投稿日:

【売れるコツはコレ】ただ出品するだけじゃダメ!メルカリで利益を出す方法は?

「なかなかメルカリで利益が出ない」とお悩みの方も多いのではないでしょうか。そこでメルカリで利益を出すにはどうしたら良いのかをご紹介します。

メルカリ副業で利益は出せるの?

メルカリ副業はどのくらいの利益が出せるのでしょうか。結論を先にいってしまえば「人によって違う」ということです。

副業でどのくらい利益を出したいのか、どのくらいの時間を割けるのか、どんな商品を出品できるのかによって出る利益が違うからです。

そのため最初にどのくらいの利益を出したいのかを計算してから取り組むのがおすすめです。

特別な技術が必要ないのがメリット

メルカリの副業のメリットは、利益を出すのに特別な資格やスキルが必要ない点です。パソコンがなくてもスマホがあれば出品から購入者との取引を済ませることができます。

また自宅に居ながらにして作業ができるので、スキマ時間に副業できるのもメリットのひとつです。

メルカリで利益を出している人の特徴

メルカリでコンスタントに利益を出す人にはいくつかの特徴があります。これを全て満たす必要はありませんが、その特徴をいくつかご紹介します。

売れる商品を選定する

メルカリにはさまざまな商品が販売されています。そのとても多い種類の中から売れる商品を選んで出品しているのです。

売れる品も季節によって変わってくるので、まめにリサーチする必要があります。

売りやすい時期を見極める

たとえばハンドメイド品の入園・入学グッズの場合、準備は始める年明けごろから出品します。スマホケースなどであれば新機種発表後や入学・進学前の春が売れやすい時期をいえます。

利益を出すにはこのように商品が売れやすい時期を見極める必要があるのです。

再出品する

時間が経っても売れないものは再出品しましょう。メルカリは新しいものほど上に表示されるため、多くの人の目に触れやすいからです。時間があり、すぐに売りたい場合は1日に何回も再出品するという手段もあります。

これだけかかる!手数料に注意

メルカリはアプリを利用すること自体は無料です。どんな商品があるか確認するだけではお金はかかりません。

また出品自体も無料です。そのため「とりあえず出品してみよう」という方にはぴったりのアプリといえます。

しかし実際に購入者と取引をする際にはいくつか手数料がかかります。その手数料についてご紹介します。

販売手数料

メルカリは売れた価格がそのまま利益になるわけではありません。メルカリには手数料が設定されているので、それを差し引いた額が利益になります。

メルカリは取引が完了した時、売上金(またはメルペイ残高)の10%が販売手数料として差し引かれます。たとえば1,000円の商品が売れた場合、100円が手数料として差し引かれ、残りの900円が売上となります。

販売手数料は商品の情報を記載する時に、金額を確認できます。

振込手数料

売上は直接出品者の口座に振り込まれるのではなく、一旦メルカリ内にたまっていく仕組みです。そのためそれを現金として得るにはメルカリに振込依頼をする必要があります。

この時1万円未満で振込申請をおこなうと、210円の振込手数料がかかります。

そのため現金化する時は少なくとも1万円以上たまってから振込依頼をした方がお得です。

送料

商品の価格を送料込みにした場合、送料は出品者の負担となります。これはメルカリ側が支払う手数料ではありませんが、忘れがちな出費になります。

送料込みの価格にすると、売上は商品価格から販売手数料と送料を引いたものになります。

それを踏まえた価格設定にしましょう。

また発送方法によっては安く済む方法もあります。商品の大きさや価格によって発送方法を変えることで、比較的安い送料で荷物を送れます。

ある程度の利益が出たら確定申告を忘れずに

メルカリに限らず、副業である程度の利益が出たら確定申告する必要があります。その基準は以下のように設定されています。

給与所得がある場合:20万円以上の利益(所得)が生じた時 給与所得がない場合:38万円以上の利益(所得)が生じた時 メルカリの場合、これ以下の不用品を売却して得た収入は「譲渡所得」となり、所得税が課されることはありません。

ただし1点30万円以上の貴金属や美術品の売買で得た所得は所得税の課税対象になるので注意が必要です。

忘れずに確定申告をおこないましょう。

地方税の所得が必要な場合もある

確定申告が不要な場合でも、給与所得以外の所得があった場合、住民税などの地方税の申告が必要な場合もあります。

地域によって異なる場合がありますので、詳しくはお住まいの地域の税務署や税理士に相談しましょう。

まとめ

メルカリで利益を得るにはさまざまな工夫が必要です。不用品の売買ではなく、定期的に収入を得たい場合はハンドメイド品の販売に挑戦してみましょう。

初めての場合は、デザインを入力するだけで簡単にオリジナルデザインのスマホケースが作れる「スマホラボ」がおすすめです。スマホケースの他、スマホリングやモバイルバッテリーも作成できるので、試してみてはいかがでしょうか。

こちらの記事も読まれています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA