オリジナルandroidケース表面のみ印刷(白)

オリジナルスマホケースを手帳型、全面印刷、表面のみ印刷(iPhoneのみクリア有)の3種類から、1個から業界最安価格でどなたでもエディタで簡単に作成できます。

表面のみ印刷のAndroidケースが欲しい!自作?それともオーダーメイドで作る?

背面だけにデザインをプリントした表面のみ印刷のAndroidケースはシンプルなデザインのものが多いです。

自分でデザインを施して作れないかどうか考える人もいるでしょう。

では、表面のみ印刷のAndroidの作り方について紹介していきます。

ハードケースの背面にデザインを施すだけで自作できる

市販の表面のみ印刷のハードケースを見てみると、背面の平らな部分に絵柄がプリントされているだけなのが分かるでしょう。

全面印刷と異なり、狭い部分や曲面部分に絵柄をプリントすることはありません。

そのため、自作しようとすれば比較的簡単に自作できます。

無地のハードケースを買ってきて、背面部分にデザインを施すだけです。

ただ、市販の表面のみ印刷Androidケースと異なり、ケースの背面に直接印刷することはできません。

そのため、デザインを貼る方法がおすすめです。

フリマアプリなどでも、ハードケースの背面にデザインを貼って作ったハンドメイドのハードケースがよく出品されています。

ステッカーやシールなどを作って無地のAndroidケースの背面に貼る

ハードケースにデザインを施す方法として、ステッカーやシールを貼るのがオーソドックスなやり方です。

市販のステッカーやシールを貼ってみよう

通販サイトなどで、ステッカーを探してみると、面白いデザインのステッカーやアニメキャラのステッカーがたくさん見つかります。

1枚数百円程度から千円台くらいで買えるので、良さそうなステッカーを1枚か2枚程度買ってみましょう。

Android用のハードケースの背面に貼るだけで、表面のみ印刷に近い仕上がり具合のスマホケースができあがります。

大きめのステッカーやシールはスマホケースの大きさに切って使うといいでしょう。

小さめのステッカーやシールを2枚以上貼るのも面白いです。

オリジナルのステッカーやシールも簡単に作れる

市販のステッカーやシールでは、あまり満足できない人もいるでしょう。

それならオリジナルのステッカーやシールを作って貼ってみるのがおすすめです。

家庭用のインクジェットプリンターで印刷可能なステッカー用紙やシール用紙を使えば、簡単に作れます。

作り方は写真用紙に写真を印刷するのとほとんど変わりません。

自分で写真用紙に写真を印刷したことがある人ならステッカーやシールも自作できます。

ステッカー用紙やシール用紙は、100円ショップやネット通販で購入可能です。

印刷ソフトは特に何を使っても大丈夫ですが、エーワン用の「ラベル屋さん」なら無料で使えます。

ステッカー用紙は剥がしやすいものや、逆に剥がれにくいものなど、種類があるので、用途に応じて選びましょう。

剥がしやすいタイプなら、少し飽きたらすぐに張り替えられます。

エーワン 手作りステッカー 強粘着 3セット 29421

価格:1,184円

デコパージュで好きなデザインをそのまま貼れる

ペーパーナプキンなどの絵柄をそのまま貼れるデコパージュという方法もおすすめです。

デコパージュのやり方について詳しく説明していきます。

デコパージュの手順

初めてデコパージュでスマホケースにデザインを施す場合には、ペーパーナプキンでやってみましょう。

用意するものは、絵柄付きのペーパーナプキンとデコパージュ専用液、平筆、トップコートです。

まずは絵柄付きのペーパーナプキンを剥がします。

使うのは絵柄が付いている方だけです。

そして、ハードケースの背面に平筆を使ってデコパージュ専用液を塗っていきましょう。

ムラなく塗ったら、剥がしたペーパーナプキンを貼り付けます。

シワができたり気泡が入ったりしないように貼り付けるのがけっこう難しいです。

はみ出した部分を切って端を整え、30分から1時間程度放置して乾燥させましょう。

乾いたら上からトップコートを塗ると綺麗に仕上がります。

オリジナルの写真もデコパージュしてみよう

デコパージュはペーパーナプキンの代わりに写真なども使用できます。

まず、デザインに使いたい写真を用意して、プラスチックの薄い板などに固定しましょう。

クリアフォルダーなどを小さく切ったものを使うとやりやすいです。

その写真にデコパージュ専用液を塗って乾かしたら再び塗るのを4回から5回程度繰り返します。

それから水に浸けて半日以上放置する必要があるので、気長に待ちましょう。

上手く放置すればプリントされているフィルムの部分が綺麗に剥がれます。

放置時間が短すぎると、剥がそうとしたときに破れてしまうため注意しましょう。

剥がしても紙の部分が少し残っている場合には、指の腹で軽く擦れば取り除けます。

後はペーパーナプキンを使う場合と同じ手順です。

オーダーメイドで好きなデザインを直接印刷してもらえる

ステッカーやシールを貼っただけでは、イマイチに思えてしまう人もいるでしょう。

また、デコパージュは初心者にはけっこう難しいです。

シワができるなどして不格好に仕上がってしまうこともあります。

そこで、オリジナルスマホケースが欲しい人は、オーダーメイドで作ってみてはどうでしょうか。

スマホラボなら、表面のみ印刷のオリジナルのAndroidケースを作れます。

高い完成度を求める人におすすめ

スマホラボでオーダーメイドして作るオリジナルAndroidケースは、完成度が高く綺麗に仕上げてもらえます。

印刷方法はUV印刷を採用しており、ハードケースに直接プリントするので、ステッカーを貼っただけのハードケースとはだいぶ見栄えが違うでしょう。

デコパージュと比べても、非常に綺麗に仕上がります。

ベースとなるハードケースは機種専用のものを使用するので、スマホ本体がピッタリと填まります。

カメラ穴もそれぞれに機種に合わせて開けられているので、使いやすいです。

スマホラボで実際にデザインを作ってみよう

スマホラボでスマホケースを注文する際には、デザインエディタを使用します。

シンプルながらも高機能で、初心者でも扱いやすく、こだわったデザインも制作可能です。

デザインエディタのページを開くと、ハードケースの形が表示されており、位置を確認しながらデザインを編集できます。

主な機能は、スタンプとシェイプ、テキスト挿入、画像挿入、筆などです。

スタンプとシェイプは、あらかじめ用意されているものを挿入して編集できます。

種類がかなり豊富なので、オシャレなデザインを作りたい人や面白いデザインを作りたい人にとって役立つでしょう。

細部まで自由に編集できる

主な編集方法は大きさや角度、色などの変更です。

大きさは1パーセント単位、角度は1度単位でかなり細かな調整もできます。

上下反転や左右反転の機能も備わっています。

色は編集のところで「カラー」を選択し、そこから「カスタム」を選ぶと同じ色でもかなり細かく調整可能です。

テキストは入力窓に数文字程度の言葉を入力してフォントを指定した上で、入力窓の右側にある「テキストを追加」をクリックすると挿入できます。

画像を挿入したいときには「画像」をクリックして、オリジナルの写真をアップロードしましょう。

対応しているファイルサイズは20MBまでです。

全体に大きく画像を入れることも、縮小してワンポイントで入れることもできます。

オリジナルの表面のみ印刷Androidケース制作ならスマホラボ

Androidのスマホケースは、デザインの種類が少なめですが、自分でデザインを施してみるといろんなスマホケースを作れます。

ハードケースで表面のみにデザインを施すなら、ステッカーやシール、デコパージュなどで行えるので、ぜひ挑戦してみましょう。

またオリジナルのスマホケースはスマホラボでオーダーメイドできます。

完成度の高いオリジナルスマホケースが欲しい人は、スマホラボで表面のみ印刷のAndroidケースを作ってみてください。

Androidの機種から選ぶ

オリジナルAndroidケースの種類から選ぶ

オリジナルAndroidケース(手帳型)
オリジナルiAndroidケース(側表面印刷)
オリジナルAndroidケース(表面のみ印刷)
オリジナルAndroidクリアケース

オリジナルAndroidケース(手帳型)

オリジナルiAndroidケース(側表面印刷)

オリジナルAndroidケース(表面のみ印刷)

オリジナルAndroidクリアケース

オリジナルAndroidケース表面のみ印刷 商品一覧

44件中1–12件を表示中