投稿日:

【初心者向け】自作スマホケースの作り方と失敗しないコツ

最近、スマホケースを美しく自作して、インスタグラムに投稿する人達が増えています。

今やスマホは生活に欠かせないグッズになっており、大事に使用するためにスマホケースで守る人々も多く、携帯グッズ会社からも様々なスマホケースが売り出されています。

スマホケースを自作すれば、スマホを使用するのも楽しくなりますし、自分を表現することも出来ます。

あなたも自分らしいスマホケースを自作してみませんか?

スマホケースを簡単に自作するならこの方法で!

スマホケースを自作したいと思った時に、最初に考えるのは費用の事ではないでしょうか。

やはり最初は自作の方法も知りませんし、幾らかかるのかも気になるところです。

そこでまず、手軽にスマホケースを自作する方法をご紹介しましょう。

土台となるスマホケースを用意する

スマホケースを手作りする場合、土台となるケースが必要になります。

使用しているスマホがiPhoneなら、プラスチック製のケースがいろいろと100円均一などで販売されているので、それを土台に使用することが出来ます。

特にクリアケースは自作のスマホケースにうってつけです。

Androidスマホを使用しているなら、量販店などで安いケースを購入して土台に使用します。

土台となるケースが手に入ったら、次は飾り付けです。

デコパージュ液を使用して作る

絵心が無いとか、手先が不器用だからとあきらめる必要はありません。

比較的簡単に作れて、しかも見栄え良く完成出来る方法があるのです。

デコパージュ液を使用するのがその方法で、これも最近は100均で手に入ります。

デコパージュ液と仕上げ液が必要になりますので、両方購入しましょう。

このデコパージュ液というのは、気に入ったデザインの紙を切り抜いて、土台となるスマホケースに貼る事が出来るというものです。

これなら自分で絵を描く必要が無いので、手軽に作成する事が可能です。

デコパージュ液を塗るための筆も準備しておきましょう。

デコパージュ液を使った作成方法

作成方法はまず、気に入ったデザインの紙を用意します。

この紙は薄い方が良いので、やはり100均で手に入るナプキンなどがおすすめです。

このナプキンを薄く剥がしておきます。

土台のスマホケースに万遍なくデコパージュ液を塗り、用意した薄い紙を貼ります。

充分に乾いたら、最後に仕上げ液をこれも均等に万遍なく塗ります。

これでそんなにお金をかけずに、世界で一つだけのスマホケースが出来上がります。

さらに手をかけてスマホケースを自作するならこういった方法も

先ほどは手軽にスマホケースを自作する方法をご紹介しました。

ここではさらに手の込んだ、自作スマホケースの作成方法を見ていきましょう。

マニュキアでイラストや文字を手書きする

一番シンプルな方法は、透明なスマホケースに自分でイラストや文字を手書きするやり方です。

絵心がある方はぜひ挑戦してみて下さい。

絵具としてはマニュキアが使えます。

最近はマニュキアにもいろいろな色やラメ入りの商品が出ているので、自分の好みに塗る事が可能です。

塗り終わった後は、先ほどのデコパージュ仕上げ液を上から塗って完成です。

UVレジンを使って飾り付ける

また、クラフトショップや100均で売っているUVレジンを使って飾り付けるのもおすすめです。

作成方法は、まずスマホケースにレジン液を均等に塗ります。

その上に気に入った薄い素材を並べます。

次に、UVライトをあてて硬化させます。

このUVライトは各種出ているので、自分が使いやすいと感じたものを購入しておきましょう。

1度UVライトを当てたら、またレジン液を塗ります。

その上から今度は違う素材を重ねるのも良いでしょう。

ここはアイデア勝負の場面なので、いろいろな素材を試してみるのもおすすめです。

重ね終わったら、再度UVライトを当てて完成です。

この方法には詳しい解説本や、作成例がのった本が出ていますので、それらを見るのも参考になります。

スマホケースの素材から作成する

さらに高度に自作するなら、スマホケースの素材から作成する方法もあります。

例えば布や厚手の紙を使用したスマホケースです。

これらの素材を使用して手帳型のスマホケースを自作し、インスタグラムに投稿するのも静かなブームになっています。

可愛いスマホケースから、美しくアイデアにあふれたスマホケースまで、自分の想像力次第でいろいろなスマホケースを自作する事が出来るのがとても魅力的なところです。

いろいろチャレンジしてスマホケースを自作しよう!

ここまで自分で作成するスマホケースの作り方を見てきました。

これなら出来ると思ったなら、さっそく自作してみましょう。

どのような方法も、何度か試しているうちに慣れてくるものです。

安い素材を使用して、いろいろチャレンジしてみましょう。

きっと自分独自のスマホケースが出来上がることでしょう。

デザインのアイデアは浮かぶけれど自作するのが難しいなら専門店に頼んでみよう

仕上がりに完璧を求めたり、やはり自作するのは無理だと思うのなら、オリジナルスマホケース専門店に相談する手もあります。

インターネット経由で自分のデザインアイデアを送り、完成品を手に入れる事も出来るので、良いアイデアは有るけれども自作に踏み切れないなら頼ってみる事をおすすめします。

様々なタイプの中から、好きなスマホケースタイプを選び、自分で用意した写真素材を添付するだけで完成するので、とても簡単にオリジナルスマホケースが手に入ります。

もちろんいくらかの手数料はかかりますが、それだけのものが出来上がります。

スマホケースを自作するとデザイナーの気分が味わえる

自分でスマホケースの作成に挑み、いろいろと試行錯誤するのは楽しいものです。

自作しているうちに、アイデアが次から次へと浮かんでくるので楽しさも倍加します。

安い費用でスマホケースを自作するのはデザイナーの気分も味わえますし、スマホにもさらに愛着が増すでしょう。

そこでもし、もっと良い仕上がりの自分だけのスマホケースが欲しくなったら、専門店の扉を叩いてみましょう。

自作のスマホケースで自分をアピールしましょう

自分でスマホケースを作成する簡単な方法から、ちょっと高度な方法まで見てきました。

もし手作りするのが大変なら、専門店に相談するのも良い方法です。

どちらにせよ、完成するのは世界にふたつと無い自分だけのスマホケースです。

大勢の人が持っているスマホですが、自作のスマホケースならとても目立ちます。

世界にたったひとつの自慢のスマホケースを自作して、大いに自分をアピールしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です