ハウツー

iPhoneを使っていて異常を感じたら即チェック!iPhone乗っ取りを調べる方法と対処法

iPhoneはウイルスなどに強いからセキュリティ対策のアプリは不要と言われていますが、それでも絶対に安心できるとは限りません。

自分でも気づかないうちに乗っ取りやハッキング被害に遭っていることもあるのです。

もしかしたらiPhone乗っ取り状態になっているかもしれないと不安な人は、ここで紹介する情報をチェックしてみましょう。

iPhone乗っ取りはどんな状態なのか

iPhone乗っ取りとは、第三者に自分のiPhoneが操作される状態のことです。

遠隔操作をされることもあれば、持ち主が知らない間に情報を抜き取って、どこかへ送信してしまうこともあります。

ただしそこまで露骨な操作をされることは少なく、実際にはiPhoneに紐付けているApple IDを乗っ取られることが多いです。

Apple IDを乗っ取られるとどうなるのか

Apple IDはiPhoneを使う上で重要なアカウントです。App Storeの利用やiCloudへデータを保存するときにも使われるので、iPhoneとは切っても切れない関係です。

iPhoneで使用するアプリではiCloudをデータの保存場所にしているものも多く、Apple ID乗っ取りによって様々な情報が抜き取られるリスクが高くなります。

他にもApple IDのパスワードを変更されることで、自分がこれまでに購入した音楽やアプリが使えなくなる場合もあります。

本体が無事なら大丈夫と考えている人もいますが、自分が当たり前のように使っていたサービスが使えなくなると、想像以上のダメージを受けてしまうのです。

iPhoneが乗っ取られたら起きる現象をチェック

iPhone乗っ取りによってApple IDが奪われてしまったら、一体どのような状態になるのかを具体的に紹介していきます。

自分の情報が奪われてしまうだけではなく、第三者に影響を及ぼす場合もあるので、乗っ取りによってどのような現象が起きるのかをしっかり確認しておきましょう。

端末を遠隔でロックされてしまう

iCloudの機能には「iPhoneを探す」というものがあります。

これはiPhoneを紛失したり盗難されてしまったりしたときの対策機能で、端末の現在位置を調べることや操作をできなくしてしまう機能です。

Apple IDが自分の管理下にある状態なら、この「iPhoneを探す」機能はとても頼もしいものです。

しかしアカウントが第三者に奪われている状態だと、勝手に端末をロックされて使用不能にされてしまうのです。

さらにはそのロック状態を解除するために金銭を要求する連絡が来るなど、脅迫される可能性もあります。

勝手に買い物をされてしまう

iPhoneが乗っ取られてしまったら、そのアカウントを使って勝手に買い物される可能性があります。

クレジットカード情報を登録せず、iTunesカードを使ってお金を払っている人なら心配はいりませんが、クレジットカードを登録している人にとって深刻な問題です。

iPhone乗っ取りによる被害はデータなどを想像する人も多いのですが、自分の知らないところで様々な商品を購入されてしまうことで、金銭的な被害を受けることもあるのです。

カードを止めることで被害を最小限に抑えられますが、動揺して対応が遅れると事態はどんどん悪化していきます。

連絡先の情報が流出する

iPhoneで使う連絡先をiCloudに登録している場合、アカウントでサインインをすれば連絡先を同期してくれるのでとても便利です。

しかしiPhone乗っ取りによってiCloudへアクセスされるようになると、この連絡先情報が流出してしまうのです。

自分の連絡先を盗み見られてしまうだけでも嫌な気分になりますが、その情報を悪用されると自分だけではなく周囲の人たちも被害を受けてしまいます。

そこから新たなiPhone乗っ取り被害者が出てしまうこともあり、人間関係に悪影響を及ぼすこともあるのです。

スポンサーリンク

遠隔操作でiPhoneを初期化されてしまう

iCloudの機能を使うと、遠隔操作でデータ消去ができてしまいます。

これは本来防犯機能として提供されているもので、iPhoneを紛失したときに遠隔で初期化して、データ流出を防ぐためのものです。

iPhone乗っ取りによって、この機能が悪用されることもあるのです。

本体データだけではなく、iCloudに保存されるデータも削除されてしまったら、被害はさらに大きなものになります。

写真や動画などを勝手に見られてしまう

iPhone乗っ取りによってiCloudへアクセスされるようになると、自分が保存しているデータをすべて見られてしまうのです。

iPhone本体にデータを保存しており、バックアップのためにiCloudにも保存している人は多いです。

自分だけの誰にも見られなくない写真が勝手に見られるかもしれない状態は、とても嫌なものです。

さらにはそのデータがオンライン上に公開されることもあるので、絶対に防ぎたい被害です。

自分のいる場所を知られてしまう

iCloudの防犯機能である「iPhoneを探す」は、そのiPhoneがどこにあるのかを表示してくれます。

そして第三者がiCloudへ自由にアクセスできる状態だと、この機能を使って自分のいる場所を知られてしまうのです。

単純に場所を知られるだけなら大きな被害はありませんが、そこからストーカー被害などに繋がることもあるので、甘く見ることができない問題です。

なぜiPhone乗っ取りをするのか

iPhone乗っ取りは被害に遭うと恐ろしいものですが、実際に乗っ取りをする人は何が目的なのかという疑問が出てきます。

iPhone乗っ取りはこれまで数多くの被害者を出してきましたが、その根本にあるのは金銭目的です。

脅迫に使いやすい

iPhoneをはじめとしたスマートフォンは、持ち主の様々な情報が保存されています。

その情報をロックして、引き換えに金銭を要求するタイプの被害が多いのです。

クレジットカードの情報を抜き取られることもあります。

他にもiCloud上に保存されているデータを使って乗っ取りを行い、ラインなどのアカウントを乗っ取ってプリペイドカードを購入させる手口もあります。

単純に相手情報を知りたいという目的で乗っ取りをする場合もありますが、その過程で得た情報は脅迫に使いやすく、最終的には金銭目的の犯行になるのです。

脅迫がなくても乗っ取られている可能性がある

iPhoneの乗っ取りが行われる主な目的は金銭ですが、純粋に監視をするために乗っ取りをするタイプもあります。

これは金銭的な被害こそありませんが、長期にわたって行動を監視されることになるのです。

その被害はiPhoneの持ち主だけではなく、家族など身近な人が対象になることもあり、乗っ取りに気づかなければいつまでも続く可能性があります。

iPhoneが乗っ取られているのかを確認する方法

「もしかしたらiPhoneが乗っ取られているかもしれない」と思ったときの確認方法について紹介していきます。

iPhoneを使っていて違和感を覚えたときや、Apple IDで知らないアプリの購入などが行われているときは、まずこれらの方法で確認してみましょう。

サービスに関する通知を疑う

iPhone乗っ取りは、Apple IDを乗っ取ることが目的です。

そのために様々な手法を使ってくるのですが、そこでチェックしておきたいのはApple IDと関連付けているサービスへの通知です。

スポンサーリンク

覚えのない通知が来た場合、サービスの誤動作か第三者による関与が考えられます。

さらにはその通知にあるメールアドレスに見覚えがなければ、乗っ取り被害を受けている可能性が出てきます。

Apple IDの情報を確認する

Apple IDは基本的にメールアドレスとパスワードがあれば使えますが、そこには様々な情報が登録できます。

住所や電話番号にクレジットカード番号なども含まれていますが、そのほかにも2ステップ認証用の連絡先もあります。

iPhone乗っ取りの被害に遭っているかもしれないと思ったら、Apple IDに登録している情報に間違いはないのか確認しましょう。

気づいたときにはパスワードが変更されていたということもありますが、いくつかの情報を変更して泳がされている場合もあります。

普段から自分のアカウントに登録されている情報をチェックしていない人は多く、見落としやすいポイントです。

乗っ取りの可能性があるときの対処法

iPhone乗っ取りの可能性があるなら、Apple IDに登録している各種情報を変更しましょう。

定期的に変更をしている人なら乗っ取りのリスクは低下しますが、異常を感じたら自分にできることはすべてやっておくと良いです。

パスワードを変更する

Apple IDにログインできているから乗っ取りは行われていないと考える人もいますが、それは間違いです。

金銭要求のためにロックをする相手ならともかく、情報をのぞき見るタイプの相手は逆にログインできる状態で放置しているのです。

Apple IDのパスワード変更自体は簡単で、ログインをしたらセキュリティの項目を開き、「パスワードを変更する」を選択して進めていくだけです。

覚えやすいパスワードを使うと便利ですが、セキュリティを高める意味でも複雑なものを使うようにしましょう。

上手くサインインできない場合は「サインインできませんか?」のページから復旧を試みてください。

2ステップ認証を設定する

2ステップ認証は、一時的な確認コードを発行することでセキュリティを高める仕組みです。

Apple IDで2ステップ認証を使う場合は、携帯電話番号の登録が必要です。

この設定をすることでセキュリティの高い項目へアクセスする際はコードの受信が必要になり、iPhoneが乗っ取られる可能性を下げられます。

Appleのサポート窓口へ連絡

すでにログインできない状態になっていたり、パスワードの再設定ができない状態になっていたりしたら、Appleのサポート窓口へ連絡しましょう。

実際にどこまでの対応が可能なのかはそのアカウントの状況にもよりますが、できるだけ早めに連絡することが重要です。

iPhoneを乗っ取られないようにするための対策

ここまでは乗っ取られている可能性がある場合の対処法についてまとめてきましたが、一番大切なのはiPhoneを乗っ取られないようにすることです。

そのためにApple IDのセキュリティを向上させる方法を紹介します。

パスワードは複雑で強固なものにする

これはApple IDに限った話ではありませんが、パスワードは複雑なものほど突破されにくくなります。

文字数を増やしたりアルファベットの大文字小文字を使い分ける、他にも半角記号を混ぜたりすることでセキュリティは一気に上がります。

自分が覚えやすいからと関連する単語を使う人もいますが、逆に自分とは関連のない単語を使うと突破されにくくなるのです。

ただし自分がそのパスワードを忘れてしまっては意味が無いので、自分にだけわかる規則性を持たせるようにしましょう。

スポンサーリンク

パスワードは使い回さない

Apple IDの他に様々なサービスを利用していると、それぞれのパスワードを覚えるのも大変です。

そのためいくつかのサービスで同じパスワードを使うようにしている人もいますが、そこからiPhone乗っ取りが行われることもあります。

Apple IDのセキュリティを強固なものにしても、他のサービスから自分のパスワードが知られてしまい、そこから割り出されてしまうこともあります。

そのためパスワードは使い回さず、それぞれのサービスで異なるものにしておきましょう。

2ステップ認証を設定する

これまでも触れてきましたが、2ステップ認証を導入することでセキュリティは格段に向上します。

サインインをする際に本人確認が必要になるので、仮にパスワードを知られてもその認証を突破されなければ乗っ取りができなくなるのです。

他にもサインインをしようとしている位置情報が表示されるようになるので、乗っ取りの可能性があるのかを確認できるようになるメリットもあります。

乗っ取りの疑いがある類似現象をチェック

iPhoneの乗っ取りには様々なタイプがあります。

Apple IDを乗っ取られることもあれば、遠隔操作可能なアプリを仕込むことで、操作そのものを乗っ取られるケースもあるのです。

そんな状態になったときの類似現象を紹介します。

ゴーストタッチなのか遠隔操作なのか

自分ではその操作をしていないのに、iPhone上で勝手にタップされたような動きをすることがあります。

これはゴーストタッチ(ゴーストタップ)と呼ばれており、まるでお化けが操作しているような動作が名前の由来です。

ハッキングによって遠隔操作をされているとそのような動きをすることもありますが、アプリの不具合や液晶の汚れが原因で起きることもある現象です。

ゴーストタッチが起きたから乗っ取られていると疑う人もいますが、まずはiPhoneの再起動や液晶表面の汚れがないのかを確認してみましょう。

熱暴走による誤動作

iPhoneは精密機械であり、設計段階で熱に対する配慮も行われていますが、長時間の使用や負荷がかかりすぎると熱暴走をする場合があります。

そしてこの熱暴走によって意図しない動きをしてしまい、iPhoneが乗っ取られているのではないかと考えてしまう人もいます。

iPhoneの動作がおかしいと思ったときには、本体が熱を持っていないのかを確認してみましょう。

時間が経って冷却されれば落ち着くこともあります。アプリが暴走し続けているなら再起動を試すと効果的です。

バックグラウンドで知らないアプリが動いていないのかも確認しておくと、乗っ取りの可能性について合わせてチェックできます。

iPhone本体が故障していないか確認

色々とチェックしてみて問題はなさそうだけど、それでもiPhoneの動作がおかしいときは故障が考えられます。

iPhoneの使用に問題はなくても故障している可能性はあるので、公式ストアへ相談するかiPhoneの修理サービスを活用しましょう。

毎日使っているものだからこそ、メンテナンスをしっかりとすることも重要です。

乗っ取りの疑いがあるなら合わせて相談できるので、Appleへ一度連絡して見るのも良いです。

セキュリティに気をつけてiPhoneを安心して使えるようにしよう

セキュリティ意識が低いと、iPhoneが乗っ取られる可能性はどんどん高くなります。

中には類似現象のように勘違いで済む場合もありますが、適切な対処ができれば大丈夫です。

スポンサーリンク

正しい知識を身につければiPhoneは安心して使えるので、自分の使い方について一度見直してみましょう。

関連記事