/
投稿日:

【簡単作成】オリジナルスマホカバーを印刷して自作!コツを詳しく伝授!

自分だけのオリジナルスマホカバー、実は印刷して簡単に自作できるってご存じですか?

「スマホカバーをオリジナルデザインで自作してみたいけど、上手に作れる自信がない」

「スマホカバーを印刷して自作するには、どんな方法があるのだろう」

今回は、こんな方のために、オリジナルスマホカバーを印刷して作る方法を詳しくご紹介します。

自宅でも簡単に作成できる方法もお話しますので、ぜひチェックしてみてください。

市販のスマホカバー・スマホケースでは、満足できない皆さんも必見ですよ!

オリジナルスマホカバーを印刷して自作するメリット・デメリットは?

プリント柄のスマホケース

最初に、オリジナルスマホカバーを印刷して自作するメリット・デメリットの両方を、それぞれ確認しておきましょう!

オリジナルスマホカバーを印刷して自作するメリット

オリジナルスマホカバーを印刷して自作すると、以下のようなメリットがあります。

自分だけのオリジナルデザインで作れる!

自分だけのオリジナルデザインで作れるのが、オリジナルスマホカバーを印刷して自作する一番のメリットです。

どんなに素敵な市販品でも、ほかの人と同じものになってしまうのは事実。

その点、自作すれば、市販品にはない自分好みの仕上がりが手に入りますよ!

手描きやデコなどと組み合わせてアレンジもできる!

オリジナルスマホカバーを印刷して自作する場合、手描きやデコなどと組み合わせてさらにオリジナリティーを高めることも可能です。

印刷だけでも素敵ですが、プラスαのデザインでますますキュートに。

より自由な発想でのオリジナルデザインが楽しめますよ!

完成したときの達成感がすごい!

完成したときの達成感がすごいのも、オリジナルスマホカバーを自作するメリットです。

試行錯誤して苦労したものほど、完成したときの喜びはハンパないものに。

この達成感がやみつきになって、自作にハマる人もいるほどです!

オリジナルスマホカバーを印刷して自作するデメリット

オリジナルスマホカバーを自作する前に、デメリットもきちんと理解しておきましょう。

スマホカバーに直接印刷するのはほぼできない

オリジナルスマホカバーを印刷して自作する場合、スマホカバーに直接印刷することはほぼできません。

一般的な家庭用プリンターは、紙やシートなどフラットなものに印刷できる設計になっているからです。

そのため、印刷したシートをカットして市はのスマホカバーに貼るという作り方になります。

金・銀・ラメ色などは印刷できない

金・銀・ラメ色なども、一般的な印刷方法では対応できません。

理由は、インクジェット印刷やUV印刷などは、シアン・マゼンダ・イエロー・ブラックの4色の混色により色合いを表現してため。

もしも、金・銀・ラメ色で表現したいなら、市販のシールを貼ったり専用の画材でペイントすることになります。

材料をそろえると意外と高く付くことがある

「スマホカバーは自作したほうが安いのでは」と考えている人もいるでしょう。

でも、実際にいろいろと材料をそろえていると意外と高く付くことも。

特に、市販のスマホケースは思ったより安くないことも多いので、注意しましょう。

自作に挑戦!オリジナルスマホカバーを印刷して作成する方法!

家庭用プリンターと給紙トレイ

それでは、実際にオリジナルスマホカバーを印刷して自作する方法をご紹介しましょう。

家庭用プリンターでシートに印刷して貼り付ける

家庭用プリンターが自宅にある人は、プリンター印刷対応シートを使用してスマホカバーに貼り付ける方法が便利です。

材料

  • ・印刷したいデザイン
  • ・市販のプリンター印刷対応シート(シールタイプ)
  • ・市販のスマホカバー
  • ・家庭用プリンター
  • ・はさみ・カッター

作り方

  1. パソコンやスマホなどでスマホカバーのデザインを作成する
  2. 家庭用プリンターにプリンター印刷対応シートをセットする
  3. 印刷設置を確認し、印刷する
  4. インクがよく乾いたら、適宜カットして市販のスマホカバーに貼る

コンビニでシール印刷して貼り付ける

家庭用プリンターがない人も、コンビニプリントでシール印刷してスマホカバーに貼り付ける方法があります。

材料

  • ・印刷したいデザイン
  • ・市販のスマホカバー
  • ・はさみやカッター

作り方

  1. スマホやパソコンでスマホカバーに印刷したいデザインを作成する
  2. コンビニのプリントサービスを利用してコンビニのプリンターから印刷する
  3. 必要に応じてカットし、市販のスマホカバーの好みの位置に貼り付ける

オリジナルスマホカバーを印刷で自作するときの注意点は?

黄色の注意マーク

オリジナルスマホカバーを印刷して自作するときに、注意すべきポイントをご紹介します。

知っているのと知っていないのでは、満足度に差が出るのでしっかり目をとおしておきましょう!

印刷が完全に乾いてから次の作業に移る!

オリジナルスマホカバーを印刷した後は、完全に乾いたことを確認してから次の作業に移りましょう。

乾燥が不完全な状態だと、印刷がにじんだりこすれたりして残念な仕上がりに。

十分に余裕を持って乾燥させることが、高品質な仕上がりにつながります。

オリジナルスマホカバーの自作では、焦りは禁物です!

耐水シートに印刷するのがベスト!

耐水シートに印刷すると、ちょっとした水ぬれ程度なら防水効果が期待できます。

たとえば、外出先で雨に降られてしまったり、家事の後やお風呂上がりなどにぬれた手で触れてしまったりしてもひとまず安心です。

最近では、家庭用プリンターで印刷できる耐水シートも。

実用性を考えるなら、耐水シートを選ぶのがベストです。

摩擦や皮脂による色落ちに注意!

摩擦や皮脂による色落ちも、オリジナルスマホカバーを印刷して自作するときに気を付けたいポイントでしょう。

スマホカバーは手に取って使うものであり、使用頻度が高いという特徴があります。

そのため、どうしても摩擦が多くなったり皮脂が付着したりしやすいもの。

印刷方法や印刷品質によっては、色落ちして手や持ち物を汚してしまうことがあるので注意してください。

スマホカバーの色も考えてデザインする!

印刷して自作する場合、スマホカバーの色とデザインの相性を考えることも大切です。

デザイン画面で背景を白に設定していた場合、スマホカバーの色が赤・ピンクなどの色付きだと仕上がりの印象が異なることも。

また、デザインの色合いによっては、スマホカバーの色との相性がよくないこともあるでしょう。

デザインを考えるときは、スマホカバーの色との相性やバランスを見ながら調整してみてください。

カメラレンズの位置なども注意する!

オリジナルスマホカバーのデザインでは、カメラレンズの位置も注意してください。

多くのスマホカバーには、カメラレンズ用の穴が開いています。

そのため、デザインやレイアウトによっては、違和感を覚える仕上がりになることも。

特に、人物や動物の顔などをデザインするときは、気を付けましょう!

もっとキレイに!オリジナルスマホケースラボで理想の仕上がり!

オリジナルスマホケースラボTOP画像

オリジナルスマホカバーは、オリジナルスマホケースラボにオーダーするともっとキレイに仕上がりますよ!

豊富な機種・タイプからピッタリの1個が見つかる!

「ちょっと前の機種だけど、ピッタリのスマホカバーがあるかな?」という人も、オリジナルスマホケースラボなら安心です。

iPhone・Androido共に対応機種が豊富で、お好みのタイプのスマホカバーを選んで作成できます。

「もうオーダーできないのでは」と嘆く前に、まずは、探してみるのがおすすめ。

もちろん、最新機種にもイチ早く対応しているのでぜひチェックしてみてください!

細かいところまでキレイな仕上がり!しかも1個から安い!

せっかくオーダーするなら、仕上がりの品質にこだわりたいもの。

オリジナルスマホケースラボでは、高品質なUV印刷を採用し、美しい発色の仕上がりが魅力です。

しかも、1個からでも安いのが大きな魅力。

場合によっては、市販品よりも安く作ることができますよ!

めちゃくちゃ便利!専用の無料デザインエディタを活用!

オリジナルスマホケースラボデザインエディタ画像

オリジナルスマホケースラボでは、初心者の方にも操作しやすいと評判の無料のデザインエディタがあります。

このデザインエディタは、誰でも簡単に理想のデザインに仕上げることができる優れもの。

実際のスマホカバーのイメージ画像に合わせてレイアウトできるので、仕上がりとのギャップもありません。

みなさんも、早速このデザインエディタで自分だけのオリジナルスマホカバーを作ってみてください!

まとめ

今回は、オリジナルスマホカバーを印刷して自作する方法を詳しくご紹介しました。

自作するのが難しそうに見えても、シートに印刷して作成する方法なら簡単にできます。

理想の仕上がりに近づけるためにも、この記事でご紹介したポイントを参考にチャレンジしてみてください。

でも、もっとキレイな仕上がりを望むのなら、オリジナルスマホケースラボにオーダーするとよいでしょう!

こちらの記事も読まれています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA