投稿日:

型紙を使って本格的な手作りケースを!手帳型スマホケースの作り方

自分だけのケースを作ってみたい!と、思っている方も多いのではないでしょうか。
そこで今回は型紙を使った手帳型スマホケースの作り方をご紹介します。

まずスマホケースの型紙を作る

手帳型ケースを作る時は型紙を使うと失敗しにくくなります。まずはスマホを型紙の上において型紙を作ります。

型紙はスマホの大きさよりプラス5㎜程度大きくしておきましょう。折りたたんで背になる部分は1.5㎝ほど幅を取ります。カメラ穴の位置も忘れないように書き込んでおきましょう
後から分かりにくくなると思った場合は、先にくりぬいておくのもおすすめです。

手帳の内側にカードポケットを作る場合はその型紙を作ります。

布とミシンを使って形を作る

布を切る

好きな布の上に型紙を置いて、鉛筆で転写します。縫い代用に約1㎝の幅を加えてからカットしましょう。

内側、外側、カードポケット用にそれぞれカットします。

布を縫っていく

布にアイロンをかけてから布を縫い合わせていきます。カードポケットがある場合は、カードを入れる部分にステッチを入れると丈夫に仕上がります。次に中表にして片側を縫い合わせていきます。

次に外側の部分を縫っていきます。カードポケット部分を内側に入れてマチ針でとじたら、カードポケットの部分ごと周りをぐるっと縫い合わせます。

カメラ穴を開ける

表に布を変えるとプラケースを置いて、カメラ部分に穴を開けます。そして厚紙を入れて残りの部分を縫い合わせていきます。

最後にケースを貼り合わせて完成!

最後にプラケースを接着剤で貼り合わせて完成です。強力な両面テープを使用するのもおすすめです。

参考サイトURL:https://suemari.com/report/r180403.html

接着剤で作成する方法も

厚紙に接着剤を縫って作る方法もあります。

最初に厚紙全体に接着剤を塗り、外側の布に貼り付けます。縫い代部分も接着剤を塗って貼り付けたら乾くまでいったんクリップなどで固定しておきます。

乾いたら表の布と裏の布をさらに接着剤で貼り合わせます。固定用のベルトがある場合はここに挟みこみましょう。

表側はこのままでも大丈夫ですが、より丈夫にした場合はミシンでぐるりと一周縫います。

スマホを固定する部分はプラケースでもいいですが、他の機種でも使いたい場合はスライドパーツを利用するのがおすすめです。

デコパージュする

手帳型のカバーの柄に飽きてきたらデコパージュをするのもすすめです。

手帳型スマホケースの外側に筆でデコパージュ液を塗り、好きな柄のペーパーナプキンを貼り付けます。ふちの部分も内側に折り込むようにして処理します。
つまようじなどを利用すると処理しやすいです。

カメラ部分はカッターなどで切り取りましょう。デザインナイフを利用すると切りやすいです。

乾いたら仕上げにトップコートを塗ることで強度を増すことができます。

またマスキングテープやレジン、スタッズなどを貼り付けることで、一味違った手帳型ケースにリメイクすることもできます。

クリアファイルを使って型紙を作る

型紙は厚紙だけでなくクリアファイルでも作ることができます。

布用ボンドだけで手軽にリーズナブルに作ることができるので、ぜひチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

クリアファイルは引いた線が見えやすいので、ハンドメイド初心者の方にぴったりです。

作り方

【用意するもの】

  • クリアケース
  • クリアファイル
  • 好きな生地
  • 布用ボンド
  • ハサミやカッター
  • 定規

【作業方法】

  1. クリアファイルの上にスマホケースを置いて、ペンで周りをなぞります。表、裏、背表紙の厚さを決めてそれぞれ書き込みます。
  2. クリアファイルをカッターで切り取ります。真ん中の背の部分にはカッターで切れ目を入れることで折りやすくなります。
  3. 布の上にクリアファイルを置いて印をつけまよう。折りしろを約1㎝取るのを忘れないようにします。後で折り返すため、下にもうひとつ同じ大きさの印をつけましょう。
  4. クリアファイルと布にカメラ用の穴を開けたら、クリアファイルを折り目の中に入れて布用のボンドで布を貼り合わせていきます。
  5. 折りしろは低温アイロンなどを使うとしっかり折れます。
  6. 下の部分を真ん中で折り、しっかり貼り付けます。最後にクリアケースをしっかり貼り付けたら完成です。

参考サイトURL:http://murasakitoaoinoue.hatenablog.com/entry/2016/06/22/%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%82%A2%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%AB%E3%81%A7%E7%B0%A1%E5%8D%98%EF%BC%81%E6%89%8B%E5%B8%B3%E5%9E%8B%E3%82%B9%E3%83%9E%E3%83%9B%E3%82%B1%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%81%AE_5

オリジナルのデザインで手帳型ケースが作れる

100%手作りも良いけれど次は本格的な手帳型ケースを作りたいと思ったら「スマホラボ」がおすすめです。

iPhoneとandroid用の2つの種類が用意されており、個人用はもちろん、ライブなどのイベント用に作るのもおすすめです。

1個からでもWebから簡単に申し込めるのが特徴です。カードポケットやマグネット式開閉、ストラップを付けることが可能で、本格的な手帳型ケースが作れます。

自分がデザインした本格的なスマホケースが欲しい場合は一度試してみてはいかがでしょうか。

まとめ

型紙を使った作る本格的な手帳型スマホケースの作り方をご紹介しました。型紙さえサイズを合わせてしっかり作れば初めての方でも簡単に作れるので、ぜひチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

こちらの記事も読まれています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA