投稿日:

意外と知らない?飛行機に持ち込めるモバイルバッテリー

意外と知らない?飛行機に持ち込めるモバイルバッテリー

旅行先に持って行けばいつでもスマホやタブレットを充電できるモバイルバッテリーはお出かけの際に大変役に立つアイテムです。しかし、意外と知られていないのですが、飛行機に持ち込めるモバイルバッテリーの規格は国内線・国外線の違いはあるものの厳格に定められています。規格外のモバイルバッテリーをスーツケースに入れて機内に持ち込もうとすると、X線検査で発見されて没収されてしまう可能性があるので注意が必要です。今回は、飛行機に持ち込めるモバイルバッテリーについて紹介したいと思います。

モバイルバッテリーは危険物?

飛行機へのモバイルバッテリーの持ち込みにルールがあるのはどうしてでしょうか?それは、モバイルバッテリーの多くに使われているリチウムイオン電池に理由があります。リチウムイオン電池は小型な上に寿命が長いのでモバイルバッテリー以外にもノートパソコンのバッテリーとしても広く使われています。ただし、リチウムイオン電池には過充電や衝撃に弱いという特徴があり、発熱や発火、爆発を引き起こす危険性があります。このため、一定の容量を超えるモバイルバッテリーの飛行機への持ち込みは規制されていて、持ち込む場合も貨物室に積むのではなく客室へ持ち込む必要があります。これは、万が一モバイルバッテリーに異変があった場合、客室であればすぐに消火等の対応をすることが可能だからです。

飛行機に持ち込めるモバイルバッテリーの規格とは?

リチウムイオン電池には発熱や発火といったトラブルを引き起こす可能性があり、このことから飛行機にモバイルバッテリーを持ち込む際には次のようなルールが設定されています。まず、日本の国内線の場合には100Wh以下であれば無制限ですが、100Wh~160Whのものは2個まで、160Whを超えるものは客室内であっても持ち込むことはできません。また、国際線では日本以上に厳しい規制を設定しているケースがあるので、海外旅行の際には事前に調べておくことをおすすめします。さて、持ち込みルールの線引きとなる100Whや160Whというのはモバイルバッテリーのスペックに掲載されているmAhに換算するとどれぐらいなのでしょうか?計算すると、100Whでは約27000mAh、160Whなら約43000mAhということになります。国内で手に入るモバイルバッテリーでは「SimPretty HighClassモバイルバッテリー 45000mAh」や「aceyoonモバイルバッテリー 50000mAh」などは持ち込み自体が不可ですので、普段から大容量タイプのモバイルバッテリーを使っている方は注意する必要があります。

スマホラボのオリジナルモバイルバッテリーなら持ち込みOK!

旅先で自分だけのオリジナルモバイルバッテリーを使いたいという方は、スマホラボでデザインしてみませんか?スマホから画像やイメージを送るだけで無料でデザインを作成しますので、誰でもカンタンにオリジナルモバイルバッテリーを制作することができます。スマホラボで取り扱っているモバイルバッテリーは容量も4000mAhですので、飛行機にも問題なく持ち込めます。4000mAhといってもiPhone7なら2回分、一般的なスマホなら少なくとも1回以上はフル充電可能ですのでモバイルバッテリーとして必要なスペックも充分満たしています。

いかがでしたでしょうか?今回は、意外と知られていない飛行機へのモバイルバッテリーの持ち込みについてのルールを紹介しました。モバイルバッテリーの容量によって無制限に持ち込めるもの、2個まで持ち込めるもの、持ち込み不可なものがありますので普段から大容量のモバイルバッテリーを使っている方は別に購入する必要があるかも知れません。これから飛行機に持ち込むためのモバイルバッテリーを購入するという方は、スマホラボのオリジナルモバイルバッテリーの作成も検討してみてくださいね。

モバイルバッテリー作るならスマホラボ!1個から 写真送るだけでOK デザイン無料

オリジナルスマホケースラボ、略してスマホラボはスマホケースやモバイルバッテリー、スマホリングといったオリジナルグッズを1個からオリジナルデザインで作れちゃうサイトです!しかも日本で唯一プロのデザイナーによるデザイン作成を完全無料でサポートしています。 作りたい写真やイメージをフォームに投稿すればあっという間にオリジナルモバイルバッテリーやグッズが作れるのでぜひ利用してみてください。


オリジナルスマホケースラボTOPページ スマホラボのモバイルバッテリーの特徴を見る
コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です