投稿日:

使い込むごとに味がでる。革でスマホケースを手作りしよう

革製のスマホケースには独特の味があります。また使い込むごとに風合いが変わって素敵ですよね。そんな革製のスマホケースは手作りも可能です。

今回は革製のスマホケースの作り方をご紹介します。

革でもスマホケースが手作りできる

革製のスマホケースは丈夫で、独特の風合いが素敵です。そのため幅広い年齢層の方に愛されています。

そんな革製のスマホケースはお店で買うしかないと思っていませんか?お店のものも素敵ですが、気に入った色合いのものがなかったり、自分の機種が対応していなかったりすることもあります。

そんな時は革のスマホケースを手作りしてみましょう。革なので少し縫い方にコツがいりますが、型紙さえしっかりしていれば意外と簡単に作れます

では革製のスマホケースの作り方をご紹介します。

革を使ったスマホケースの作り方

スマホケースのデザインを考える

まずはどんなスマホケースにするかデザインを考えましょう。内側にポケットを作るのか、革は一色にするのか、どんな色にするのかなど、自分が好きなデザインを考えます。

初めて作る場合はあまり凝りすぎると大変なので、少しこだわりの部分を入れるくらいにするのがおすすめです。

型紙を作成する

手作りの革のスマホケースで大事なのが型紙です。これがしっかりしていないと、形が崩れぴったりしたスマホケースになりません。

まずはスマホの機種に合ったケースを購入します。ハードケースの方がソフトケースより相性が良いのでおすすめです。

  1. 厚紙の上にケースを置き、上下5ミリほど余白を取りながら線を引いていきます。手帳型なので折りたためるように、本体はケース2個分です。
  2. ポケットやケースを留めるためのベルトも作るなら別に型紙を作りましょう。
  3. 型紙を切ったらケースを置いて実際に折りたためるかどうか試します。

革を切る

次は型紙を元に革を切っていきます。革はホームセンター、手芸用品店、通販などで販売されています。初めて作る場合は実際に手に取って革の質感や厚さを確認するのがおすすめです。

型紙を革に置いてカッターなどで裁断します。直線は定規などを置くと切りやすいです。初めて革を切った人は切断面が荒いことが気になりますが、この部分は後で整えるので問題ありません。

ポケット部分を作るなら大きめに切った方が貼り付けやすいです。

縫うための穴を開ける

革の縁から約3ミリの部分に菱目打ちで穴を開けます。線を引いてから穴を開けていくとズレにくくなります。

縫うのではなく接着剤で付けて作る場合はこの作業はいりません。

そしてベルトを留めるためのバネホックの凸パーツを付けます。

内側のポケットを付ける

スマホケースの内側にポケットを接着剤で付けます。そしてはみ出した部分を裁断します。この方が端までしっかりぴったりくっつきます。

縫う場合は内側のポケットには菱目打ちで穴を開けていきましょう。

縫い合わせる

穴を開けたら革を塗っていきます。この時に縫い糸は革に合わせてお好みで選びましょう。 革を縫うための専用の針を使うと縫いやすいです。

本体が縫い終わったら、ベルトを接着し、菱目打ちして縫いつけます。ベルトを付ける前には実際にケースに挟んでベルトの締まり具合を確認するのがおすすめです。

縫うのではなく接着剤で付ける場合は、革用のものを使って付けます。ベルト部分も一緒にくっつけましょう。

カメラ穴を開ける

ケースを接着する前にカメラ穴を開けます。ケースを置いてカメラ穴をなぞりながら線を引きます。そこをカッターやポンチ、彫刻刀などを使って穴を開けていきます。

カメラ穴が開いたらそれに沿ってケースを接着しましょう。

コバを磨いて完成

コバを磨くとは切断面のガタガタした部分をやすりなどで削ってキレイにすることです。最初は粗目のやすりで削って、徐々に細かいやすりに変えていきます。

最後に仕上げ材などを使うとさらにキレイに仕上がります。

プレゼントにもおすすめ

手作りのスマホケースは好みや機種によって好きにデザインできるのがポイントです。そのため自分用としてはもちろんプレゼント用としてもおすすめです。

デザインを印刷してもらう方法も

革製のケースを全て手作りするのも素敵ですが、「一から作るのはハードルが高い」と悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

そんな方におすすめなのが「スマホラボ」です。スマホラボならデザインを送るだけで、缶革製のスマホケースが作れます。お気に入りのデザインや画像を使えば、世界にひとつだけのスマホケースが作れるのもポイントです。

デザインはホームページ上から専用のソフトで作れるので、デザインをしたことのない人でも簡単に作れます。

全て手作りするのが不安な方は、自分用にもプレゼントにもおすすめの「スマホラボ」の革製手業型ケースを試してみてはいかがでしょうか。

まとめ

革製のスマホケースの作り方をご紹介しました。革製と聞くとハードルが高いイメージがありますが、型紙をしっかり作ればそれほど難しくはありません。

ぜひ一度手作りを試してみてはいかがでしょうか。

こちらの記事も読まれています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA