投稿日:

世界にひとつだけ!お気に入りのデザインでオリジナルパーカーを作ろう

ちょっと肌寒い時のイベントだとTシャツはちょっと寒いと感じることも多いのではないでしょうか。そんな時におすすめなのがオリジナルパーカーです。
今回はイベントなどでも大活躍のオリジナルパーカーの作り方をご紹介します。

イベントにも人気。オリジナルパーカーは1枚からでも作れる!

男女問わずに着られて年間を通して着用できるパーカーはイベントなどでも大活躍します。イベントなどでお揃いのオリジナルパーカーを身に着ければ、団結力が上がること間違いなしです。

また街で他の人とは絶対にかぶらないデザインのものが欲しい方にもおすすめです。

一枚からでも作れる

オリジナルパーカーを作る時は自分で作る方法と専門の業者に発注する方法があります。業者と聞くと大量に発注しないといけないのかな?と思ってしまいますが、一枚から発注できる業者もあります

少数だけどプロに頼みたいという方も、大量に発注したいという方はぜひ業者に発注してみてはいかがでしょうか。

オリジナルパーカーを作りたい人におすすめのサービス

業者に発注するメリット

パーカーはTシャツよりも生地が厚手なので、自分で作るには難易度が高くなります。そのためハンドメイド初心者の方は業者に発注する方がおすすめです。

メリットのひとつとして、時間の節約があげられます。自分で作ってもし失敗してしまった場合、やり直す時間も必要です。また作るための材料を揃えるところから始めなくてはいけません。

業者に頼めばデザインを選ぶだけであとは全てお任せで作ることができます。時間の節約になり、仕事や普段の生活に集中できます。

また業者に発注する場合はパーカーの生地や形、色などを選ぶことが可能です。

インターネットから注文できる

オリジナルパーカーはインターネット上から簡単に注文することができます。パソコンやスマホ、アプリなどからデザインをアップロードできます。
インターネット上で決済も済むので、あとは届くのを待つだけです。

デザインはイラスト、写真、ロゴなどを入れることができます。写真ならアップロードしたあと、パーカーのどの位置に入れるか決めるだけなので、初めての方でも簡単に作れます。

また業者によってはどんなデザインにするかプロに相談することもできます。

印刷方法が選べる

業者によっては印刷方法が選べる場合もあります。パーカーを少数作る場合、シルクスクリーン印刷はあまり向いていません。シルクスクリーンは印刷する際に専用の板を作るので、大量印刷に向いている方法なのです。
シルクスクリーン印刷は20枚以上作る場合に選ぶと良いでしょう。

一枚など少数作る場合はインクジェット印刷やカッティング印刷などを使えばコスパ良くオリジナルパーカーを作れます。

パーカーの種類や色が選べる

一口にパーカーといっても形や色が、素材などが異なります。業者によってはパーカーの種類が選べるので自分の好きなデザインを選びましょう。主なパーカーの種類は以下のようなものがあります。

ジップパーカー

全面にチャックがあるタイプのパーカーです。前を閉じて来たり、羽織にしたりとさまざまな着方ができるのが魅力です。

プルオーバーパーカー

かぶって着るタイプのパーカーです。前にチャックがないので羽織にはできませんが、暖かくスタイリッシュなのが特徴です。
前面に大きくプリントしたい場合はジップパーカーよりプルオーバーパーカーの方が向いています。

手作りもできる

オリジナルパーカーは手作りすることもできます。自分の手で全部作りたい、少数だから注文せずに自分で作ろうと思っている方は手作りしてみてはいかがでしょうか。

作り方

【用意するもの】

  • 好きなパーカー
  • シルクスクリーン用のメッシュ
  • 専用インク
  • コルクボードの枠
  • カッティングシート
  • 好きなデザイン

【作業方法】

作りたいデザインをプリントアウトします。それをパーカーに合わせてサイズを調整しましょう。
プリントアウトしたデザインをカッティングシートの上に載せて切り抜きます。

机を切らないように下に段ボールなどを敷いておきましょう。

切り抜いたものをメッシュ生地に貼り、パーカーの上に載せます。インクをボードの上の方に載せたらスケッパーなどを使って、全体にインクが行きわたるように伸ばしていきます。

印刷できたら自然乾燥させ、最後にアイロンをかけて完成です。

材料を揃えるのが大変な場合は業者に発注を

自分でオリジナルパーカーを作るのも楽しいですよね。ただ時間が無かったり、材料を揃えたりするのが大変な場合もあります。

そんな時は一枚から作れる業者に発注するのがおすすめです。おすすめは一枚から発注できる「スマホラボ」です。ホームページから簡単に発注できるので試してみてはいかがでしょうか。

まとめ

オリジナルパーカーの作り方をご紹介しました。手作りするのも愛着が湧いておすすめですし、大量に作る場合は業者に発注するのもおすすめです。
ぜひ一度チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

こちらの記事も読まれています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA