投稿日:

家にあるものでOK?日焼け止めとアイロンで作るオリジナルTシャツの作り方

Tシャツは1年中着まわせるので何枚持っていても重宝しますよね。

部屋着や普段着、イベントやライブなどTシャツを着る機会は多いです。

オリジナルTシャツは意外と簡単に自作することができるので、多くの方がハンドメイドに挑戦しています。

中でも日焼け止めを使った方法は特別な道具や材料を使わずに家にあるもので作ることができます。

日焼け止めを使ったオリジナルTシャツの作り方を詳しく紹介します。

目指せオンリーワン!どこにもないオリジナルTシャツの魅力とは?

Tシャツはイベントのグッズとしても定番のアイテムで、様々なシーンで販売されています。

デザイン次第ではTシャツ一枚でコーディネートが完成するのもTシャツの魅力の一つです。

Tシャツの難点としては数多く販売されているため、その中から自分の求めているデザインのTシャツを探すのが大変だという点です。

また人気のデザインは他の人とカブりやすくオリジナリティーを出しにくい点もあります。

自分の好きなデザインでTシャツを自作すれば、世界に一つだけのオリジナルTシャツを作ることができるのでオススメです。

オリジナルTシャツは注目度が高い!

どこにも売っていないという点でオリジナルTシャツは注目を集めることができます。

イベントやコンサートなどで好きなアイドルの名前を大きくプリントしたり、主張したいフレーズをプリントする方もいます。

オリジナルTシャツは着用している人が、そのTシャツを見た人へ様々なメッセージをアピールすることができるという特徴があります。

誰ともカブらないという点もオリジナルTシャツの良い点です。

イラストが得意な人は自分で描いたイラストをTシャツにするのもオススメです。

オリジナルTシャツは部活やサークルでも活躍!

お揃いのオリジナルTシャツを着ることで結束力やチームワークを高めることができます。

チーム名やスローガンなどをプリントしたTシャツをメンバー全員で着ると一体感が生まれます。

これは同じユニフォームを着用することで、自分がチームの一員であることを無意識のうちに自覚し自然と結束が高まるためです。

また試合や遠征の時などにもオリジナルTシャツを着ていれば、チームメートがどこにいるのかすぐにわかります。

特に試合会場での移動は他のチームもいるためはぐれることがありますが、Tシャツが目印になるので便利です。

オリジナルTシャツは思い入れが違う!

Tシャツは定番のワードローブですが、1枚を長く着続けるということはあまりしません。

Tシャツに限らず他の洋服でもそうですが、長く着用していると飽きてしまうことがあります。

その点、オリジナルTシャツは長く愛用する方が多いです。

Tシャツをハンドメイドすることで、自分だけの一点もののオリジナルを作ることができ愛着がわきます。

部活のTシャツやチームTシャツなども、それを着る機会が終わっても、そのまま愛用したり思い出の品として保管している方が多くいます。

それだけオリジナルTシャツには他の既製品にはない思い入れが生まれ、他のTシャツよりも大切にする傾向が強いです。

インスタでも人気!日焼け止めでオリジナルTシャツを自作

インスタグラムでもオリジナルTシャツを作った方が写真をアップしています。

オリジナルのデザインを使用することで、自分の思い通りのコーディネートを完成させることができます。

また去年の残りの日焼け止めを捨てずに活用できるのも無駄がなくていいですね。

用意するもの/必要なもの

  • 白いTシャツ
  • 日焼け止めクリーム
  • Tシャツにしたい図案(カラーコピーする)
  • アイロン
  • アイロン台

作り方/作成手順

  1. Tシャツにしたい図案をコピー用紙に反転させてカラーコピーする。
  2. 図案の表に日焼け止めクリームを塗る。
  3. Tシャツをアイロン台の上に乗せる。
  4. 1の図案を日焼け止めクリームを塗った方を下にしてTシャツに置く。
  5. 図案の上からアイロンをかける。
  6. 図案を端からゆっくり剥がす。

作る時のポイント

日焼け止めを使ってオリジナルTシャツを手作りする場合には、使用する材料や作り方にいくつかの注意点があります。

使用するTシャツは化学繊維(ポリエステル)のものは避けましょう。

アイロンをかけた際に熱で溶けてしまう可能性があります。

Tシャツの図案は左右逆になるので、文字などがある場合には反転させた原案を用意します。

この時、原案はカラーコピーを使用し、モノクロ印刷は使用しません。

日焼け止めは、ムラが出ないように満遍なく図案に塗ります。

できるだけ均一の厚さになるように日焼け止めを塗るのがコツです。

アイロンをかける時は押し当てるようにして、動かしながらかけないようにしてください。

参考動画

日焼け止めでオリジナルTシャツを作るメリットとは?

オリジナルTシャツを作る方法は、いくつかありますが、わざわざ日焼け止めを使って作るメリットはあるのでしょうか?日焼け止めでオリジナルTシャツを作るメリットについて紹介します。

誰でも作れて簡単!

日焼け止めを使った方法のメリットの一つは、作り方がとてもシンプルで簡単だということです。

Tシャツにプリントしたい図案を用意して、それに日焼け止めを塗ってアイロンで加熱するだけなので、手先が器用でない方やハンドメイド初心者でも簡単に作ることができます。

家にあるもので作れる!

特別な機械や材料を用意しなくても、家にあるものを活用してオリジナルTシャツが作れるというのも大きなメリットです。

例え足りない材料があったとしても、わざわざ画材店やホームセンターなどに材料を買いに行く必要もありません。

材料は手に入りやすいものばかりなので、ドラッグストアや100円ショップで材料を揃えることができます。

安くてすぐ作れる!

日焼け止めを使う方法は特別な材料や道具を準備しなくても良いので、オリジナルTシャツを作る費用も安くすみます。

なるべくコストをかけずに作りたい人には最適な方法です。

しかも、思い立った時にすぐに作ることができ完成まで時間がかからないというメリットも持っています。

プリント業者に発注した場合には手元に届くまで数日かかるので、急な要望にも対応することが可能です。

日焼け止めでオリジナルTシャツを作るデメリットとは?

日焼け止めで作るオリジナルTシャツは、たくさんのメリットを持っていますがデメリットはあるのでしょうか?日焼け止めでオリジナルTシャツを作るデメリットについて紹介します。

色が薄い!

日焼け止めでTシャツに図案をプリントする場合、くっきりとしたプリントにはなりません。

色は淡く、デザインもやや滲んだような仕上がりになります。

ぱきっとした仕上がりを期待していた人はがっかりするケースが多いです。

対処方法としては仕上がりの風合いを考慮してデザインを決定するのがオススメです。

レトロな雰囲気や優しい印象の写真やイラストを使用すると、いい味わいのTシャツにすることができます。

日焼け止めを準備する必要がある

女性は日焼け止めを常備している方が多いですが、男性は日焼けを気にしない方が多いため日焼け止めを持っていない場合が多いです。

その場合には日焼け止めを用意する必要があります。

ただTシャツ作りに使用する日焼け止めは特に成分などの指定はありませんので、安くて手に入りやすい日焼け止めを準備すれば大丈夫です。

やっぱり面倒!

どんなに簡単な方法でも材料を準備したり、いくつかの手順を踏んだりするのが面倒と感じる人はいます。

作業することが苦手な人にはハンドメイド自体が向いていないので、専門の業者にオリジナルTシャツを注文する方が合っています。

日焼け止めを使えばオリジナルTシャツが即完成!

日焼け止めを使用すればオリジナルTシャツを自作することができます。

時間や手間をかけずに、しかも安価でオリジナルTシャツを作ることができるためSNSでも人気の方法です。

ただとても色が薄く、くっきりとした仕上がりにはなりません。

もっとキレイに仕上げたい場合には、様々なオリジナルグッズを作れる「スマホラボ」がオススメです。

Tシャツ1枚からでも格安価格で簡単に注文することができます。

こちらの記事も読まれています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA