iPhone 8 オリジナルスマホケース

iPhone8 オリジナルiPhoneケース

スマホラボならiPhone 8用のオリジナルiPhoneケースを1個から、しかも激安価格 (業界最安値) で作成可能です。

初めてオリジナルのiPhoneケースを作る方や、デザインスキルが無いという方もご安心ください!

お好きな写真やイラストを使って、自由自在にデザインできる専用エディタをご用意しています。

スマホラボでぜひ自分だけのiPhone 8 ケースをオーダーメイドで作ってみてください。

オリジナルデザインで周囲と差をつける!iPhone 8のオリジナルケースの作り方を解説

たくさんの人が使用しているiPhone 8。

しかし多くの人が利用してるからこそ、他の人が持っているものと差別化するのが難しくもあります。

「他の人とは違ったiPhone 8を持ち歩きたい」「他にはないデザインのケースで自社の宣伝を図りたい」という人に打ってつけなのが、オーダーメイドで作れるオリジナルケースです。

この記事ではiPhone 8のオリジナルケースの作り方を解説します。

iPhone 8ってどんなスマホ?他機種とのスペック比較

オリジナルケースについて見ていく前に、そもそもiPhone 8がどのようなスマホなのかを見ていきましょう。

iPhone 8への理解が深まれば、iPhone 8にピッタリなオリジナルケースのアイデアが思い浮かぶかもしれません。

サイズ

iPhone 8の全体のサイズは、縦138.4mm、横67.3mm 、厚さ7.3mmです。

iPhone 8よりも旧モデルであるiPhone 7やiPhone 6sと比較すると、ほとんど変わりませんが、背面にガラスのパネルを採用したことで横幅と厚さが0.1~0.2mm程度大きくなっています。

iPhone 8の後継機であるiPhone XとiPhone XSはiPhone 8よりも大きく、縦143.6mm、横70.9mm、厚さ7.7mmとなっています。

そのためiPhone 8のケースをiPhone Xに使い回すことはできません。

iPhone XS MaxやiPhone XRはさらに大きいです。

デザイン

iPhone 7以降のiPhoneには防水性の向上や省スペース化のために、iPhone 6sまで備わっていたイヤホンジャックが廃止されています。

したがって、iPhone 8の下部にはLightningコネクタ用の穴しか開いていません。

また、iPhone Xなどの後継機とは違いホームボタンがついており、上下に1cm程度の幅のベゼルが設けられているのも特徴です。

わざわざオーダーメイドするメリットとは?オリジナルケースの魅力5つ

iPhone 8用のケースは実にさまざまな種類のものが販売されています。

そのような状況の中、わざわざケースをオーダーメイドするメリットとは何なのでしょうか。

オリジナルケースの魅力について解説していきます。

全部がお気に入りだから使うたびにテンションが上がる

iPhone 8のケースを選ぶ際、「もう少しこうだったら良いのに」と感じながらもそのケースを選ぶことがあるでしょう。

妥協してケースを選んでしまうと、iPhone 8を使うたびに残念な気持ちになってしまいます。

しかしオリジナルケースならば、そのようなことは起こりません。

徹底的にこだわって自分の好きを詰め込んだケースを作れるので、目にするたびにテンションが上がることでしょう。

周囲の人とは絶対に被らないデザインで差別化

食事や飲み会などの席でテーブルにスマホを置いておくと、隣の人と同じようなケースで、うっかり取り間違えたという経験をしたことがある人もいることでしょう。

しかしオリジナルデザインのスマホケースならば、そのような取り間違えは起きません。

また、周囲の人とは同じものを持ちたくないという人ならば、オリジナルケースで差別化を図ることも可能です。

紛失してもオリジナルケースが目印になる

スマホを紛失して駅や交番に届けを出す際、機種やケースなどの特徴を伝えることになります。

そして特徴に該当するようなスマホが届けられた場合には、駅や交番などに確認しに行くことになるでしょう。

そのとき、ありふれたデザインのケースをつけていると、交番などに出向いたにもかかわらず自分のものではないということが起こりかねません。

しかし、オリジナルのケースであれば、そのような事態を最小限に抑えることができます。

思い出の写真をプリントすれば特別なプレゼントに

大切な人へのプレゼントを考えたときに、「自分だからあげられる特別なプレゼントにしたい」と考える人は少なくないでしょう。

そのような人にもオリジナルケースが打ってつけ。

一緒に行った旅行先の写真や思い出の写真などをプリントしたケースならば、ケースと一緒に思い出をプレゼントすることができます。

また、祖父母へのプレゼントに孫の写真が入ったケースを贈るのも喜ばれることでしょう。

おしゃれなデザインなら販促品としても効果的

販促品は社名や商品名をお客さんに印象づけるためのものです。

そのため、滅多に使われないようなものや、すぐに使い捨てられてしまうようなものは適していません。

その点スマホのケースならば、デザイン次第で日常的に使ってもらうことが期待できます。

また、ティッシュやメモ帳よりも長く使うことができるので、その分効果的です。

スマホラボで作れるオリジナルのiPhone 8ケースの種類と特徴

スマホラボでは、さまざまな種類のiPhone 8用ケースを作ることができます。

どのようなケースを作ることができるのか見ていきましょう。

手帳型スマホケース

傷や汚れに強い合皮を使用した手帳型のスマホケースです。

他のタイプのケースとは異なり、ディスプレイ側も保護できるのが手帳型の特徴です。

さらに手帳型ケースは印刷面が広いので、iPhone 8全体を自分の好きなデザインで覆うことができます。

また、内側にはカード用のポケットつきなので、一々財布から取り出すのが面倒なICカードなどをケースに収納しておくことが可能です。

ミラーパネルケース

ケースの背面全体がミラーになっているケースです。

ミラーの表面にデザインが印刷されるので、ミラーの反射により奥行き感のあるデザインになるでしょう。

背面にプリントするデザインを控えめなサイズにすれば、「自撮り前にメイクの寄れを確認したい」「食事後に口回りが汚れていないかチェックしたい」といったときに、お手軽な鏡として使用することもできます。

ミラーケース

ケースの背面がコンパクトミラーになっているケースです。

印刷はケースの表面にされるのはもちろんのこと、側面にも印刷されるので不自然な出来上がりになりません。

ミラーを使わないときはしまっておくことができるので、汚れたり傷ついたりすることがあまりありません。

また、中にカードを収納することもできます。

シェルデザインケース

ケースの背面全体が貝殻の内側のようにキラキラと七色に光を反射するデザインで、エレガンスな印象を与えるケースです。

シェルデザイン部の色は白色と淡いピンク色の2種類で、白色ならば上品に、ピンク色ならば可愛らしく仕上がることでしょう。

ケース表面にはお気に入りのデザインを印刷することができるので、好みのシェルデザインケースを作れます。

ケース全面印刷

デザインをケースの側面も含めた全体に印刷することができるケースです。

ケース全体に印刷がされるので、市販されているケースのようなハイクオリティな仕上がりになります。

ケース本体はポリカーボネートという衝撃に強いプラスチックを採用しており、厚みが出にくいのでケースをつけるのに抵抗がある人でも使いやすいでしょう。

全面印刷は光沢のあるコート素材と、光沢を抑えたマット素材の2種類があります。

グリッターケース

二層になっている透明なケース背面に、色鮮やかなグリッターを閉じ込めたケースです。

グリッターはケースの中を自由に動くので、見るたびに違う表情を見せてくれます。

色は全部4色。

ハツラツとした印象を与えるレッド系、きらびやかでありながら落ち着いた印象のホワイト系、華やかなイエロー系、爽やかなブルー系から好きなものを選べます。

クリアパネルラバーケース

黒のラバーケースの背面にクリアパネルを張り付けたケースです。

ラバーケースは適度に弾力があり、衝撃に強いという特徴があります。

クリアパネルに印刷が施されるので、ラバー素材だけでは実現できない透明感のある仕上がりになります。

こちらのタイプは、クリアパネルとラバーケースを接着するための接着剤が見えてしまうため、背景が透過になっているデザインは避けるようにしましょう。

クリアケース(表面のみ印刷)

全体が透明なケースにお気に入りのデザインを印刷することができます。

表面のみしか印刷されないため、側面に印刷が施されないと不自然になるデザインには不向きです。

しかし、他のケースよりもリーズナブルに作ることができるという利点があります。

クリアケースの持ち味を活かして、背景が透過したデザインを印刷すれば、iPhone 8本体の色を活かすことができます。

白ケース(表面のみ印刷)

白地のケースに表面のみ好みのデザインを印刷することができます。

側面には印刷が施されないため、デザインによっては不自然な仕上がりになることもありますが、安価に作れるというメリットもあります。

背景色が白色の画像を印刷すれば、表面のみの印刷でも自然な仕上がりとなりますが、画像の白色とケース本体の白色の色味が異なることもあるので注意しましょう。

トキメキハートハードケース

二層になっている透明なケース背面に、たくさんのキラキラ光るハートのホログラムとラメが閉じ込められたケースです。

ケースの中ではハートが揺れ動きます。表面には好きなデザインを施せるので、アイデア次第ではどこでも見たことのないような可愛らしいケースを作れます。

このトキメキハートハードケースのみ、他のタイプと違ってケース全体が固いハードケースになっているので、ソフトケースが好みな場合には注意しましょう。

iPhone 8のオリジナルケースの作り方

スマホラボではどのようにiPhone 8のオリジナルケースを作ることができるのかを見ていきましょう。

好きなタイプのケースを選んでデザインエディタを開く

スマホラボでは、手帳型ケースからグリッターケースまでさまざまなタイプのケースが揃っています。

好みのタイプのケースを選びましょう。

好みのタイプをクリックしたら、商品画像の下にある緑色の「デザイン作成する!」と書かれたボタンをクリックします。

そうするとデザインを編集するためのデザインエディタというページに移動します。

画像をアップロードする

ケースに使いたい画像をJPEG・GIF・PNG・AI・PDF・PSDのどれかの形式で保存します。

このとき、画像データは20MB以下に圧縮しなければデザインエディタで取り込むことができないので注意が必要です。

画像の準備ができたらデザインエディタの左側にある「画像」ボタンをクリックし、上部に現れる緑色の「アップロード」というボタンを続けてクリックします。

そうすると画像選択ウィンドウがあらわれるので、用意しておいた画像を選んで「開く」をクリックします。

アップロードした画像はサイズ・角度・位置を自由に調整できるので、自分好みに配置しましょう。

テキストを入れる

画面左の「テキスト」ボタンをクリックすれば、好きな文字を画像と一緒に印刷することが可能です。

上部に表示されたパネルでフォントやサイズを指定し、好きな文字を入力したら「テキストを追加」をクリックしてテキストをデザインに追加します。

追加したテキストは後からでもサイズや配置を調整することが可能で、色も好きな色に変更することができます。

スタンプでデコレーションする

スマホラボではたくさんのスタンプを用意しています。

画面左にある「スタンプ」のアイコンをクリックすると、画面上部に「ハート」や「フレーム・装飾」などテーマごとに表示されます。

サイズや配置の他に、色も好きな色に変更することが可能です。

画像だけでは物足りない場合はスタンプを使って、好きなようにデコレーションしてみましょう。

注文

満足のいくデザインができたら、画面右上にある「カートへ進む」というボタンをクリックして注文に進みます。

プレビューでケースの最終確認をしたら、画面中央の「レジに進む」をクリックし、届け先や決済方法の選択をして注文完了です。

注文後は最短3営業日で発送されますが、販促品などで大量に注文する場合はさらに時間が必要になることもあるので、別途確認が必要になります。

オリジナルのiPhone 8ケースを作ってみよう

オリジナルケースをつければ、たくさんの人に使われているiPhone 8を差別化することができます。

また、たくさんの人に使われているからこそ、iPhone 8のオリジナルケースは販促品としても有効でしょう。

スマホラボならば簡単にデザインを作成できるので、初めてオリジナルケースを作る人でも問題ありません。

オリジナルのiPhone 8ケースが欲しくなったら、スマホラボで作ってみましょう。

iPhone 8 オリジナルスマホケース 商品一覧

12件の結果を表示中