投稿日:

【売れ筋商品は?】メルカリで自作作品って売れるの?売るコツはコレ!

メルカリではアクセサリーや子供用グッズなど自作作品が人気です。しかしただ出品しているだけでは売れないことも。今回の記事ではメルカリで自作作品を売るコツなどをご紹介します。

メルカリで自作作品って売れるの?

メルカリは利用者の多い大手フリマアプリです。たくさんの商品が出品されている中、自作作品がメルカリで「本当に売れるのだろうか」と不安になる方も多いのではないでしょうか。

しかし心配はありません。メルカリでも自作商品は多く販売されており、人気を博しています。

それでも他の商品と同じく、ただ出品しているだけではなかなか売れないケースもあります。売れるようにするには、メルカリ内で人気の商品を見極めましょう。また写真や商品説明文など出品の際に行いたいコツもあります。それらを詳しくご紹介します。

売れる自作作品はコレ!

メルカリで売れやすい自作作品にはどんなものがあるのかご紹介します。

トートバッグ

自作商品のバッグでは、サブバッグとして使えるトートバッグが人気です。自作の良い点は個性的なデザインのものや、豊富なサイズを作れる点です。

特にサブバッグとして使える軽くたくさん入るサイズのものが良く売れる傾向にあります。

またジムなどに行く際のシューズバッグや、マザーズバッグ、レッスンバッグなども売れやすい商品とされます。

スマホケース・スマホリング

華やかなものから、可愛い系のもの、個性的なデザインのものまで幅広く売れるのがスマホケースです。一年中安定して売れる商品なので、副業にも向いています。

またスマホを固定する際に使うスマホリングなども人気です。スマホリングは市販のものはシンプルなデザインが多いので、可愛いものや面白い形のものが人気となっているようです。

スマホケースやスマホリングは業者にオーダーする方法もあり

手帳型やプリントしてケースなど一から自分で作るのが大変なスマホケースやスマホリングは、業者に制作を依頼する方法もあります。

スマホラボ」なら、オリジナルのデザインをホームページ上から入稿するだけで、スマホケースやスマホリングを作れます。手帳型や全面印刷型などさまざまな形のものが作れるのも特徴です。1個から制作可能なので、試作にもぴったりです。

ぬいぐるみ用の小物

人形やぬいぐるみ用の洋服や小物、アクセサリーなども人気の自作商品です。人形やぬいぐるみ用の服はなかなか市販されていませんので、自作の商品に人気が集まっています。

季節ごとに着せ替える方も多いため、セット販売もされています。

子供用の入園・入学グッズ

体操服入れ、上履き入れ、習い事用のバッグなど、入園・入学する子供は揃えなくてはいけないものがたくさんあります。そのため手作りされた自作商品を購入する方も多いのです。

必要なものをセットにした商品も購入されやすいです。

ポーチなどの小物類

女性は必ずといっていいほどひとつは持っているポーチ。自作ならではの可愛いデザインや、個性的なデザイン、ティッシュが入るようになっているなど一工夫されてものが人気です。

大きさをいくつか作っておくと選んで購入してもらいやすいです。

またティッシュカバーやタバコケースなどの小物類も売れやすい商品とされています。

アクセサリー

ピアスやイヤリング、シュシュなどのヘアアクセアサリーなどは、利用者が気軽に購入できる商品です。価格帯も数百円から数千円まで幅広く、デザインをしたり、アクセサリーを作ったりするのが好きな方には特におすすめです。

パーツも小さいので、自宅でも大きなスペースがいらず、スキマ時間を使って作成できます。単品はもちろん、まとめ売りもおすすめです。

自作作品を売る時のコツ

メルカリには日々たくさんの商品が出品されるので、ただ出品するだけでは利用者の目に留まりにくい場合もあります。そこで自作作品を売れるようにするためのコツをいくつかご紹介します。

価格を適正なものにする

初めて出品する時には似たような商品を見て、どのような価格がつけられているか調べておきましょう。いくつか見ると商品の適正価格が分かるようになります。また他のフリマアプリやオークションなどを見て調べるのもおすすめです。

少し余裕が出てきたら、相場より少しだけ安くしたり、値下げ交渉に応じたりすれば売れやすくなります。

説明文を見直す

利用者の多くは説明文を見て購入を決めます。そのため説明文が数行しか書かれていなかったり、何に使うのかいまいちよく分からなかったりする物は買おうと思わないのではないでしょうか。

説明文を見直し「自分だったらこう書かれていたら買いたい」という文にすれば、利用者にも情報が伝わりやすいでしょう。

商品カテゴリは適正か確認する

初心者が陥りがちなミスとして、商品カテゴリが間違っていることがあります。カテゴリが間違っているため閲覧数が少なく、売れないという可能性もあるので、一度確認してみましょう。

まとめ

メルカリで商品が売れるにはただ出品するだけでなく、ある程度工夫する必要があります。「なかなか売れない」とお悩みの方は、一度説明文や価格を見直してみてはいかがでしょうか。

こちらの記事も読まれています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA