投稿日:

AndroidケースはiPhoneケースに比べて種類が少ない?そんな方はオリジナルケースがおすすめ

今や誰もが持っているスマホ。本体を傷や破損から守るためにケースを付ける方も多いですよね。

しかし、スマホケースを取り扱っている店鋪を見ると、iPhoneケースに比べてAndroidケースは種類が少なく感じるものです。

好みのデザインのAndroidケースを求めるケース難民に陥る方も少なくありません。

そこでおすすめなのがオリジナルグッズの作成サイトです。

これなら自分好みのAndroidケースが手軽に作成できますよ。

AndroidユーザーはiPhoneユーザーに比べて人数の割合が少ない?

一言でスマホと言っても、その種類は実に豊富です。

各スマホメーカーから定期的に新商品がどんどん生まれていますよね。

その中でiPhoneユーザーとAndroidユーザーは特に数が多く、近年は特にAndroidユーザーの数がiPhoneユーザーに迫ってきています。

iPhoneに比べて本体価格が安いことや、豊富なアプリケーション、また機種ごとに備わった機能性の高さが人気の理由の一つと言えるでしょう。

特に新しい物に敏感な若い方を中心に、Androidユーザーの数は増え続けています。

中には、双方の機能を求めてiPhoneとAndroidの2台持ちをしている方もいますよね。

iPhoneユーザーとAndroidユーザーの数はそれほど変わらない一方で、それぞれの対応ケースや対応機器の数は、圧倒的にiPhoneの方が多いのが現状です。

可愛らしいデザインのスマホケースを見つけてもiPhoneにしか対応しておらず、ガッカリした経験があるAndroidユーザーも多いでしょう。

自分好みのAndroidケースを求めて店鋪や通販サイトをハシゴするAndroidケース難民も多く、あまりにも見つからないためにケースなしで使用してしまう方もいるほどです。

スマホの保護にケースは必要不可欠!

スマホの機能はどんどん向上してきており、単なる通信機器としてではなく、カメラや財布代わりとして使っている方も多いですよね。

スマホ一つで電車で移動してショッピングを楽しむことだって出来るのです。

その分、スマホを手にしている時間も長くなってきています。

つまり、その分落としたりぶつけたりして本体を破損してしまう可能性もアップしているのです。

スマホ本体は非常に繊細で、強くぶつけただけで故障したり、データが飛んだりすることもあれば、液晶が割れて使えなくこともあります。

色々なことが出来る分、壊れた時に困るのがスマホですよね。

そんな危険性を軽減させるのに欠かせないのがケースです。

ケースを付けていたからと言って100%保護できるという訳ではありませんが、故障や破損のリスクは格段に減ります。

せっかくならケースのデザインもおしゃれで機能的なものを選びたいものですよね。

しかし、Androidケースの種類はデザインも数も限られています。

本当ならばAndroidを使いたいけれど、自分好みのAndroidケースが見つからないという理由でiPhoneを選んでしまうケース難民もいるほどです。

Androidユーザーが求めるAndroidケースとは

Androidケース難民の方々が望むAndroidケースにはどのようなものがあるのでしょうか。

耐衝撃性ケース

スマホの背面と側面のみを覆うタイプで、落とした時にダメージを受けやすい角の破損に強いのが魅力的です。

液晶が剥き出しになっているので、液晶のひび割れには弱いというデメリットはありますが、直ぐに操作出来る上に軽くて薄いというメリットがあります。

シリコン製の柔らかいものから、プラスチック製の硬いものまであり、手触りも異なります。

イラストや写真、文字などがプリントされているものは個性を出しやすく人気があります。

手帳型ケース

スマホの全面を覆える手帳型ケースも大変人気があります。

クレジットカードや名刺などを入れられるカード入れが付いているタイプは、社会人の方に高い支持を得ています。

かさばりやすく、操作をするためにいちいち開かなければならないという手間は必要ですが、機能性の高さではピカイチと言えるでしょう。

フラップ部分がないものもあれば、マグネット式、ホック式、差し込み式などもあり、使いやすさもそれぞれ違います。

スタンド・リング付きケース

長時間スマホで動画視聴やゲームプレイをする方に人気なのがスタンド・リング機能が付いているケースです。

手帳型タイプもあれば、スマホ本体に貼り付けて使用するタイプなどがあり、そのデザインも様々です。

財布一体型ケース

近年需要を伸ばしているのが財布一体型のケースで、特に女性に人気があります。

ちょっとしたハンドバッグのようなデザインで、財布とスマホを同時に持ち歩けるというメリットがあります。

いずれのタイプもiPhoneケースに比べてAndroidケースは格段に種類が少なく、Androidケース難民にとっては本体よりもケース選びの方に苦戦しがちです。

Androidケースは種類が少ない!Androidケース難民が生まれる理由とは

ではどうしてiPhoneケースに比べてAndroidケースは種類が少ないのでしょうか。

それには幾つか理由があります。

Androidケース難民が生まれる原因を幾つかご紹介します。

Androidスマホの種類が多過ぎる

PhoneはApple社のみが製造しているのに対し、Androidスマホは、国内外の様々なメーカーが機器を製造しています。

Androidスマホを製造しているメーカーは、国内ではソニーやシャープ、海外ではサムスンやファーウェイなどが有名ですよね。

更に、それぞれのメーカーがGalaxyやXperiaなど、異なる仕様のAndroid端末を製造しているため、iPhoneに比べてAndroidスマホの数は非常に多いのです。

スマホ本体の種類が多いというのは、豊富なバリエーションの中から自分に合う性能や本体価格から選ぶことが出来るという点で、非常に嬉しいですよね。

スマホに不慣れなシニアの方向けのものもあれば、小さいお子さんでも安心して使えるものも多く、家族揃ってAndroidユーザーという方も少なくありません。

機種一つ一つ、サイズやカメラレンズや各種操作ボタンの位置が異なるAndroidスマホの場合、ケースを制作しているメーカーによっては種類が多過ぎて対応するのが困難なのです。

在庫のリスクが高い

iPhoneとAndroidはそれぞれのOSの利用者数はそれほど変わりませんが、それぞれのスマホ機種本体の出荷数はどうしてもiPhoneの方が圧倒的に多くなってしまいます。

そのため、スマホケース製造メーカーや、販売店舗にとっては、出荷数の多いiPhoneケースの方に重点を置く方がリスクが少なくなるという訳です。

好みのデザインのAndroidケースが見つからない場合はどうしている?

スマホケースを取り扱っている店鋪や通販サイトを覗いてみると、素敵な柄や素材、望む機能を持ったケースがズラリと並んでいますよね。

しかし、いざ対応機種を見てみると自分のスマホが入っていないことが多い…というのがAndroidケース難民の悩みです。

Androidケース難民の方はどのように対処しているのでしょうか。

妥協する

最も多いのがこのタイプでしょう。

好きな色や柄がないから仕方なく第二希望で妥協する、ボタンタイプがいいけどデザインが気に入らないから差し込み式にするといった対処法です。

使わない

気に入らないケースを使うくらいならいっそ剥き出しのまま使うという方も多いものです。

全機種タイプを使う

最近は全機種対応タイプのケースも増えてきています。

粘着シートやスライド式のケースに取り付けて使うので、取り外しが出来なくなったり、カメラを使用する際いちいちスライドさせてレンズ位置を合わせる必要があったりと、不便な点が多いのがネックです。

作る・オーダーする

布やレザー、専用の作成キットなどを利用して世界に一つだけの自作ケースを作成する方もいます。

また、オーダーメイドで作ってもらうという方も少なくありません。

素材やデザインによって高額になることもありますが、最近はリーズナブルな価格で様々な機種対応のオーダーメードサイトも多いので是非チェックしてみましょう。

1種類1点から注文できるスマホラボはAndroidケース難民の強い味方!

スマホラボでは、手帳型や全面印刷のオリジナルスマホケースが1種類1点からオーダー出来ます。

テンプレートをダウンロードしたり、デザインから依頼したりすることも可能です。

品質も高く、Androidケース難民にとって強い味方になってくれることでしょう。

スマホケースだけでなく、スマホリングも作れますよ。

それ以外のオリジナルグッズも作れるので、ノベルティグッズの作成にもおすすめです。

こちらの記事も読まれています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA