投稿日:

オリジナル手帳型スマホケースの簡単な手作り方法と手帳型スマホケースのアイデア例

毎日使うスマホはスマホケースでしっかりと守りたいものです。

スマホケースはオリジナリティを存分に発揮することができるアイテムであり、様々なデザインがあるほか、ハンドメイドで自作する人もいます。

手作りの方法を知っていれば、古くなったスマホケースのリメイクにも役立ち非常に便利です。

今回は、オリジナル手帳型スマホケースの作り方について紹介します。

手帳型スマホケースの作り方・アレンジの仕方

市販のスマホケースだけでは物足りないと感じる場合には、オーダーメイドするか、ハンドメイドで手作りするか、あるいは市販品をアレンジして自作のものへと変えるという方法があります。

これらの方法を知っていれば、リメイクにも役立つので、簡単なものから試してみてください。

切り貼りする!デコパージュアレンジ方法

【用意するもの/必要なもの】

  • 転写シール
  • マスキングテープ
  • はさみ、カッター
  • デコパージュ液

【作り方/作成手順】

  1. マスキングテープ、転写シール、シール、ナプキンを用意します
  2. 貼る前にデザインを考えてスマホケースの上に重ねてみて確認します
  3. デコパージュ液で実際に貼れば完成です

【作成時のポイント/注意点】

転写シールは余裕をもって裁断するのがおすすめです。

汚れや傷を隠すように貼れば、リメイクにもつながります。

スマホケース全体に貼る!リメイクシートの活用

【用意するもの/必要なもの】

  • リメイクシート
  • カッター

【作り方/作成手順】

  1. 厚さが薄いリメイクシートを用意します
  2. リメイクシートを手帳型スマホケースの一回り大きいサイズで裁断します
  3. 角部分がしわにならないように切り込みを入れながらスマホケースに貼り付けます

【作成時のポイント/注意点】

リメイクシートは、できるだけ薄いものを選ばないと、硬くさわり心地が悪いです。

スマホケースをきれいにしないと埃の流入やよれの原因になります。

リメイクシート以外でも、好きな柄の布や紙などを接着剤で貼ることもできます。

針も糸も必要ない!ワッペンのアレンジ

【用意するもの/必要なもの】

  • ワッペン
  • 布用接着剤

【作り方/作成手順】

  1. 穴ふさぎ用のワッペンを購入するか、フェルト生地を使用してワッペンを作成します
  2. デザインを考えてワッペンや布の位置を決めます
  3. ワッペンの裏側に布用接着剤を塗り貼り付けます

【作成時のポイント/注意点】

ワッペンのほかに、小物やビーズを代用することができます。

この場合はUVレジン液などを使用するときれいに仕上がります。

自作イラストを描く!UVレジン液で作る手帳型スマホケース

【用意するもの/必要なもの】

  • UVレジン液
  • 染料
  • マスキングテープ

【作り方/作成手順】

  1. UVレジン液に染料を混ぜて、必要な数のレジン液を作ります
  2. マスキングテープを貼って不必要な部分にレジン液が広がることを防ぎつつ、レジン液を垂らしてつまようじやヘラなどで絵を描きます
  3. 色分けをしてから小物などを貼り付けて、完成です

【作成時のポイント/注意点】

色の区切りをはっきりさせる場合には、レジンが乾いてから次の作業に移ります。

逆にマーブル模様を作る際には半乾きで作ってもいいです。

小物を使うと質が上がります。

切って縫う!レザークラフトの手帳型スマホケース

【用意するもの/必要なもの】

  • 接着剤
  • はんだごて

【作り方/作成手順】

  1. 革を手帳型スマホケースの形に裁断し、接着剤で貼り付けながら、縫い付けます
  2. はんだごてで模様を描きます
  3. クリアスマホケースを貼り付けて完成です

【作成時のポイント/注意点】

革の種類によってさまざま風味が変わります。

革以外にも厚紙や布を使用しても作ることも可能です。

手作りしたオリジナル手帳型スマホケースのデザイン案

オリジナル手帳型スマホケースを手作りしたいと考えても、どのようなデザインならばハンドメイドできるのか、あるいはどのようなデザインが良いのかわからないという人は多いです。

そのような場合には、今まで様々な人々が作ってきた自作スマホケースのデザインを参考にすることをおすすめします。

クールとかわいさの同居!デニムのアレンジ

使い古したデニム生地を使用してスマホケースを包みこみ、ポケット部分を上から貼りつけた手帳型スマホケースです。

デニム生地はクールな印象がありつつもかわいらしい印象になります。

ポケット部分がアクセントになります。

色とりどり!様々な布をつぎはぎした手帳型スマホケース

厚紙で型を作り、その上から様々な色・模様の布をつないでつけた手帳型スマホケースです。

完全自作のハンドメイド作品で、強度は市販品よりも劣りますが、オリジナリティは溢れています。

色とりどりの布を使用しており、美しく華やかな見た目です。

ふわふわ!手袋で作ったくまさんのスマホケース

ふわふわのくまのぬいぐるみのような手帳型スマホケースです。

作り方も簡単で、接着芯や布で手帳型スマホケースの型を作り、上からふわふわで茶色の手袋を裁断してくまさんをかたどり接着剤で貼り付ければ完成します。

テディーベアのようなかわいらしい仕上がりになります。

ファンタジー!レジンで色鮮やかなスマホケース

手帳型スマホケースの上部には赤の半透明の斑の模様を、下半分には青の半透明の斑の模様をつけ、小物アイテムを取り付けたスマホケースです。

UVレジン液の色合いや蝶をかたどった小物、猫のイラストなどがファンタジーな雰囲気を醸し出しています。

色鮮やか!ドライフラワーのスマホケース

色鮮やかなドライフラワーをUVレジン液で貼り付けて作った手帳型スマホケースです。

市販の白いスマホケースの上に、押し花やドライフラワーを好きに配置してからUVレジン液で固定するだけの簡単な作業で作ることができ、花の種類や配置によって様々デザインに変化させることができます。

渋い!革でできたスマホケース

革を裁断して、塗って作った革製の手帳型スマホケースです。

頑丈な革を使用しているので、スマホが傷つく心配も、革がよれる心配もありません。

使えば使うほど手になじみ、どんどん愛着がわいていく仕上がりになっています。

色も渋いです。

美麗!刺繍が美しいスマホケース

羽根をかたどった刺繍をスマホケース全体に施したものです。

白地のスマホケースに鮮やかな水色の刺繍糸がきれいに映えています。

市販のスマホケースに刺繍をすると生地が弱くなる可能性もありますが、刺繍した布で作ればきれいに仕上がります。

カラフル!ワッペン使ったアレンジ

単調な柄の手帳柄スマホケースに、様々なワッペンを取り付けたデザインのアレンジを施したものです。

ワッペンの種類によっては、雰囲気が大きく変わるので楽しむことができます。

ワッペンはアイロンで貼り付けるだけなので簡単に作ることができます。

驚き!財布を使ったリメイクスマホケース

古くなった愛用の長財布を、手帳型スマホケースにリメイクしたものです。

もともと長財布で頑丈なため、財布のデザインを活かしつつ外側に新たに手を加える必要はありません。

内側にクリアのスマホケースを貼り付けるだけでオリジナル手帳型スマホケースとすることができます。

和!畳のようなスマホケース

手帳型スマホケースの表面が、革や布ではなく、畳素材を使用して作られているものです。

畳のイグサの香りがしてくるようなケースであり、周囲も和柄でステッチされており、持っていて心地の良いスマホケースです。

デザインも特徴的でオリジナリティが溢れます。

オリジナルスマホケースラボでオーダーメイドする方法

自作ではなく業者に依頼してオーダーメイドする方法もありますが、何を準備してどのような流れになるのかわからずに不安になります。

オリジナルスマホケースラボを活用してのオーダーメイドの注文方法を順を追って説明します。

アイテムのカテゴリ選択

オーダーメイドできる業者の中には様々なグッズを扱っているので、その中からスマホケースを選びます。

また、スマホケースの中から手帳型のスマホケースなのか、ハードケースなのか、どのサイズなのかといったことを細かく選択します。

デザイン作成

業者のサイトにある専用エディタなどからデザインを作成します。

デザインテンプレートを使用できるものもあり、比較的簡単にデザインをすることが可能です。

あらかじめイラストソフトなどで作成している場合は、画像や写真のアップデートを行うことになるでしょう。

注文

作成したデザインがスマホケースに印刷された場合の完成予想図を確認したうえで、注文の個数、色合いなどを決定します。

発送先と代金の支払い方法を選択して注文が完了です。

指定の支払い方法で送金が完了したら、業者側でスマホケースの作成が始まります。

3日から2週間ほどで完成品が送られてくるので、不備がないかを確認して終了です。

オリジナルスマホケースラボを活用してオリジナル手帳型スマホケースを作ろう

スマホを包み込みしっかりと守る手帳型スマホケースは自作することができます。

材料をそろえて手作りすれば、リメイク方法も知ることができて、長く使い続けることができるでしょう。

完成度の高さを目指すのならば、オーダーメイドという方法もあります。

オリジナルスマホケースラボを活用すれば、デザインも簡単に手帳型スマホケースを作成することができるので、試してみてください。

こちらの記事も読まれています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA