投稿日:

普段使いやプレゼントに!自分好みのデザインで作るオリジナルトートバッグ

自分だけのトートバッグを作りたい!と考えている方も多いのでないでしょうか。好きなサイズとデザインで作れば、世界にひとつだけでのグッズの完成です。

今回はプレゼントにもおすすめのオリジナルトートバッグの作り方をご紹介します。

自分好みのサイズのものが作れる!オリジナルトートバッグの作り方

どうも自分好みのトートバッグが無いなと悩んでいる方も多いのではないでしょうか。そこでおすすめなのが自分でデザインして作るオリジナルトートバッグです。

ではオリジナルトートバッグの作り方をご紹介します。

自分で作る方法

オリジナルトートバッグは自分でも作れます。自分の分だけだったり、ハンドメイドが好きだったりする方は手作りに挑戦してみてはいかがでしょうか。

ミシンで素材から作る方もいますし、無地のトートバッグを買ってきてリメイクする方法もあります。

スタンプ

無地のトートバッグにスタンプを押す方法です。トートバッグとスタンプ、どちらも100円均一ショップで揃えることができるので、手軽にできますね。

ボタンや端切れを使う

余っているボタンや端切れを縫い付けるだけでも、手軽にオリジナルデザインのトートバッグが作れます。

レースやリボンをつける

カジュアルな雰囲気のトートバッグをちょっとエレガントにしたい時は、レースやリボンをつけてみましょう。雰囲気ががらりと変わるのでおすすめです。

業者に発注する方法

専門の業者にプリントを依頼する方法もあります。一枚から発注できる業者もありますので、手軽に注文することができます。

素材や大きさ、色などを自由に選べるので自分で一から作るより時間の節約になる場合もあります。

業者に発注するのもおすすめ!発注方法をご紹介

では業者に発注するにはどうすれば良いのでしょうか。
ここではオリジナルトートバッグを業者に発注する方法をご紹介します。

1.商品の形やサイズを選ぶ

まずは作りたいトートバッグの形やサイズ、色を選びましょう。業者によって選べる種類が違いますので事前に比較しておきます。また同じトートバッグでも片面印刷か両面印刷かによって価格が違います。
また基本的に色数を増やすほど価格はあがっていきます。

2.デザインを入稿する

次に印刷したいデザインを入稿しましょう。ホームページにアップロードするだけで簡単に入稿ができます。ただし業者によって対応しているファイルの種類が違うので気を付けましょう。

またホームページ上からデザインを作れる場合もあります。専用のツールを使って作ることができ、ある程度のテンプレートも用意されているので、デザインの専門知識が無くても大丈夫です。

さらにデザイン自体をプロに頼んだり、相談できたりするサービスもあります。

3.注文決定・決済

どんなデザインにするか決定したら注文を確定させます。そして支払いを行いましょう、支払い方法によってはWeb上で終わらせられるものもあります。

4.発送

商品によって発送日時は異なりますが、あとは届くのを待つだけです。大量に注文した場合は発送日時が通常より遅れる場合もありますので事前に確認しておきましょう。

【素材・用途別】オリジナルトートバッグの選び方

素材で選ぶ

コットンツイル

薄めの綿素材です。ややざらついた触感で、普段使いのカジュアルなバックを作りたい時におすすめです。

シーチングコットン

コットンツイルよりさらに薄めの綿素材です。かなり薄いため中身が見えてしまうこともありますが、イベントで無料配布するものなどはこの素材が使われていることが多いです。

リネン

亜麻を原料とした素材です。少しごわごわしてしますが耐久性・吸水性に優れています。薄くて丈夫なトートバッグを作りたい時におすすめです。

キャンバス

厚手の生地で「帆布」とも呼ばれています。とにかく丈夫な生地なので普段使いにはぴったりです。

デニム

カジュアルなデニム素材のトートバッグを作りたい時におすすめです。厚手の生地で耐久性も高いです。

ポリエステル

洗濯しても縮まない特徴を持っており、汚れても良い日常使いのバッグが欲しい時におすすめです。また綿素材のものに比べて安価なのも特徴です。
普段使いの他、エコバッグやノベルティなどにもよく使われます。

形で選ぶ

トートバッグは、縦幅・横幅・マチ・持ち手・容量の5つで構成されています。「何を入れたいか」を考えて大きさを選ぶようにしましょう。

マチなし

容量は少ないですがとにかくかさばらないトートバッグが欲しい時におすすめです。イベント配布などでよく使われます。

バスケット形

底部が楕円形になっているバッグです。マチが広いのでたくさんのものを入れたい時におすすめです。

マチあり船底

底部が船底のように六角形になっているタイプです。小さいものは良くランチバッグとしても使われます。

まとめ

オリジナルトートバッグは普段使いにはもちろん、イベント配布やノベルティなどにもぴったりのアイテムです。「スマホラボ」では一個から発注することもできますので、一度試してみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA