ハウツー

知っていると便利機能がたくさん!iPhoneの裏技・小技

スマホの中でも人気のiPhoneには、知っていると使い勝手が良くなる便利機能を始め、友達に自慢したくなるような裏技や小技がたくさんあります。

利便性が高い機能なら、仕事やプライベートでも大いに活用できるのではないでしょうか。

ここでは、iPhoneで知っていると便利な裏技や小技をいくつかご紹介しましょう。

iPhoneがさらに便利になる裏技・小技まとめ

裏技・小技1.操作の取消機能

大切なファイルをウッカリ削除してしまったり、iPhoneを使っている時にはウッカリ操作を誤ってしまうことがあります。

パソコンならそんな時、コントロールキーとZを押せば直前の操作を取消すことができますが、iPhoneにも同じような取消機能がついています。

iPhoneをシャカシャカを振って「取消し」

iPhoneで直前に行った操作を取り消したい時には、iPhoneを手に持ってシャカシャカと振ってあげましょう。

そうすると、直前の操作を取消すことができます。

ただし、シャカシャカ振っても取消せるのは直前の操作だけなので、しばらく何か別の操作をしてから思い出して取消したい、というのは不可能です。

裏技・小技2.ページのスクロールが一瞬でできる

iPhoneで長いWebページを読んでいて、ページのトップに戻りたい時にはどうしていますか?

スクロールバーをひたすらスクロールしながら、イライラしていませんか?

iPhoneでは、ページのトップに戻る簡単な方法があります。

時計を軽くタップするだけでページのトップへ戻る

iPhone画面のステータスバーで時計が表示されている部分を、軽くタップしてあげましょう。

そうすると、ページのトップに自動的に戻ります。

画面は自動的にスクロールされるので、指で地道にスクロールする必要がありませんし、手間を時間を節約できます。

iPhoneを使ってたくさんのページに目を通したい時などは、知っているととても利便性がアップする小技ではないでしょうか。

裏技・小技3.ページ内検索でハイライト

特定のキーワードでWebを検索すると、パソコン版なら検索キーワードの部分がハイライトとなります。

同じ機能が、実はiPhoneにもSafariにも搭載されています。

まずは普段通りにキーワード検索する

まずは、Safariアプリを開いて、キーワード検索をしてください。

ページの上の部分にキーワードを入力できるウィンドウがついているので、そこにキーワードをタイプして検索ボタンをタップしてあげると、検索結果が一覧表示されます。

「このページ」をタップ

検索結果が一覧表示されているページ内には、「Google検索」「このページ(X件一致)」が表示されます。

このうち、「このページ」部分をタップしてあげると、キーワードの部分がハイライト表示に変わります。

ページのどこにキーワードがあるのかが分かりやすくなるので、知りたい情報を時短で入手できます。

裏技・小技4.少し前のページにサッと戻れる

iPhoneのSafariアプリでは、前ページに戻るボタンを押すと、直前ページに戻ることができます。

もしも戻りたいのが直前のページではなくて、何ページか前の場合には、どのようにすれば良いのでしょうか?

「戻る」ボタンを長押し

前ページに「戻る」ボタンを軽くタップすると、直前ページに戻ります。

スポンサーリンク

同じボタンを長押しすると、閲覧したページの履歴がズラリと表示されるので、そこから戻りたいページを選べば、そのページへダイレクトに戻れます。

何回も不要なページをリロードする必要がないので、利便性がアップするとともに、時短にもつながります。

知っておきたい小技ではないでしょうか。

裏技・小技5.ブルーライトをタイマーでカット

iPhoneに限らず、スマホの画面からはブルーライトが放出されています。

このブルーライトは、私たちの視力にマイナスの影響を与えるだけでなく、眼精疲労の原因になったり、神経を興奮させる作用などもあります。

iPhoneを目覚まし時計代わりに使っている人にとっては、ブルーライトのせいで睡眠の質が低下するリスクもあります。

設定アプリで画面の明るさを調整

iPhoneの設定アプリから、「画面表示と明るさ」メニューを選択します。

手動で画面の明るさを調整できますが、その下にNight Shiftというメニューが表示されているので、それをオンにしてあげましょう。

ブルーライトカットのタイマーを設定

Night Shiftメニューでは、ブルーライトをカットする時間と元に戻す時間をタイマー設定できます。

夜寝る時間に設定しておけば、自動的にブルーライトをカットしてくれるので、スマホ画すぐそばにあっても睡眠の質を妨げる心配がありません。

裏技・小技6.タブの一括削除

Safariでは、ページを閲覧するごとに一つずつタブが開きます。

毎日タブを削除する習慣があればよいのですが、ふと気づいた時にはタブの数が増えすぎてしまって、一つ一つ削除するのが面倒ということがあるものです。

そんな時には、一括削除できる小技を知っていると便利です。

「タブ」を長押しすればOK

Safariアプリの右下に表示されるタブのアイコンを軽く押すと、現在開いているタブが重なるようにして一覧表示されます。

この時、軽くタップするのではなくて長押ししてあげると、「X個のタブを閉じる」というメニューが表示されます。

現在開いているタブの数が自動的にカウントされて表示されるので、選択すれば全てのタブを閉じることができます。

裏技・小技7.待ち合わせに便利な小技「居場所を友達と共有」

GPS機能がついているiPhoneでは、自分の居場所を友人と共有することができます。

この便利機能を使えるアプリは多く、メールやSNSで簡単に使えます。

ぜひ使い方をマスターしたい小技ではないでしょうか。

iPhoneのマップ機能を使う

iPhoneに標準装備されているマップ機能を使うと、自分がいる現在地が地図上に表示されます。

住所も掲載されますが、住所をコピペして相手に送るよりも、「現在地を共有」機能の方が、相手にとってははるかに使いやすくて便利ですし、あなたの位置をマップ上で確認しやすくなります。

共有する方法は選択可能

iPhoneのマップアプリで自分の位置情報を共有するというメニューを選ぶと、どのアプリで共有するかを選択するためのメニューが現れます。

メールやメッセージ、LINEなど、iPhoneにインストールされているアプリの中から位置情報共有に使えるアプリが表示されるので、そこからアプリを選びましょう。

裏技・小技8.カギ括弧をスムーズに時短入力

iPhoneの文字入力では、カギ括弧(「」)を使う機会は意外と多いものです。

カギ括弧を入力する際には、入力モードを切り替えなければいけないため、頻繁に使う人だと面倒だなと感じることは少なくありません。

スポンサーリンク

テンキーの「や」をフリック

日本語テンキーで「や」を選び、左右にフリックしてあげると、カギ括弧への変換が現れます。

テンキー入力をする人なら、知っておくと便利な小技です。

ただし、ローマ字入力では使うことができません。

「かっこ」と入力するのもアリ

入力モードを切り替えてカギ括弧を探すのが面倒という人は、「かっこ」と入力すると、変換ウィンドウにカギ括弧が現れます。

裏技・小技9.WebページをPDF保存

iPhoneのページを書類として自分のiPhoneに保存して、オフラインでも閲覧できるようにしたいという時には、WebページのPDF保存機能が便利です。

Webページの閲覧だと、同じページを何度見に行く場合でも、その度にネットワークへの接続が必要です。

しかし、PDF保存では、自分のiPhoneにダウンロードして保存できるので、データ通信量を消費することなく、ページの閲覧ができます。

メニュー画面からアップロードを選ぶだけ

Safariアプリを開き、保存したいページを表示しましょう。

ページ下部にSafariのメニューバーが表示されるので、そこからアップロードのアイコンを選んでください。

「PDFをiBookに保存」というメニューが現れます。

それを選べば、自動的にページがダウンロードされて自分のPDFライブラリに追加されます。

裏技・小技10.アプリごとのバッテリー消費をチェック

iPhoneのバッテリー消費が早いなと感じることはあるものです。

そんな時、特定のアプリがバッテリーの消費を加速しているかどうかを確認することができます。

設定アプリの「バッテリー」メニュー

iPhoneの設定アプリの中から、バッテリーというメニューを選びましょう。

そうすると、バッテリーに関するたくさんの情報が表示されます。

その中では、アプリごとにどのぐらいのバッテリーを消費しているのかという点も表示されるので、アプリを選んで終了するとか、ほとんど使わないアプリなら削除するなどの対策をとることができます。

裏技・小技11.動画のスクリーンショットができる

iPhoneの画面をスクリーンショットする方法は、iPhoneの両サイドのボタンを同時に押してあげれば撮影できます。

しかし動画のスクリーンショット(録画)は同じ方法では撮ることができません。

コントロールのカスタマイズから管理

動画のスクリーンショットを撮るためには、まず設定アプリの「コントロールセンター」からコントロールのカスタマイズを行います。

そこから「画面収録」を選択すると、動画のスクリーンショットがスタートします。

ネットへのアップもOK

動画のスクリーンショット機能を使うと、動画を見ながら気軽に画面を動画形式で録画できる他、録画した動画をネットやSNSでアップすることも可能です。

裏技・小技12.iPhoneで日常のルーチンを自動化

iPhoneの作業では、毎日同じ操作を繰り返すルーチン作業があるものです。

例えば、Safariを開いたら必ず開くサイトが決まっているとか、会社と自宅などのシーンに合わせて設定を変更するという人もいるものです。

毎日のルーチン化した操作なら、iPhoneを自動化することで、利便性をアップできます。

ショートカットアプリでオートメーションを作る

ルーチンの自動化には、ショートカットというオートメーション化アプリが必要です。

スポンサーリンク

アップルストアからダウンロードしてください。

ショートカットアプリを使うことによって、複数の操作を一連の流れとして自動化できます。

時間の短縮と操作の利便性アップにつながるでしょう。

裏技・小技13.ちょっとした小技で通話がもっとお得に

iPhoneの料金プランやかかる料金は、携帯キャリアによって異なります。

プラン選びではデータ通信量によって決めるという人でも、電話の通話を利用することはあるでしょう。

そんな時、ちょっとした小技を知っていることによって、通話料金をビックリするほどお得にできます。

格安料金が魅力の「中継電話」

格安スマホから提供されていることが多い中継電話のサービスは、かけたい電話の最初に6桁の数字を付けることで、携帯キャリアのサーバーを迂回して格安スマホサーバー経由で電話ができるというサービスです。

かけた相手には中継電話ということは分かりませんし、自分が普段使っている電話番号がそのまま表示されるのが特徴です。

FaceTimeならWi-Fi通話が可能

iPhoneにデフォルト設定されているFaceTimeアプリを使うと、Wi-Fi機能を使って相手とビデオ通話ができます。

相手がiPhoneユーザーならぜひ使いたいお得な便利機能です。

裏技・小技14.会議中の写真撮影に便利な小技

新機種が発売されるたびにどんどん使い勝手が良くなってハイスペックになるiPhoneのカメラ機能ですが、解像度が良くなったことによってプライベートな写真撮影だけでなく、仕事のシーンでもカメラが活躍してくれる機会やアプリが増えました。

オフィスユースの利便性がたまらない「Office Lens」

どんな角度からとっても、正面から撮ったようなイメージに自動補正してくれるのが、Office Lensというアプリです。

例えば、会議中の資料として使われているスライドを撮影したけれど、角度が斜めで写真の見栄えが悪いという時でも、このアプリを使えば正面から撮影したようなイメージへと自動補正されます。

裏技・小技15.省データモードで通信料金を節約

iPhoneの中でもiOS13以降に搭載されている機能として注目されているのが、省データモードです。

これは、データ通信量を省エネモードで実行できるという便利機能で、限られたデータ通信量を最小限に抑えることができます。

設定アプリで簡単にオンにできる

省データモードは、設定アプリから「モバイル通信」を選択肢、省データモードをオンにするだけで、誰でも簡単に設定できます。

消費するデータ通信量を20%~30%削減できるので、料金プランを見直すことも可能です。

裏技・小技16.知らない人の電話には出ない

iPhoneの中でも意外と知らない人が多い便利機能の一つに、知らない人からの電話はまとめて拒否できるという新機能「不明な発信者を消音」があります。

呼び出し音が鳴らないので、知らない人からの迷惑な電話に気分を害される心配がありませんし、相手には自動的に留守番電話につながるので、着信拒否していることはばれません。

セールス電話の撃退に最適

普段から、電話は電話帳に登録している人としか通話しないという人なら、この機能を使うことによって不要な着信を一掃できます。

着信履歴は残るのでかけ直しは可能

この消音設定にしても、どこからかかってきたかという着信履歴はiPhoneに残ります。

そのため、定期的にチェックをしてかけ直すことは可能ですし、後から電話帳に追加することももちろんできます。

裏技・小技17.リマインダーでタグ付ができる

パソコンには、何曜日の何時に何をするかというリマインダー設定機能があります。

予定やスケジュールをウッカリ忘れることがないお知らせ機能として、とても便利で使い勝手が良いものです。

iPhoneにもこのリマインダー機能がありますが、他人にタグ付ができるので、とても便利です。

スポンサーリンク

時間や場所でリマインダーを送信

iPhoneのリマインダーでは、時間と場所をiPhoneが感知して、リマインダーを送信できます。

例えば、会社を退社する時に自宅へリマインダーを送るとか、友人との約束をタグ付してリマインダーするなど、工夫次第でお知らせ機能を最大限に活用できます。

iPhoneの知っていると便利な裏技は多い

iPhoneにはたくさんの機能がついていて、知れば知るほど私たちの生活が便利になり、iPhoneの使い勝手も良くなります。

日常生活を快適にしてくれる裏技もあれば、職場や通勤時間をより有効活用できる小技などもあるので、ぜひいろいろな便利機能をマスターしたいものです。

関連記事