投稿日:

【副業にもぴったり】ハンドメイドで稼ごう!メルカリで自作作品を売る方法

メルカリで自作作品を売りたい!と考えている方も多いのではないでしょうか。そこでメルカリで自作作品を売る方法をご紹介します。

自作作品ってどんなものをいうの?

メルカリでも自作作品の販売は可能です。では自作作品とはどんなものをいうのでしょうか。メルカリで良く販売されている自作作品をご紹介します。

アクセサリー

ヘアアクセサリー、ピアス、イヤリングなどのアクセサリー類は人気のジャンルです。ピアスやイヤリングの場合、同じデザインでどちらか選べるのが融通の利く自作作品の良いポイントです。

また金属アレルギーの方でも着用できる樹脂製のアクセサリーも人気が集まっています。

ヘアアクセサリーはシュシュやヘアゴムなど、大人用から子供用まで幅広く人気です。まとめ売りにしても人気の出る商品です。

子供用の習い事バッグ

メルカリは主婦の方も多く利用しているので、子供用の商品も人気です。子供用の習い事バッグは手作り感が欲しい方も多いので、自作商品は良く売れる傾向にあります。

また体操着売れやお弁当用の巾着など入園・入学用のグッズも人気です。こちらも入園・入学時期にまとめ売りするとセットで購入してもらいやすいです。

スマホケース・スマホリング

自作作品のスマホケースやスマホリングも人気です。シンプルなものから華やかなもの、個性的なものなどさまざまな種類のものが販売されています。

スマホケースやスマホリングは年間通して安定的に売れる商品ですが、新機種発表時や進学・就職時などにも多く売れる傾向にあります。

またあまりケースが市販されていないマイナーな機種に絞って販売している方もいます。

スマホケースやスマホリングは部分オーダーもおすすめ

一から全て制作するのは難しいという方に人気なのが部分オーダーです。Web上からデザインをオーダーしてオリジナルスマホケースを作る方法です。おすすめのサイトは「スマホラボ」で、1個から手帳型や全面印刷型のスマホケースやスマホリングを作れます。

メルカリで自作作品を売る方法

せっかく作った自作作品だから多くの人に見てもらいたいですよね。ここではどんな売り方をすれば良いのかご紹介します。

売れ筋の作品をサーチする

自作作品で稼ぎたいと思ったら、まずは売れ筋の自作商品をチェックしましょう。多く出品されている自作作品を見極めて、それを狙って制作していきましょう。

自分の好きなものを売る

楽しく長く自作作品を売り続けたいなら、自分の好きなものを極めるのもおすすめです。好きな作品であれば楽しくさまざまな作品を作り続けられるからです。

アカウントごとにテーマを決めて制作し、出品していけば固定ファンも付きやすくなります。

出品する時期や時間帯に気を配る

メルカリでは仕事終わりでひと息つく21~22時や、主婦が落ち着く昼過ぎが閲覧するのが多い時間帯とされています。

メルカリは新着順に表示されるので、この時間帯を狙って出品すれば多くの人の目に触れることができます。

また商品によっては出品する時期にも気を配りましょう。入学・入園グッズなどは春に必要になるので年明けを目安に出品しましょう。スマホケースなどは新機種発表後にできるだけ早く対応すれば、それだけ売れやすくなります。

写真に気を配る

利用者の目に一番に入るのは商品の写真です。そのため特に写真には気を配りましょう。明るく分かりやすい写真を選びます。

背景にも気を配りましょう。背景が汚ければそれだけ購買意欲を削いでしまうからです。また明るい小物などを添えると印象に残りやすくなります。

さらに加工アプリなどを利用して写真を明るくしたり、文字を入れたりすると他の商品と差別化できておすすめです。ただしあまり加工しすぎると、実物とちがうとクレームが来てしまいかねませんので気を付けましょう。

自作作品は著作権に気を付けよう!

ハンドメイド作品で気を付けたいのが著作権です。市販されている布でも、既存のキャラクターなどが載っているものは著作権侵害になりかねません。またキャラクターが載っていないものでも「商用利用不可」に布生地は多くあります。

ただしブランドや生地メーカーによって商用利用の範囲はさまざまです。布を用いたハンドメイド作品を販売する場合は、事前に著作権に関して確認しておくのがおすすめです。

著作権違反となるものの例

布作品以外でも著作権違反のなるものが以下のようなものがあります。

  • インターネット上に公開されている写真を素材としてデザインしたものを販売
  • 二次利用が禁止されているイラストを使って作成したTシャツなどの作品を販売する
  • 人気漫画家のイラストの色を勝手に変えて販売する

などは全て著作権違反に該当します。

商標権にも気を付ける

商標権も知的財産権の一つです。具体的には企業名や商品名などの文字やロゴ、立体造形物なども商標権の対象です。

人気のブランドのロゴに似せたものを使ったり、ブランドのタグを付けたりするのは全て商標権違反になりますので気を付けましょう。

まとめ

メルカリで自作作品を販売する際のコツや気を付けることなどをご紹介しました。メルカリでは簡単に出品でき、自作作品も人気なのでぜひ販売してみてください。

こちらの記事も読まれています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA