投稿日:

手帳型スマホケースが閉まらない!?使う前に知っておきたい手帳型のメリット・デメリット

スマホに傷が付くにくい、利用中に左右から覗かれにくい、デザインが豊富で選びやすいなど、手帳型スマホケースを愛用している人には様々な理由があると思います。

特に裏と表両方でスマホをカバーすることが出来るので、画面が割れる危険を少しでも減らしたい人にとって手帳型スマホケースはベストマッチの商品でしょう。

ですが、なんだか格好悪いといった意見があるのも事実です。

様々なメリットがある一方で、かさばる、厚みが出る、重さが増すといったデメリットもあるのです。

このデメリットを多少なりとも減らしてくれるのが、留め具が無く閉まらないタイプのスマホケース。

ここでは、留め具無しの手帳型スマホカバーの魅力と、デメリットについて紹介していきます。

留め具の無い手帳型のメリット

最近はどんどんスマホが大型化している一方で、スマホの厚みが減ってさらにその薄さが際立つようになってきました。

ですが、手帳型のカバーはその薄さが目立たず、残念だなと感じている人もいるのではないでしょうか。

手帳型スマホケースは表紙があるので、どうしても厚みがでますが、留め具はさらに厚みを増す原因です。

サイドに留め具があり、留め具が目立ちにくい角ベルト付きのタイプも、厚みはそう変わりません。

パーツが少ない分、重さも多少軽くなりますから、軽量化、薄型化どちらの魅力も損ないにくいでしょう。

もちろんスマホそのもののデザインを活かすという意味ではバンパー型に敵いませんが、安全性を確保しつつ可能な限り薄い、スッキリしたものが欲しい人にはおすすめです。

留め具のない手帳型は片手で開けられる

閉じられないタイプですから当然なのですが、留め具なしの場合は片手でも開けやすいというメリットがあります。

留め具を開け閉めするのが面倒だと感じている人が一度留め具無しのタイプを使うと、戻れないくらい便利だと感じるはずです。

実際留め具無しのものを好む人の多くは、その使いやすさを重視している人が少なくありません。

留め具の無い手帳型はデザインが際立つ

これは非常に大きなメリットです。

留め具そのものをデザインにすることももちろんできますが、留め具がなく前面全てを自由にデザインできるのは留め具なしのタイプです。

手帳型のカバーはなんだか野暮ったいと感じる人でも、デザインが優れていればむしろステキだなと思うはずです。

それに留め具無しのタイプのほうが、スマートでデザインも見栄えがすると感じる人が多いでしょう。

閉まらない手帳型スマホケースのデメリット

メリットがあるからには当然デメリットがあります。

留め具が無いものは蓋が開いた状態で落とせば画面を保護出来ませんし、粘着式の場合、粘着力が弱まるとよりケースからスマホが外れやすくなります。

振り回したり、高いところから落としたりすれば、カバーから外れてしまい、まったく手帳型の保護能力は活かせなくなってしまいます。

どうしても留め具付きにくらべて、スマホの保護能力に劣ってしまうのが最大のデメリットです。

結局閉まらないタイプと閉じられるタイプ、どっちがいいの?

残念ですが、万人が満足出来るスマホケースはありません。

スマホケースに求める能力、好みは様々ですし、中には、スマホケースそのものが嫌という人もいるでしょう。

ケースの種類に迷っている人は、複数のケースが持つメリットとデメリットを比較して考えましょう。

閉まらないタイプに向いている人、向かない人

閉まらないタイプは、画面が他人から見られたくないプライバシー能力を重視している人と、煩わしい手間は避けたい面倒くさがりの人です。

そして、素直に閉じないタイプが格好いいと思う人におすすめです。

閉じられるタイプに向いているのは、もちろんがっちりスマホを守りたい人です。

ただ留め具付きの手帳型なら万全というわけではないので、画面を保護してくれるフィルムと併用することがおすすめです。

最終的には好みに合うかどうか

ただ、そちらのタイプも使い続けていれば扱いには慣れてきますし、どちらを選んでも不満な面は出てきます。

ですから、デザインが気にいるものか、愛着が湧くかどうかが重要になってくると思います。

多少不便でも、見た目がステキだなと思えれば我慢出来るものですし、どんなに使い勝手が良くても外観が好みでなければ、結局飽きてしまうものなのです。

オリジナルの手帳カバーなら愛着が湧いてくる!

スマホカバーを長く使い続けたいと思えるかどうかは、閉じるか閉じないかだけではなく、自分の好みにマッチしているかどうかが重要です。

市販の手帳型スマホカバーではなかなか気に入ったものがない人は、ぜひスマホラボでオリジナルカバーを作ってみませんか?

自分が描いた絵や、自分で撮った写真を使えばそれだけでも愛着が湧いてきますし、デザインも自由自在。

自分の好みを追求して、長く使いたいと思えるカバーを作ってみて下さい。

投稿日:

パカパカしない手帳型スマホケースが欲しい人必見!失敗しない選び方と注意点

スマホの画面を割ってしまった経験がある人は、できるだけスマホを守ってくれる安全性の高いカバーが欲しいと願うものでしょう。

そんな人におすすめなのが、手帳型スマホケースです。

手帳型スマホケースは、落としても安全、スマホが壊れにくいというイメージがあるかと思います。

実際、裏と表からカバーしてくれる手帳型は、スマホを保護する能力に優れています。

それでは、手帳型で表紙部分がパカパカするもの、つまり表紙部分と裏表紙の部分を固定しないものと固定できるものでは、どちらが安全なのでしょうか。

パカパカしない手帳型スマホケースは安全性が高い

手帳型のスマホケースは、留め具があるものと無いものの2種類があります。

実際スマホを利用している時は留め具を使ってはいませんから、その状態で落とした時は、どちらも大差ありません。

ですが、持ち運びの際に落としてしまった場合を考えれば、落とした時にスマホを守ってくれる可能性が高いのは、もちろん留め具があるほうになります。

なぜなら、留め具の無いほうを落とした場合、落下するまでの間に表紙が開いてしまう可能性があるからです。

使い込んだカバーはより開きやすい

手帳型は使い込んでくると開きぐせがついてしまい、テーブルの上などに置いた状態で蓋が浮いてしまうということもあります。

これは格好が悪いだけではなく、開きやすいということでもあります。

ですから、どうしても閉じられないもののほうが、画面にヒビが入ってしまう危険は高まります。

留め具があれば多少開きグセが付いても閉じられますから、スマホをしっかりカバーすることができるのです。

パカパカしないケースはものが挟まらない

手帳型の大きなメリットは、画面側を守りやすい点です。

ですが、留め具が無いとこのメリットが活かしきれません。

例えば、鞄の中に鍵やアクセサリー、筆記用具などと一緒に突っ込んだ場合、カバーと画面の間にそれらが挟み込まれてしまう危険があるからです。

留め具があって表紙と裏表紙にものが挟まらないほうが、ぐっと画面を傷付けにくいのは簡単に分かると思います。

留め具でしっかり閉じられたカバーを使っている時には、画面が傷つく恐れはほとんどありません。

留め具無しのカバーにもメリットは多い

ですが、留め具の無いカバーは実は使いやすさという点で優れています。

留め具の無いタイプは、電話がかかってきたり、急いで写真撮影をしたい時などに、パッと開きやすく、すぐに使える点が大きなメリットです。

留め具を外すというアクションを省略出来るのが、留め具の無いカバーなのです。

カバーを開ける手間が簡単なのは断然留め具なしのほうでしょう。

それに、留め具アリに比べると厚みが無く、ベルトが無いのでデザイン的に非常にスッキリしている点も見逃せません。

デザイン性の高さでは、こちらのカバーを好む人も多いのではないでしょうか。

ベルト無しのカバーを閉じるには

ベルトなしのほうが見かけが好みでも、開きやすいのは困るという人は、シュシュやデザイン性の高いゴム、外付けできるベルトなどで簡易的に閉じるのも良いかも知れません。

輪の状態になったものを使うと、スマホを使っている最中は手首に巻いておけるので失くしにくいですし、好みのものを選ぶ楽しみもあります。

ただこの場合、留め具付きのカバーよりもさらにスマホを起動するのが面倒になるという弱点があります。

そうなると、蓋を閉じることが出来て、なおかつベルトの無いものが欲しくなりませんか?

留め具あり、なしのいいとこ取りが出来るカバー

留め具あり、留め具無しにはどちらもそれぞれ長所と短所がありますが、その中間に位置する、ベルトが見えないのに、留め具はあるというタイプの手帳スマホケースカバーもあります。

それが角ベルト付きの手帳型スマホケースです。

通常留め具付きのものは、裏側から伸びたベロの部分の留め具と、表側の留め具で閉じるものが多いのですが、角ベルト付きは表紙部分ではなく、裏と表の間、厚みのある部分にマグネットが付けられています。

この仕様によって、デザインはスッキリした状態を維持しつつ、留め具ありの保護能力は維持出来るというものです。

スマホラボで、保護能力とデザイン性を両立させたカバーを作ろう

もちろんスマホラボでは、この角ベルト付きの手帳型スマホケースを用意しています。

パカパカしない手帳型が欲しい、でもデザインはベルトの無いものが好きという人はぜひ一度、スマホラボの角ベルト付きタイプを試してみて下さい。

スマホケースがあなたのキャンパス!

角ベルト付きタイプは一見留め具がないように見えて、サイドに取り付けられたマグネットでカバーを閉じるタイプです。

留め具が見えないため、裏と表、背表紙部分と面積の広さを活かせるだけではなく、ベルトが邪魔をしないのでデザインセンスを活かしやすいのです。

安全性と、デザインの自由度、どちらも活かしたいなら、ぜひこのタイプをキャンパスにしてオリジナルのカバーを作ってみて下さい。

投稿日:

手帳型スマホケースは再利用できる!複数機種対応のマルチスマホケースが超有能

手帳型スマホケースは種類もデザインもが豊富で、自分の好みに合ったものを探しやすく人気が高まっています。

ですが、なんとなく、スマホを替えたらカバーも替えるものだと思い込んではいませんか。

中には、機種が変わるたびに買い換えるのはもったいないと感じている人もいるかもしれません。

スマホケースの再利用を考えるなら、断然手帳型であり、なおかつ汎用型マルチタイプがおすすめです。

汎用型ならスマホケースを再利用出来る

手帳型で、汎用型のマルチタイプは使い回しがしやすいカバーです。

当たり前ですが、スマホのサイズが大きく変わらなければ、問題無く流用出来るからです。

逆に、また好みのケースを見つけても、自分が使っている機種には対応していないとがっかりする必要もありません。

iPhoneユーザーにも汎用型マルチケースはおすすめ

iPhoneユーザーは、手帳型スマホカバーであっても機種専用のカバーを選ぶ人が多いのではないでしょうか。

ですが、その場合機種を替えるたびにカバーも買い換える必要が出てきます。

手に馴染み、いい感じに味が出てきたカバー、お気に入りのデザインのカバーを捨ててしまうのは惜しいものです。

最初からマルチタイプのカバーを選ぶと、ケースを簡単に捨てずに済みます。

気に入った手帳型スマホケースを長く愛用したいという人は、機種専用のカバーがあっても、あえてマルチタイプを選ぶと良いでしょう。

再利用したいのに、ケースから外せない時は

気に入ったケースを長く使いたい時困るのが、カバーからスマホが外せない時です。

スマホを壊さないよう、カバーを壊すしかないのかなと諦める前に、次の方法を試して見て下さい。

汎用型マルチケースの場合、粘着テープでスマホを固定しているものがほとんどでしょう。

粘着テープは、一気に剥がそうとせず斜め方向に回しながら、少しずつ剥がしていくのがコツです。

また熱を加えるとテープが剥がれやすくなるので、充電後に挑戦したり、スマホが壊れない程度に裏側からドライヤーで熱を加えたりしても良いでしょう。

一箇所に集中して熱を加えると危険なので、まんべんなく全体を温めるイメージです。

温めてから剥がすと、スマホに粘着テープのノリがついてベタベタになってしまうことがありますが、これはリムーバーで拭き取るときれいになります。

ハードケースが外せない時

手帳型スマホケース愛用者の場合、一度ハードケースにはめ込んでから、改めて手帳型のケースに貼り付けている人も多いのではないでしょうか。

粘着テープではなくハードケースから外せなくなった場合は、ある程度の硬さと柔軟性を兼ね備えた使わなくなったポイントカードやテレフォンカードなどをスマホの角から差し込んで、テコの原理を利用すると外しやすくなります。

専用のスマートフォンリムーバーもありますので、友達に持っていないか尋ねてみましょう。

まだまだある、汎用型マルチケースのメリット

手帳型スマホケースは様々な素材を使っているものが多く、滑りにくいものやキープしやすいものも多く、スマホを落としにくいというメリットがあります。

特に手が小さく手の平で掴むことが難しい女性にとって、滑りにくさは素材がとても重要です。

滑りにくいなら手の平に乗せてもズレにくいですし、あえて本体より大きな手帳型のカバーを付ければ、逆に両手で持ちやすくなります。

またストラップホールがあるタイプも多いので、落としにくいよう首や手首にかければさらに安全性は高まります。

お気に入りが見つかるまでの一時利用にも

機種交換をしたら、カバーも新しくしたいという人にとっても、実は汎用型マルチケースは便利です。

今まで使っていたスマホケースを使いながら気に入ったスマホケースをじっくり探せます。

焦って「なんだかピンとこないな」というケースで妥協する必要はありません。

それに何らかの理由でカバーを破壊してしまった時も、一つ汎用型のケースを取っておけばすぐにカバーを付けることができるでしょう。

お揃いのカバーに出来る

手帳型でマルチタイプのメリットは、再利用しやすいというだけではありません。

マルチタイプは、機種、キャリアが違っている家族や友達、カップル同士でもお揃いに出来ます。

さらにスマホラボでオリジナルのカバーを作れば、他にかぶる心配がなく、よりお揃い感が引き立つはずです。

世界に一つだけのカバーというのも特別感がありますが、世界に二つだけ、というのもステキだと思います。

再利用しやすく、再注文しやすいのはスマホラボ

デザインが気に入っているのに、カバーに傷が付いたり、傷んだりしてもう使用できないケースもあるかと思います。

実は、スマホラボならこの問題を簡単に解決出来ます。

注文履歴から以前頼んだデザインと同じものを作ることが出来るので、デザインが気に入っていたのにと嘆く必要はありません。

何度でも同じ手帳型スマホケースを作ることが出来ます。

投稿日:

スマホが壊れるかも…!手帳型スマホケースが「やばい」と言われる理由とは?

手帳型スマホケースはオシャレ感があり、スマホの画面を保護してくれるので安心といったイメージがあります。

その一方で、手帳型のスマホケースはやばいという話も耳にしたことは無いでしょうか。

ここでは、本当に手帳型はやばいのか、本当は安全なのかを検証していきます。

マグネットでカードやスマホが壊れる?

精密機器と磁気の組み合わせが良く無いという話は良く耳にします。

手帳型の場合、マグネットで開閉するものが少なくありません。

手帳型スマホケースがやばいと言われる理由の一つが、マグネットです。

結論から言えば、開閉に使われる程度のマグネットでスマホが壊れるということはありません。

そもそもマグネット採用のカバーで壊れてしまうなら、マグネットスリープ機能も危険だとは思いませんか?

コンパスアプリが狂うってホント?

アナログな方位磁石とは異なり、コンパスアプリは電磁コンパスを使っています。

多少磁気の影響は受けるものの、現在のコンパスアプリは自動で補正がかかるよう進化しているのです。

マグネット式のカバーを使っているから位置情報が狂うということはまず考えられません。

これは安心して良いでしょう。

マグネットスリープが誤作動するのはホント

機種別に作られたマグネットスリープ機能付きのカバーを除き、マグネットスリープ機能が上手く働かなかったり、意図しない時にスリープに入ってしまったりすることはあります。

これはマグネットの位置や機種によって誤作動するかが異なりますし、マグネットスリープ機能が無い機種なら影響はありません。

ただ、単なるスリープのオンオフに影響するものなので、スマホそのものが壊れてしまうということも無いので安心して下さい。

マグネットでカードが壊れる?

おサイフケータイ機能があるスマホでしたら、スマホとカードだけ持って買い物に行けたら楽でいいなと考える人も多いのでは無いでしょうか。

ですが、磁気の影響でキャッシュカードやクレジットカードなどが読み込めなくなるという話を聞いたことがありませんか?

マグネット付きのケースでカード類を一緒に持ち運んでも大丈夫なのでしょうか。

避けたほうが良いというのが結論です。

そう強い磁石ではありませんが、マグネットですから長時間マグネット付きのケースに入れておけば、磁気不良になる可能性は高まります。

マグネット式を避ければスマホと一緒でも大丈夫?

マグネット式でなければOKというわけではありません。

そもそもスマホ自体が磁気を発していますから、スマホケースにマグネットが使われていようといまいと、スマホと磁気カードを近づけることが間違いなのです。

電磁波干渉防止シートも販売されていますが、紛失や盗難にあった場合を考えると、別にして持ち運んだほうが良いのは言うまでもありません。

手帳型スマホケースは熱暴走の原因になる?

手帳型に限りませんが、スマホケースをつけることで熱がこもりやすくなります。

手帳型の場合、特に背面だけでは無く前面も覆う構造になっているので、さらに熱がこもりやすいのです。

ですが、カバーを付けることで放熱がしにくくなるという点は、どのタイプのカバーでも起きる問題です。

スマホは冷却ファンが無いからです。

放熱出来なければバッテリーの消費が激しくなりますし、バッテリーの寿命にも悪影響となります。

手帳型は熱に気付きにくい

手帳型はスマホが熱を持っているのかどうかが分かりにくい点が大きなネックでしょう。

ある程度厚みのある素材であったり、熱伝導率の低い素材を使っていたりすることも多いので、手で持っていてもスマホが熱を持っていると気付かないことがあり、気付かないことで使い続けてしまい、さらに熱がこもっていくという悪循環に陥ってしまうのです。

ただこれは手帳型でなければ熱暴走はしないという意味ではもちろんありません。

手帳型に限らずスマホケースを使用することで放熱性は低下します。

手帳型以外でも気付きにくい素材のケースはありますし、使い方が悪ければスマホのバッテリーが熱を持ちやすいという欠点は変わらないからです。

スマホの熱暴走を避けるために

暑い場所ではスマホに負荷がかかる作業を避けたり、熱がこもっている時は充電しないようにしたり、また涼しい時間帯に充電するように心がけたりといった小さな積み重ねでスマホを守っていきましょう。

また、カバーを付けたままですと冷めにくいので、熱を持ったらカバーを外すことも大事です。

ハードにスマホを使う人は、安いカバーを付けた上で手帳型スマホケースにセットすると取り外ししやすくなるのでおすすめです。

スマホケースの安全性は使う人の意識で変わる

磁気カードとスマホを一緒にしないことを心がけ、熱がこもりすぎないよう使い方に気を付ければ、手帳型だからやばいというわけではありません。

手帳型でなくても、使い方が悪ければバッテリーの寿命が短くなったりカードが使えなくなったりすることはあります。

結局は使う人の心がけが一番大切なのです。

投稿日:

手帳型スマホケースを選ぶポイントとは?写真が撮りやすいアイテムも紹介

初めて手帳型スマホケースを使った時に多くの人が感じるのは「なんだか写真撮りにくいなあ」ということでしょう。

ここでは手帳型のスマホケースで写真が撮りにくい原因は何なのかを詳しく見ていきます。

また、この問題を解決する方法はあるのかも合わせて検討していきましょう。

撮りたい時に、すぐ撮れない

手帳型と言ってもいろんなタイプがありますが、どんなものであれ共通しているのは「蓋の部分を開ける」というワンアクションが必要になることです。

手帳型以外のケースや、むき出しで使う場合はさっと取り出して、さっとカメラを起動できますし、表紙や背表紙がカメラの邪魔をしないよう手で抑えておく必要もありません。

それに対して、手帳型の場合は手間がかかってしまうと言うわけです。

また自撮り棒を使う場合、手帳型のスマホケースから外さなければ使うことができないことがほとんどでしょう。

こうした煩わしさが、外出先や家庭の中で手軽に写真を撮りたいという人にとって、スマホケースが手帳型であるということは面倒くさいという思いを抱かせる原因です。

表紙がカメラの穴を塞いでしまう

撮りたい時にすぐ撮れないというだけでは無く、カバーが撮影の邪魔になってしまうのも大きな原因。

手帳型スマホケースの場合、表紙に当たる部分を背面に回せば当然カメラ用の穴が塞がれてしまいますし、蓋をしたままでは当然カメラの操作が出来なくなります。

本で言えば背表紙に当たる部分の方向にカメラがあると、表紙部分が影になってしまうことも少なくありません。

手帳型以外のスマホカバーなら、そもそも表紙部分が無いのでこうした悩みに陥ることは無いでしょう。

手帳型のスマホケースにはこんな工夫が!

手帳型の「写真撮りにくい!」という不満を解決するために、現在のスマホケースは様々な工夫がなされています。

開閉しやすい工夫、カメラの穴を塞がない工夫です。

具体的には、マグネット式で開閉が簡単に出来るようになっていて、またカメラの穴に表紙部分が干渉しにくいよう、スライド式を採用しているものが増えています。

このタイプは、カメラの起動のために蓋を開くワンアクションはなくならないものの、開きやすく、またカバーでカメラの穴が塞がれることもありません。

スライド式なら、表紙を後ろに回しても撮影が出来る!

iPhone用ですとカメラ用に穴が開けられた手帳型のスマホケースが多いのですが、Androidの場合はカメラの位置が機種によって異なるので、もともと手帳型のタイプはどの機種でも使えるよう汎用型のマルチタイプが主流です。

そして、汎用型のカバーは、スライド式になっていて、スマホを上にスライドさせてカメラ撮影出来るようになっています。

カメラの付いている部分だけを、撮影時のみスマホカバーの枠の外に出してしまおうというわけです。

これならカバーがカメラに干渉しません。

iPhoneユーザーでも、汎用型を使うことでカメラを上下にスライドさせて撮影することが出来るので、写真撮影のしやすさにこだわる人は一度試してみてはいかがでしょうか。

マグネット式は片手でも簡単に開けられる

手帳型の中で一番簡単にカメラを起動出来るのは、もちろん留め具の無いものです。

留め具はあってもベルトが無いものはマグネット式のもので、比較的開閉が簡単になっています。

そしてベルト部分があるものは、マグネット式、差し込み式、ボタン式などの種類があり、マグネット式以外は、どうしても片手でさっと開くことができません。

留め具無しのものは、スマホを守ってくれるか不安という場合には、マグネット式のものがおすすめです。

こちらは片手で簡単に開くことが出来るので、使いやすさと安全性のバランスが良いでしょう。

起動のしやすさ重視の人は手帳型以外を

スマホカメラのヘビーユーザーには、やはり手帳型以外のスマホケースが良いでしょう。

素早くカメラを使えるので、シャッターチャンスを逃しません。

どんなに開閉しやすい手帳型であっても、カバーを開けるというアクション不要という身軽さには敵わないのです。

ただ、カメラ起動のしやすさで選んだ場合、どうしてもその分、落とした時にスマホを保護する機能が損なわれてしまいがちです。

画面に保護フィルムを使ったり、落としにくいようストラップを使ったりして、複数の方法でスマホを守りながらカメラライフを楽しんで下さい。

マグネット式、スライド式が一押し!

カバー力と撮影のしやすさ、両方を重要視するなら、できるだけカメラ撮影しやすい手帳型スマホケースを選ぶと良いでしょう。

おすすめは、マグネット式、スライド式の手帳型スマホケースです。

マグネット式でサッと片手で開閉し、カメラの穴を塞ぐ不安の無いスライド式なら、ヘビーなスマホカメラユーザー以外の方であれば満足出来る機能を備えています。

こちらのタイプの手帳型スマホケースは、スマホラボでも扱っています。

カメラの使いやすさとオリジナリティにこだわる方に一考していただきたい商品です。

投稿日:

手帳型スマホケースを使うのはやめた方がいい?メリット・デメリットを詳細解説

30年度版の総務省の白書では、スマホの世帯所持率が94パーセントを超えているという結果が載っていました。

スマホは今や生活に欠かせないアイテムとなっています。

スマホ同様、スマホケースも様々なものが出てきています。

大きく分けてスマホの背面をカバーするスマホケースと、全体を覆う手帳型スマホケースがあります。

利用している人が多い手帳型スマホケースですが、頑なに「手帳型スマホケースはやめた方がいい」という人もいます。

手帳型スマホケースのメリット、デメリットについて考えていきます。

手帳型スマホケースのメリット

スマホ全体を保護してくれる

手帳型スマホケースは、スマホ全体を覆ってくれるため、傷がつきにくいです。

スマホを取り出そうとして手が滑って落としてしまった・・・というヒヤリとした経験は誰しもあるのではないでしょうか。

手帳型スマホケースの場合、スマホ全体をカバーしてくれているのと、留め具がついているものは手帳が開かないようにしっかりロックされているため、落とした場合も傷がつきにくいです。

バッグなどにスマホを無造作に入れても、手帳型スマホケースなら動いたタイミングで他のものとぶつかって画面に傷がつくということが少ないです。

私も現在手帳型スマホケースを使っていますが、バッグの中にスマホと芯を出しっぱなしにしていたボールペンを一緒に入れてしまったことがあります。

その時も手帳型スマホケースが画面を守ってくれていたので、画面を傷つけずに済みました。

スマホ全体を保護してくれるというのは、とても安心感があります。

収納スペースがある

手帳型スマホケースの内側には、カード類を収納できるカードケースがついているタイプのものが多いです。

ICOCAやSuicaなどの電車のICカードや診察券などを入れておいて、使うときにパッとだせるのでとても便利です。

私の手帳型スマホケースにはカード入れが2段ついているので、1段目にはSuicaを入れて、2段目には今日のお買い物メモやTo Do Listを入れるようにしています。

スマホを開けるたびに思い出すのでとても便利でおすすめです。

鏡がついている

手帳型スマホケースには、カードケース以外に鏡がついているものがあります。

スマホをチェックしながら身だしなみも整えることができて一石二鳥のアイテムです。

先日電車に乗っていたら営業マン風の紳士がスマホをじーっと眺めているのを見かけました。

よく見ると、スマホ画面の隣の鏡で身だしなみチェックをしていました。

なるほど・・・と感心してしまうのと同時に「次は鏡つきのスマホケースにしようかな」と思ったところです。

おしゃれで上質なデザイン

手帳型スマホケースのデザインは様々でスタイリッシュなものが多く、革素材のものも多いため、高級感を感じさせてくれます。

そのため手帳型スマホケースのファンは幅広く、年代を問わず愛用されています。

最近では、オリジナルのスマホケースを作ることができるようになっています。

スマホラボ」では、安く、早く自分だけのスマホケースを作ることができます。

iPhoneに比べてAndoroid搭載スマホは手帳型スマホケースのデザインが少ない傾向にありますが、スマホラボではAndoroidユーザーもオリジナルデザインの手帳型スマホケースを作ることができます。

手帳型スマホケースのデメリット

では、手帳型スマホケースは「やめた方がいい」という人が言う手帳型スマホケースのデメリットは、何なのでしょう。

分厚い、かさばる

背面カバーだけのスマホケースと比べてスマホ全体を覆う手帳型スマホケースは、分厚くなりがちです。

洋服のポケットにスマホを入れて身軽に動きたい人にとっては、手帳型スマホケースの分厚さがネックになります。

最近の手帳型スマホケースの中には、厚みを少なくしたものも出てきているので、素材を吟味しても良いでしょう。

放熱ができない?

スマホのバッテリーはリチウムイオン電池で、熱に弱いという特徴があります。

バッテリーに長時間負荷をかけ続けているとバッテリーが劣化したり、ひどい場合には発火したりする恐れもあります。

手帳型スマホケースは革製素材のものが多く使われていて、スマホ全面を覆っているため素材によっては放熱しにくくなっています。

バッテリーは40度より高くなると劣化が始まるので、スマホを使っていて「少し熱いな」と感じたら、アプリの使用をやめ、電源をOFFにしたり、手帳型スマホケースカバーをはずしたりするなど対処する必要があります。

また、最近は放熱できる素材でできた手帳型スマホケースも出てきているので、素材をしっかり調べて選ぶと良いでしょう。

カードが使えなくなる?

手帳型スマホケースには、留め具のところにマグネットが使われています。

手帳型スマホケースのカードケース部分にクレジットカードなど磁気付きカードを入れていた場合に、留め具のマグネットの磁気がカードの磁気情報に悪影響を与える恐れがあります。

これは手帳型スマホケースに限ったことではありませんが、例えばお財布でもマグネットが使われているお財布のすぐ後ろに磁気付きカードを入れておいたらカードが磁気不良になってしまうことがあります。

磁気不良になると、カードが使えなくなってしまいます。

手帳型スマホケースにマグネットが使われている場合には、カードケースには磁気付きカードを入れるのはやめましょう。

手帳型スマホケースはやめた方がいい?

手帳型スマホケースのメリットとデメリットをみてきました。

正しい使い方をして、素材を選べば手帳型スマホケースは危険ではありません。

デザインや利便性と同様、素材選びも大切にしたいものです。