投稿日:

おしゃれで実用性も抜群!オリジナルの手帳型スマホケースを使ってみよう

手帳型スマホケースを使っている人をよく見かけるでしょう。

スマホを手帳のようにして使えるので、オリジナルデザインのスマホケースを作るなら手帳型がおすすめです。

ではオリジナルの手帳型スマホケースについて見ていきましょう。

手帳型スマホケースのメリット

手帳型スマホケースは、実用面とデザイン面の両方でメリットがあります。

実用性に富んでいる

スマホケースを使用する目的は人によってさまざまですが、スマホを守るためという目的は大半の人に共通しているでしょう。

もしケースなしの状態でスマホを落としてしまうと、床や地面に強く叩きつけられてしまいます。

スマホケースがあることで、落としても壊れずに済むことも多いです。

手帳型スマホケースの場合には、画面部分も含めてスマホ全体を覆うため、スマホを守るという役割をしっかりと果たします。

また、スマホを使用するときに横から見えにくくなることも、手帳型スマホケースのメリットです。

プライバシーをしっかりと守ります。

また、最近ではミラーやカード収納スペースがついていたり、スタンドとして使えたりする手帳型スマホケースが多いです。

デザインの幅も広い

手帳型スマホケースはデザイン性においても、ハードケースなどと比べて優れています。

無地の手帳型スマホケースもありますが、カラフルな絵柄がプリントされた手帳型スマホケースもあり、特に女性に人気です。

刺繍などを利用して立体的なデザインが施されている手帳型スマホケースもあります。

また、デザインは表表紙と裏表紙の両方に施せるのも手帳型ならではの特徴です。

表表紙と裏表紙のデザインを繋げて1つの絵柄になるスマホケースもあります。

オリジナルスマホケースのメリット

スマホケースは個性をアピールできるアイテムの1つですが、偶然にも他人と被ってしまうこともあります。

無地のハードケースなどシンプルなものなら、被ってもそれほど気にならないかもしれません。

しかし、絵柄が描かれているスマホケースを使っていて他人と被ってしまうと、少し気まずいと感じる人も多いです。

せっかく買ったスマホケースでも、友人と被ってしまったために、ほとんど使わない人もいるでしょう。

オリジナルスマホケースなら、同じデザインのものは売っていないため、他人と被る心配はありません。

写真などをデザインに使用して、個性を強くアピールすることもできます。

ハンドメイドして作ろう

手帳型スマホケースは、材料を買い揃えて自分でハンドメイドできます。

必要な材料は、100円ショップのクリアケースと表紙の土台となるPPシート、表紙を覆う布地などです。

針と糸、カッター、ハサミ、接着剤なども使用します。

クリアケースの大きさに合わせてPPシートを2枚切り取りましょう。

カメラ穴などを空けて、2枚のPPシートに布地を被せて接着剤でくっつけます。

このとき、背表紙の部分のスペースを開けておきましょう。

カード収納スペースを作りたい場合には、この段階で作ってつておくとスムーズです。

表表紙の裏側もくっつけたら、布の端の部分の処理を行います。

裏表紙の裏側にクリアスマホケースを接着剤でくっつければ完成です。

ただ、手芸や工作が苦手な人だと少し難しく感じるかもしれません。

アプリやサイトを利用して作ろう

オリジナルの手帳型スマホケースを作るためのサービスがたくさんあります。

手芸や工作があまり得意でない人におすすめできる方法です。

アプリやサイトを利用するメリット

アプリやサイトなどを利用すれば、簡単にオリジナルの手帳型スマホケースを作れるのが大きな魅力です。

ハンドメイドの場合には、装飾などを施すことはできますが、イラストや写真を印刷するのは難しいでしょう。

アプリやサイトで提供しているサービスなら、イラストや写真などの画像データをアップロードした上で、加工や編集をしてデザインを作れます。

イラストや写真を加工せずそのまま印刷することも可能です。

文字を入れたり、フレームを利用できるサービスもあり、多様なデザインを実現できます。

サービスにより、利用可能な機能がやや異なるため、自分の使いたい機能が備わっているサービスを利用するといいでしょう。

費用と日数はどのくらいかかるのか

アプリやサイトを利用して、手帳型のオリジナルスマホケースを作る際に気になるのは費用です。

既成品ではないため、高いのではないかと思ってしまう人もいるでしょう。

しかし、それほど高くはありません。

1個の値段は、概ね1,000円から2,000円程度です。

元となる手帳型スマホケース自体は、無地の既成品でデザインを印刷するだけであるため、安い値段で利用できます。

日数も1週間程度でできるところが多いです。

早いところだと即日で作れるところもあります。

既成品の手帳型スマホケースを通販で買うのとあまり変わりません。

オリジナル手帳型スマホケースをオーダーメイドで作ろう

手帳型スマホケースは、実用面でもデザイン面でも魅力たっぷりです。

オリジナルデザインなら友人などと被ることもありません。

ぜひ手帳型のオリジナルスマホケースを作ってみましょう。

アプリやサイトを利用するなら、スマホラボがおすすめです。

合成皮革を使用しており、柔らかく傷もつきにくいです。

表表紙と裏表紙を繋げたデザインでの印刷もできます。

ぜひスマホラボで手帳型のオリジナルスマホケースを作ってみてください。

こちらの記事も読まれています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA