投稿日:

オリジナルグッズがなかなか売れない!何がダメでどうすれば売れるようになる?

オリジナルグッズの販売を始めてみたものの、いまいち売上が振るわずがっかりしている人もいるでしょう。

そんなときには自分が販売しているオリジナルグッズが売れない原因を分析することが大切です。

原因を突き止めて改善すれば、売れるようになる可能性は十分にあります

ではよく見受けられる売れない原因について見ていきましょう。

なぜオリジナルグッズが売れないのか?商品に原因があるケース

まず販売しているオリジナルグッズが、本当に買いたくなるものなのかどうか見直してみましょう。

アイテム選びが良くない

オリジナルグッズの多くは日用品や雑貨類です。

購入する人は日用品や雑貨類が必要でどれを買おうか探していて、オリジナルグッズに行き着くケースが多いでしょう。

つまり、必要とする人があまり多くないオリジナルグッズは売れにくいということになります。

デザインが気に入っても使わない日用品や雑貨は買わないでしょう。

自分が販売しているオリジナルグッズが売れないのであれば、アイテム選びを変えてみると売れることもあります。

例えば、ステッカーなどはわざわざ購入する人はそう多くありません。

ノベルティグッズなどとして配るのにはいいかもしれませんが、販売用の商品には向かないでしょう。

よく使うのに売れにくいアイテムもある

普段使用するアイテムでも売れにくいアイテムがあります。

例えばノートです。

オリジナルグッズ販売では、製作費に利益を上乗せするでしょう。

そうするとどうしても1,000円程度の価格で販売することになってしまいます。

一般に市販されているノートと比べてかなり割高であるため、あまり買う人がいないのです。

デザインがありふれている

普段から誰でもよく使うようなアイテムでも売れないという人もいるかもしれません。

例えばスマホケースなら、ほとんど誰でも使うものであるため、アイテム選びが悪いということはありません。

スマホケースを購入する人は、複数のスマホケースを見てみてから、どれを購入するか決めます。

購入者から選んでもらうためには、まず目に留まらなければなりません。

あまりありふれたデザインのスマホケースだと、目に留まることなくスルーされている可能性が高いです。

目に留まったとしても、他の商品と見比べてみると、そちらの方が選ばれてしまうでしょう。

販売方法が原因で売れないケースもあり

素敵なオリジナルグッズだったとしても、販売方法が良くないと売れません。

では売れない販売方法の例を見ていきましょう。

商品名にインパクトがない

オリジナルグッズを販売するときには、商品名を付けなければなりません。

購入者は商品名を見て、商品ページへのリンクをクリックするため、商品名の重要度はかなり高いです。

商品名に関してあまり重要視せず、ありきたりな商品名を付けている場合には、それが売れない原因かもしれません。

商品の写真がいまいち

通販サイトなどで、サムネイル画像を見て興味を持ち、クリックしたという経験はないでしょうか。

商品の写真も商品名と並んで需要度が高いです。

商品の写真がいまいちといった場合や、そもそも何の画像なのかよく分かりにくい場合には、なかなかクリックしてもらえません。

販売サイトとターゲット層がマッチしていない

オリジナルグッズの販売サイトは、できるだけターゲット層を意識して選びましょう。

販売サイトとターゲット層がずれていると、その商品を欲しがっている人になかなか見てもらえません。

逆にその商品に関してあまり興味のない人の目にばかり映ってしまいます。

例えば若い女性向けのオリジナルグッズを、中年男性がメインユーザーの通販サイトで販売してもほとんど売れないでしょう。

その逆のパターンもあります。

オリジナルグッズが売れるようにするためにはどうすればいいのか

オリジナルグッズが売れない原因を把握したら、1つずつ改善していきましょう。

アイテム選びは、スマホ関連グッズの他にタブレットケースなども売れやすいです。

商品名は何のアイテムなのかはっきりと分かるものにしましょう。

スマホケースなら商品名の中にスマホケースという言葉を必ず入れます。

商品ページでは、その商品の魅力や特徴などを文章で説明しましょう。

そして商品画像はサムネイル画像で表示されることを前提に、縮小してもデザインが分かるようにして撮影するのが望ましいです。

こうした改善をするだけで、少しずつ売れるようになっていきます。

まとめ

自信満々でオリジナルグッズ販売を始めた人にとっては、ひどく落ち込んでしまうかもしれません。

しかし、めげずに冷静に原因を分析して改善していきましょう。

そしてデザインが上手く作れないならスマホラボがおすすめです。

スマホラボでは専用のエディタが利用できるので、誰でも簡単にデザインを作れます。

オリジナルの写真を加工するのも簡単です。

スマホラボでは取り扱っているアイテムの種類が豊富ですが、まずは定番のスマホケースから作ってみてください。

こちらの記事も読まれています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA