽天ポイントが2倍になったり、毎月の楽天モバイル料金でもスーパ―ポイントがたまるなどの連携サービスが大きな魅力となっている格安SIMです。

ドコモ回線ならデータシェアができるというサービスもあります。

【公式】楽天モバイル

格安SIMへの乗り換え方

現在、ドコモやソフトバンク、auの大手キャリアと契約しているユーザーの中には、毎月の利用料金を少しでも安く抑えたいなと考えている人はたくさんいるでしょう。

大手キャリアから格安SIMへの乗り換えはとても簡単で、MNP乗り換えなら使っている電話番号をそのまま格安SIMに持ち込むこともできます。

まずは格安SIM業者を選ぶ

格安SIMへの乗り換えを考えたら、最初に複数の格安SIMサービスを比較して、自分のニーズを満たしてくれる業者を選ぶことから始めましょう。

どんな風にスマホを使うのかによって、最終的に毎月の利用料金がどのぐらいになるのかをシミュレーションすることをおすすめします。

申し込みに必要な書類を確認する

格安SIMへ乗り換える際には、現在利用しているキャリアの回線はそのままにした状態で格安SIMへMNP乗り換えをする手続きを行います。

スポンサーリンク

その際には、新規申し込みということで身分証明書が必要になりますし、支払いのためのクレジットカードが必要になります。

スムーズに申し込みの手続きができるように、身分証明書はスキャンしてパソコンに画像ファイルとして保存しておくと良いでしょう。

MNP予約番号を取得する

現在使っている電話番号を格安SIMへ持ち込みたいユーザーは、キャリアからMNP予約番号を発行してもらう必要があります。

発行の際にはMNP転出手数料として3,000円程度かかることが多いです。

MNP予約番号には、有効期限が設けられています。

キャリアごとに有効期限が異なりますし、受け入れ先となる格安SIMの側でも、有効期間がどのぐらい残っているかという点が大切なポイントとなります。

そのため、MNP予約番号を発行してもらったら、速やかに手続きを始めることをおすすめします。

申し込みはネットで

格安SIMの申し込みは、それぞれの公式ホームページで手続きできることが多いものです。

格安SIMでは大手キャリアのように店舗を展開しているわけではないため、Webでの申し込み方がよく分からないという人は、電話でのカスタマーサービスが充実している格安SIMを選ぶと良いでしょう。

審査を受ける

格安SIMだけでなく、スマホの新規契約においては最初に審査を受けることになります。

審査基準はキャリアごとに異なりますが、一般的には過去の支払い滞納や不払いがないかという点がチェックされます。

もしも現在使っているキャリアで料金の不払いがある人は、それを完済しなければ格安SIMの審査には通らない可能性が高くなります。

注意してください。

審査が済むとSIMカードが送られてくる

格安SIMでの審査には、それほど時間はかかりません。

早ければ申し込みをした当日中、遅くても1,2日中には審査が済みます。

審査に通った場合には、SIMカードが発送され、商品発送のお知らせメールを受け取ることになります。

一方、審査に通らなかった場合には、自動的に申し込みそのものがキャンセルの扱いとなり、SIMカードは発送されません。

SIMカードを受け取ったら回線切り替え

格安SIMカードを受け取ったら、回線切り替えの作業を行います。

作業自体はそれほど難しくなく、基本的にはスマホの中からSIMカードを取り出して、格安SIMのものに差し替えるという作業です。

送られてきたSIMカードと一緒に、分かりやすく順序が書かれている説明書が入っているので、それを読みながら自分で回線の切り替えを行いましょう。

格安SIMの中には、専門のスタッフを自宅まで派遣してくれて、回線切り替えからスマホの初期設定などの作業を全て代行してくれるというサービスを提供している所もあります。

未成年でも格安SIMは契約できる?

格安SIMは毎月の利用料金が大手キャリアと比べてリーズナブルなので、子供が自分のお小遣いの範囲でやりくりしたいと希望することがあります。

未成年でもスマホの契約ができるかどうかという点については、格安SIMキャリアごとに対応は異なります。

面倒なら親名義でOK

子供名義にするといろいろ面倒そうだという時には、親名義で格安SIMを契約し、子供が利用者登録するという方法もあります。

子供が成人して名義変更する際には、名義変更の手続きをすれば良いでしょう。

スポンサーリンク

クレジットカードは契約者名義

もしも子供名義の格安SIM契約をするなら、支払い方法となるクレジットカードもまた、契約者本人の名義のカードが必要です。

つまり、未成年で自分名義のクレジットカードを持っていない人は、カードを作って契約するか、カードを作れる年齢になるまでは本人名義では契約ができないということになります。

子供名義でも契約できるのはココ

格安SIMの中には、子供名義で契約できるキャリアがいくつかあります。

例えばUQモバイルやY!mobileなどがそうですが、これらは店舗に子供と保護者の親が一緒に足を運べば、未成年の子供名義でも契約することは可能です。

家族契約なら割引がある

親子で同じ格安SIMを利用する場合には、お得で便利な家族向けのプランやサービスが提供されている格安SIMを選ぶのがおすすめです。

例えばUQモバイルなら同じ契約者で2回線目からは毎月の利用料金がディスカウントされます。

また、親子間では通話はかけ放題というサービスを提供しているキャリアもたくさんあります。

BIGLOBEモバイルでは、シェアSIMというプランを選べばデータを家族間でシェアできるサービスがあります。

毎月1,000円以内でスマホを利用することは可能?

格安SIMの中でもとにかく料金重視で選びたいユーザーにとっては、毎月の利用料金が1,000円以内になることは、まさに理想的と言えるでしょう。

どのキャリアでどんなプランを契約すれば、毎月1,000円以内での利用が可能なのでしょうか?

通信データ専用プランがおすすめ

格安SIMの多くは、通話サービスを利用するかどうかによって、プランが異なります。

通話サービスを利用しないプランの方が毎月の利用料金は安いので、スマホで電話をする事がほとんどないというユーザーや、スカイプなどのアプリを使って通話するというユーザーにとっては、データ通信のみのプランを選ぶことも可能です。

月1,000円以内だと通信データ容量はどのぐらい?

毎月の利用料金を出来るだけ安く抑えるためには、通信データ容量を低く抑えることが有効です。

高速データ通信をあきらめて低速通信のみにすれば、毎月300円程度でも利用が可能ですが、動画やSNSを楽しみたい人なら、最低でも500MB~1GBぐらいは欲しいものです。

通話サービスを加えると、このデータ容量で毎月1,000円以下は難しいですが、データ通信のみのプランなら実現可能です。

格安SIMはニーズに合わせて選ぼう

多種多様なサービスがある格安SIMは、ユーザーのニーズや使い方などに合わせてピッタリのキャリアやサービスを選ぶと良いでしょう。

各キャリアの最低料金だけを比較するのではなく、自分の使い方に合わせて毎月どのぐらいの料金になるのかをシミュレーションした上で比較することが大切です。

関連記事