スマホモバイルバッテリーの特徴

モバイルスマホバッテリーとは、充電するコンセントがない屋外などの場所でもお手持ちのスマホを充電でき、持ち運びができる充電機器です。外出先で「充電が切れてしまった…」「電話しなくちゃいけないのにバッテリーが残りわずか…」なんてことありますよね。そんなときに役立つのがオリジナルモバイルスマホバッテリー!毎日持ち運んで入れば突然のバッテリー切れや、停電、災害時などのスマホの電源が確保できないときにも役に立ちます。

こんな方にオススメ

好きな映画や音楽を楽しみながら通勤・通学をする方、電話する機会の多い方、日々の移動が多い方、PCメールをスマートフォンやタブレットでも受信している方など、スマホ、タブレットの使用頻度が高い方や「バッテリーの持ちがよくないな」とお悩みの方にオススメ!

オリジナルバッテリーの持ち時間

オリラボで取り扱いしているモバイルスマホバッテリーは「電池残量表示有り」と「電池残量表示無し」の2種類ございます。電池残量表示有りのモバイルスマホバッテリーはマイクロUSBプラグのみ付属されており、iPhoneシリーズなどの種類の違うものはご自身でお手持ちのケーブルをご利用ください。電池残量表示なしのモバイルスマホバッテリーは一部iPhoneシリーズなどで使用できるLightningアダプタ付きです。USBアダプタに装着するだけ簡単に充電可能になります。
またモバイルスマホバッテリーをフルチャージした際の充電可能回数は約2回!(当社調べ)

アプリゲームや動画のスマホ時代、市場の戦力にモバイルスマホバッテリーはいかがでしょうか

バッグや小さなポーチにも収まるコンパクトサイズ!ズボンのポケットにも入っちゃうので持ち運びに嬉しいサイズです。表面に印刷できるので自分だけの自由なデザインを表現できちゃいます!スマホケースと同じデザインで持つのもおしゃれです♪

オリジナルスマホケースとモバイルスマホバッテリーは常にセットで持ち運ぶので商品展開も検討しやすいです。オリジナルスマホケースと同じ購買層からのニーズが期待できます。

スマホで写真を撮ったり、動画や映画を観たり、アプリゲームをしたりとスマホでなんでもするようになった現在、充電がなくなる問題はよく起こりますよね。そんなときモバイルスマホバッテリーを持っていればいつでもどこでもスマホを充電できます!容量は4000mAhで約2回の充電が可能です。

モバイルバッテリーの性能は1年で約半分になるので替え時!

充電の回数を減らした方がモバイルバッテリーの延命ができると分かっていても、そこはモバイルバッテリーの1番の仕事場、充電しないわけにはいきません。まずはUSB口でモバイルバッテリー自体を充電、その後アウトプットでスマホに充電していきます。
充電池の特性上、この放充電を繰り返していくと、必ず満充電時の性能は低下していきます。もちろん1週間後に急にモバイルバッテリーが劣化するということではありませんが、毎日1回充電を行った場合、約1年で、最初の頃の性能よりも半分の機能になるのが目安と覚えておいて下さい。

お手持ちのスマホとモバイルバッテリーの容量をチェック!

モバイルバッテリーには様々な容量があります。オリラボで取り扱っているものは「4000mAh」のモバイルバッテリーです。まずは、mAhという数値が大きければ大きいほど容量が大きいモバイルバッテリーになります。ですが、できるだけ大きい製品を選べば良いかというと一概には言えません。

例として、5200mAhの製品は約110g、20000mAhの製品は約400gと約300gの差があります。重たいモバイルバッテリーを毎日持ち歩くのは大変なので、自分の利用シーンに合わせて最適な容量を選びたいですよね。

日常生活でどれくらい充電するか確認

実際に自分自身の生活で何回くらい充電が必要になるかチェックしておくと、購入するときに悩まずにすみます。

オリラボのバッテリーはどのくらい充電できる?

当社調べになりますが、オリラボで取り扱っているモバイルバッテリーは4000mAhでiPhone7を2回30%程〜90%ほどまで充電することができました。平均して2〜3回程度なら100%近くまで充電することが可能です。

↓※電池残量表示有り↓

モバイルスマホバッテリーテンプレート(psd)を
ダウンロードして作成する

↓※電池残量表示無し↓

モバイルスマホバッテリーテンプレート(psd)を
ダウンロードして作成する

簡単お見積り・お問い合わせ

お見積りやお問い合わせ・ご相談は下記のフォームにご入力ください。
デザイン制作のご依頼はデザイン相談フォームをご利用ください。


お問い合わせと同時にお送りしたい画像などがございましたら上記よりアップしてください。