投稿日:

おしゃれ女子も必読!自分だけのかわいいスマホケースを作ろう

スマートフォンは今や数多くの人々が所有し、使わない日はないのではないかと思われるほどの必需品となっています。

そのように日常生活にとって必要不可欠な存在といっても過言ではないスマートフォンを、長くきれいに使い続けるために重要なものがスマホケースの存在です。

スマホケースを市販のものではなく、オリジナルで作成する方法を紹介します。

市販のスマホケースではなんか物足りない!

スマホケースは、スマートフォンを利用しているほとんどの人々が利用しているでしょう。

多くは家電量販店などにおいて販売されている市販のスマホケースを利用しているでしょう。

市販のスマホケースは単色ものが多く、多種多様なデザインが印刷されているものは少ないです。

スマホケースに求めるものが、スマートフォンの保護だけであるならば、市販のスマホケースで満足できるでしょうが、おしゃれなものや自分の趣味を反映させたい場合には市販のスマホケースで物足りなくなります。

かわいいスマホケースは気分も盛り上がる

スマートフォンは日常的に使うもので、人の目にも入りやすいものです。

そのためスマホケースもかわいいデザインのものやかっこいいデザインのものなどオリジナリティのあふれているものを持ちたいと感じる人も多くいます。

そのような場合には、スマホケースのデザインを自分で制作してみるのも一つの方法です。

スマホケースをオリジナルで作成すれば、自分の趣味を反映させることができて、かわいらしくもかっこよくも、そして奇抜なデザインにすることもできます。

さらに、安価にオリジナルスマホケースは制作できるので、いくつか作ってその日の気分によってスマホのデザインを変えることも可能です。

スマホケースひとつだけで、気分も盛り上がることもあるでしょう。

スマホケースを自分でアレンジするには?

オリジナルのスマホケースが欲しいと思ってもどのようにすればよいのかわからないといった人も多いでしょう。

しかし、難しく考える必要はありません。

オリジナルのスマホケースは、自分でも安価に作成することが可能です。

様々な道具を用意すればそれだけオリジナリティあふれるデザインとなります。

オリジナルスマホケースの道具は、基本的にほとんど100円均一ショップで揃えることができます。

スマホケース自体も100円均一ショップで購入できるので、材料の準備に困ることはありません。

オリジナルスマホケースを作る一番簡単な方法

もっとも簡単な方法は、紙をスマートフォンとスマホケースの間に挟むという方法です。

透明なスマホケースを用意して、自分の好きな風景やペットの写真、好きなイラストなどの切り抜きなどを挟み込むだけで完成します。

その日の気分に合わせて中に挟む紙を変えることもできます。

また、マスキングテープを好きなデザインに貼り付けてアレンジするという方法もあります。

マスキングテープの種類は多種多様にあるので、かわいいデザインも自由自在です。

絵に自信がある人は、油性ペンを購入してイラストを描いてもよいでしょう。

少しこだわってかわいいスマホケースを作る方法

より工夫がしたい場合には、接着剤や両面テープでビーズなどを貼り付けるという方法もあります。

カラービーズやポンポンなどといったDIY用のアイテムを素材に合わせて接着剤や両面テープを選んでくっつければ、ある程度立体的で自分だけのオリジナルスマホケースになります。

UVレジンなどを活用すれば押し花などをきれいなままスマホケースに取り付けることができるので、オリジナルデザインのかわいいスマホケースが完成です。

粘土で自分の好きな形を造形してもよいでしょう。

スマホケースそのものを自作する

このほか、より自分だけのオリジナルのかわいいスマホケースを作りたいならば、スマホケース自体を自作する方法もあります。

レザーや布を使用すれば、使う分だけ味わい深くなるスマホケースが完成です。

レザーや布の色やデザイン・触感を自分で選ぶことができるので、かわいい、かつ使い勝手の良いスマホケースも簡単です。

難しいように感じますが、型紙を取り寄せることも簡単にできるので、比較的難しくはありません。

オリジナルスマホケースの制作を依頼する

オリジナルのかわいいスマホケースを作りたくても、自分で作る自信がない場合は、専門店へと依頼することも可能です。

スマホケースに何らかのデザインの印刷を施すことを専門に扱っている専門店は複数あり、これらを活用すれば簡単にオリジナルデザインのスマホケースを制作することができます。

すでに保有しているスマホケースを持ち込んで印刷することができる専門店もありますが、スマホケースの購入とともに印刷を依頼するというケースが多いです。

専門店では、印刷することが基本なので、様々なデザインや模様も印刷できますが、何らかの部品を取り付けて立体的なデザインとすることは難しいでしょう。

その点ではUVレジンや粘土を使って自分で制作する方が、立体的なデザインにしやすいです。

デザインは自由にアレンジできる

印刷するだけでも、そのデザインは多種多様にアレンジ可能です。

片面の印刷もできれば両面の印刷もでき、側面の印刷までできるので、隅々までこだわりを持たせることができます。

近年ではスマートフォン自体のカラーバリエーションが豊富になってきているので、透明なスマホケースの一部に印刷を施して、スマートフォンの色合いを楽しみながらスマホケースを楽しむことができるようになっています。

かわいいデザインの種類も豊富で、淡い水彩柄で女性らしさを印象付けることもできれば、キャラクターの印刷もでき、和柄で鮮やかで気品のあるかわいいを表現することも北欧デザインのすっきりとしたかわいいデザインも印刷可能です。

スマホケースの形自体も、スマートフォンの形に沿ったもの以外にも手帳型のスマホケースを依頼することもできます。

手帳型のスマホケースでは、レザーでも布でも好きなデザインを印刷して作ることができるほかに、カードポケットやマグネット式ストラップ、ミラー付きケースなどといったうれしい機能もついています。

専門店に依頼するときの流れとは?

オリジナルのかわいいデザインのスマホケースの制作を依頼する場合、おおよその流れがあります。

まず、専門店に依頼を送ります。

店舗で用意しているデザインを組み合わせて自分でデザインを作ったり、あるいは自分でデザインを持ち込んだり、といったようにデザイン自体を依頼することができる仕様が多いです。

デザインを選んだならば、完成イメージを確認して、費用を支払うと印刷が開始されます。

完成品が送られてくるので、確認して完了です。

すべてインターネット上でできるので簡単です。

まとめ

かわいいスマホケースが欲しいならば、市販のものだけでなく自分で作って楽しむこともできます。

雑誌や写真の切り抜きやマスキングテープで簡単に作ることもできれば、UVレジンや粘土、布やレザーを使ってこだわることも可能です。

また、オリジナルスマホケース制作の専門店へと依頼する方法もあります。

細かな要望にも応えてくれるので、満足のいく仕上がりになるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です