投稿日:

スマホカバーを手作りするなら手帳型!アレンジ&手作りの方法をレクチャー

他の人とかぶらないスマホカバーが欲しいなら手作りがおすすめです。今回は手帳型スマホカバーの作り方やアレンジ方法をご紹介します。

手帳型がアレンジと手作りに向く理由

スマホカバーにはさまざまなタイプがありますが、その中でもアレンジと手作りに向いているのが手帳型です。

手帳型はスマホを覆う構造なので、表面積が大きく、アレンジがとても映えます。片面だけのスマホカバーだと裏面にしからデザインを施せませんが、手帳型なら大胆なアレンジを施せるのも魅力です。

多少ズレていても大丈夫

初めて手作りやアレンジをする場合「スマホのサイズに合わなかったらどうしよう」と不安になる方も多いのではないでしょうか。

手帳型ならはめ込み式のケースのようにきっちりしていなくても使えるので、気軽に手作りできます。

また手帳型を手作りする場合、中にはめ込み式ケースを入れることが多いため、周りがズレていてもスマホをきっちり納められます。

手帳型スマホカバーのアレンジ案

一からスマホカバーを手作りするのは大変ですので、ハンドメイド初心者の方はまずはアレンジから始めてみましょう。

材料は100円ショップでも手に入りますので、手軽に始められます。ではアレンジ方法をいくつかご紹介します。

ラインストーンやステッカー等を貼る

ステッカーは簡単に貼ることができるので、初心者の方にもおすすめの方法です。好きな色のスマホケースにステッカーを貼るだけでも、オリジナルスマホカバーの完成です。

ラインストーンを貼れば、キラキラと輝くスマホカバーができます。ラインストーンは100円ショップでも手に入るため、手軽に始めやすい素材です。

絵を描く

絵が好きな方は、スマホカバーに直接絵を描く方法もあります。油性ペン、アクリル絵の具、マニキュアなど画材は好きなものを使いましょう。ペンを使う場合は、ブラスチックにも使えるものを選ぶのがおすすめです。

また絵が消えないように、絵の上からコーティングを施すと耐久性が上がるのでおすすめです。トップコートやニス、ラッカークリアスプレーなどでコーティングしましょう。

UVレジンを使う

UVレジンとは「紫外線硬化樹脂」のことを指します。紫外線に当たると硬化する性質を持っており、スマホカバーのアレンジやアクセサリー作りなどで多く使われています。

UVレジン液は100円ショップや手芸店、通販サイトなどで購入できます。

押し花、金属、紙、プラスチック、タイルなど幅広い素材に使えるので、スマホカバーのアレンジにもぴったりです。

硬化させる方法は太陽光に当てる方法のほか、UVライトを使う方法があります。後者の方が早く固めることができるので、レジンを始めようと思う方は持っておいて損はないでしょう。

手帳型スマホケースを完全自作する方法

アレンジに慣れてきたら、次は一からスマホカバーを手作りしてみてはいかがでしょうか。

手帳型スマホカバーを完全に自作する方法としては、以下の方法などがあります。

クラフトレザー

スマホカバーの定番素材である革を使う方法です。慣れてくれば市販品と変わらないクオリティのものが作れます。革は丈夫で使う内に表情を変えるので、長く楽しめるのも魅力です。

初心者のためのクラフトレザーキットなども販売されていますので、一から道具を揃えたい方はそちらを利用するのもおすすめです。

ペーパークラフト

スマホカバーと言えば、革やプラスチック、ラバーなどを思い浮かべますが、実は紙を使ってカバーを作ることもできます。

厚手の紙でなくても、包装紙くらいの薄い紙でも可能なので、手軽にチャレンジできます。種類が豊富で安価なので、気分でカバーを変えられるのが魅力です。

ニット

寒い冬におすすめなのが、毛糸を使ったスマホカバーです。編み方によってはまるでニットを着せているかのようなキュートな仕上がりになります。

毛糸の色やモチーフの組み合わせは無限大なので、「編み物が好き」「他の人とかぶらない自分だけのスマホカバーが欲しい」という方にぴったりです。

意外と簡単!業者に頼んでオリジナルスマホカバーを作る

自宅で手作りする方法のほかに、業者に注文してスマホカバーを作る方法もあります。

「業者」と聞くと、「お店の人がやるものでは?」と思ってしまいますが、最近では個人で利用できる業者も増えています。

またアプリからでもオリジナルスマホカバーを作れるので、パソコンが無くても簡単に作れるようになりました。

1個から注文を受け付けている業者も多いので、「自分がデザインしたクオリティの高いスマホカバーが欲しい」方におすすめです。

「スマホラボ」なら業界最安値でスマホカバーが作れる

スマホラボは、1個から誰でも簡単にスマホカバーが作れるサイトです。ホームページ上から好きなデザインを入稿するだけで、手軽にオリジナルスマホカバーが作れます。

手帳型だけでなく、全面印刷型、表面印刷型など、好みやデザインによってカバータイプを選べるのも特徴です。

まとめ

スマホカバーを手作りする方法をご紹介しました。ぜひ世界にひとつだけのオリジナルスマホカバーを作ってみてはいかがでしょうか。

こちらの記事も読まれています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA