投稿日:

オリジナルTシャツを作ろう!デザインするときのコツや注意点を知っておこう

他の人が持っていないようなデザインのTシャツが欲しいという方もいるのではないでしょうか。

そのような方におすすめなのが、オリジナルTシャツを作成することです。

自分でデザインすることによって、自分好みのオリジナルTシャツが作れます。

そこで今回はオリジナルTシャツをデザインするときのコツや注意点、おすすめのデザインを紹介していきます。

オリジナルTシャツをデザインするときのコツを知ろう

良いデザインのオリジナルTシャツを作るためには、コツを知っておくのが重要になります。

ここではオリジナルTシャツをデザインするときのコツを5個紹介します。

テーマを決めよう

何も考えずにデザインを始めても、良いものに仕上がる可能性は低いです。

オリジナルTシャツをデザインするときにはテーマを決めておくのが重要になります。

テーマを決めることでデザインの方針が決まるというメリットがあります。

フォント選びは重要なポイント

Tシャツに文字を入れる場合は、フォント選びも重要になります。

同じ内容でもゴシック体で書く場合と、明朝体で書く場合では相手に与える印象が異なります。

画像や文字の大きさを考えよう

画像や文字の大きさを変えることでも、相手に与える印象は変わります。

画像をアピールしたい場合は、文字よりも画像の方が大きく見えるように調整するのが良いでしょう。

ターゲットに合わせることも重要

商品の宣伝を目的にオリジナルTシャツをデザインするときは、どの層をターゲットにしているかを考えておきましょう。

例えば女性をターゲットにした場合は、可愛らしさや美しさを重視したデザインが好ましいです。

使う色によって与える影響が違う

色の選択も重要なポイントです。

暖色系と寒色系では人に与える影響が異なります。

例えば冷静さが求められる職場で、自作のオリジナルTシャツを着るのであれば、落ち着かせる効果が期待できる青色を選ぶのが良いと言えます。

オリジナルTシャツをデザインするときに注意すべきこと

何も考えずにデザインしていると、失敗するケースやトラブルに巻き込まれるケースがあります。

そのような事態を回避するために、ここではオリジナルTシャツをデザインするときの注意点を5個紹介します。

著作権の侵害には注意しよう

絵や写真を権利者の許可なしにオリジナルTシャツのデザインに使用するのは、著作権の侵害になるため注意が必要です。

権利者の許可なく、人気のキャラクターをデザインに使用することも著作権の侵害になります。

肖像権にも注意が必要

有名人の画像を使ってオリジナルTシャツを作りたいという方もいるかもしれません。

しかし、有名人の画像も権利者の許可なく使用してしまうと、肖像権の侵害になってしまうため注意が必要です。

詰め込み過ぎないことが重要

オリジナルTシャツをデザインするときには、詰め込み過ぎに注意するのが重要です。

デザインに使用する画像や文字が多すぎると、情報が多すぎて魅力のないデザインになってしまいます。

画像のサイズに注意しよう

画像を挿入する場合は、画像のサイズに注意しておきましょう。

元の画像サイズが小さい場合、Tシャツのサイズに合うように画像を調整することがあります。

しかし、小さいものを大きくしてしまうと画像が粗くなる可能性が高いです。

デザインの配置にも注意が必要

例えばポロシャツにデザインする場合は、表面のデザインの配置に気を付ける必要があります。

デザインの配置が上部に偏ってしまうと、ボタンの位置と重なり、デザインが潰れてしまう可能性があるでしょう。

参考にしよう!オリジナルTシャツのデザイン10選

オリジナルTシャツを作成したいと考えていても、どのようなデザインが良いかが分からなければ作り始めるのは難しいでしょう。

そのような方に向けて、ここではオリジナルTシャツのデザインを10個紹介していきます。

白色の文字が目立つ!文字がメインのTシャツ

赤色のTシャツに白色で文字が書かれているのが、印象的なデザインです。

表面の左胸の辺りにはロゴが入り、背面には文章が書かれています。

手書きの文字をカメラで撮影してから、パソコンに取り込んで背景透過を行い、画像を挿入して作成しています。

犬のモノクロ写真が印象的!犬のTシャツ

犬の写真をモノクロ風に加工して、オシャレなTシャツに仕上げています。

Tシャツの色が黒色なので、白色で描かれた犬が目立ちやすくなっているのが良いポイントだと言えます。

ウサギが可愛い!キックボクシングのTシャツ

ウサギがボクシンググローブを身につけているのが、このデザインの魅力的なポイントでしょう。

自分で描いたウサギのイラストを中央に配置して、その下にテキスト機能で文字を入れるだけで簡単に作れます。

手書きの文字がオシャレ!手書きTシャツ

マジックペンを使って自分で文字を書いているのが、このデザインの特徴になります。

一色ではなく複数の色を使うことで、文字を目立ちやすくしているのが良いところだと言えます。

ハート柄が可愛い!ハート柄Tシャツ

様々な色のハートマークが描かれているのが、このデザインの魅力です。

自作サイトのスタンプ機能を使えば、簡単にハート柄のTシャツが作れます。

子どもの写真をハートマークの中に入れているのも、可愛らしいポイントでしょう。

絞り染めでオシャレなデザインに仕上げる!絞り染めTシャツ

絞り染めで作られた茶色と黄緑色のオリジナルTシャツです。

Tシャツの絞り方によって、染めたときの模様が異なるのが面白いポイントだと言えます。

アイデア次第でオリジナリティーの高い作品になるでしょう。

吹き出しの中に文字が入っているのが印象的!吹き出しTシャツ

表面の中央に文字入りの吹き出しがあるのが、印象的なデザインになります。

裏面には大人が2人の子どもと手を繋いでいるイラストが描かれています。

自作サイトのスタンプ機能とテキスト機能、画像挿入を駆使して作られています。

街で撮影した写真でオリジナルの作品を作る!風景Tシャツ

街中で座っている人に許可を得て撮影した写真をTシャツのデザインに使用しています。

写真を加工することで、よりオシャレなデザインに仕上がっています。

写真をTシャツにプリントアウトするだけなので、簡単に作れます。

画像の組み合わせでオシャレなデザインが作れる!グラフィカルTシャツ

パソコンの中にある画像データを組み合わせて、グラフィカルなデザインに仕上げています。

画像の組み合わせによってデザインの印象が異なるのが、面白いポイントでしょう。

クレヨンや絵の具で自分だけのデザインを描こう!自作イラストTシャツ

無地のTシャツにクレヨンや絵の具を使って、オリジナルのデザインを描いています。

虹や青空といったデザインが明るい印象を与えてくれるでしょう。

緑色で手の形を描いているのも、このデザインの魅力的な部分です。

スマホラボを使えばオリジナルTシャツも作れる!

今回紹介したデザインするときのコツや注意点を確認しながら、オリジナルTシャツを作成してみましょう。

スマホラボではオリジナルスマホケースを作成するのがメインになっていますが、オリジナルTシャツの作成も行えます。

スマホラボのデザインエディターを使えば、画像の挿入やテキストの入力ができるため、オリジナルのデザインが作りやすいでしょう。

自分のアイデア次第では、世界に1つだけのオリジナルTシャツを作ることもできます。

こちらの記事も読まれています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA