投稿日:

自作でオリジナルスマホカバーを作る方法やポイント、注意点について

スマホカバーは様々なデザインのものや形や素材が販売されていますが、なかなか自分の好みに合ったものが見つからないという人も少なくありません。

そこで自作でスマホカバーを作るという人たちが増えてきているようで、オリジナルスマホカバーの作成が話題を集めています。

そこで今回は、自作でスマホカバーを作る方法やポイントなどを紹介していきます。

自作でスマホカバーを作るメリットとは

自作でスマホカバーを作るメリットとしては、「自分だけのオリジナルスマホカバーが作れる」ところにあります。

家電量販店や携帯ショップに足を運べば様々な種類やデザインのスマホカバーは販売されているものの、機種によっては選べる種類やデザインが限定されてしまうことが少なくありません。

そのため、自分が使いたい種類やデザインのカバーが見つけられなかったり、気に入ったものがあっても自分のスマホには使えないというケースが多いようです。

そんな問題も自作してしまえば解決することができますし、何より自分だけのオリジナルの作品を作り出せるという満足感があります。

このため「ほかの人とデザインが被りたくない」という人や「自分だけのオリジナルを楽しみたい」という人にも人気を集めていて、自作する人が増えてきている傾向があると言います。

ほかにも百円均一のアイテムで手軽に作れることから、購入するよりも安くスマホカバーを手に入れることができるというメリットもあります。

自作スマホカバーの作り方

スマホカバーを自作する方法としてはいくつかあり、ステッカーやシールを使ったものやUVレジン・デコパージュなどを使ったもの、布や毛糸を使ったものなど様々なアイテムを利用して作られています。

ステッカー・シール

例えばステッカーやシールを使ったものの場合は、そのままスマホに貼り付けることもできますが、クリアケースの上から貼り付けることでカバーとしての強度も維持することができます。

また、ステッカーやシールをデコレーションタイプのものにして、その上からUVレジンをかけるだけで可愛らしいデコレーションスマホカバーを作り出すことも可能です。

UVレジン

UVレジンはハンドメイドアクセサリーの素材としても知られていて、クリアケースやシンプルなケースの上で押し花やデコレーションする素材を並べてから掛けるだけで簡単に固まります。

しかもUVレジンはそのままだと透明なのですがアクリル絵の具を混ぜ合わせると様々なカラーリングを楽しめますし、季節に合わせて様々な素材と組み合わせることができるため、着せ替えを楽しみやすいところが魅力です。

デコパージュ

そして、デコパージュの場合はペーパーナプキンをスマホカバーの大きさに切り、その上にデコパージュ液を塗るだけで簡単に自作のスマホカバーを作れます。

塗る時に写真やイラストなども利用できるほか、すぐにはがせるという特徴から着せ替えも容易にしやすくなっています。

布や毛糸で作るスマホカバーは型を取ればそれに合わせて加工していくだけですし、ハンドメイド作品のように編み込みでカバーを作ることも可能です。

こちらはよりオリジナルデザインを楽しめるところが魅力なので、編み物が得意という人はこちらで自作スマホカバーに挑戦してみるのもおすすめされています。

手作りキット

このように色々な素材を使って自作のスマホカバーを作る方法が挙げられていますが、中には自作スマホカバー用のキットも販売されています。

そのため自分で作りたいけれどもよくわからないという人は、手作りキットを利用してみるのもありです。

スマホカバーを自作する時のポイント

スマホカバーを自作する時の大切なポイントが、自分のスマホのサイズに合わせることです。

どんなにスマホカバーを自作してもスマホのサイズに合わなければ意味がないので、先に型を取って大きさや幅を確認しておく必要があります。

参考として市販されているスマホカバーのサイズを確認しておくことがおすすめされていて、被せるタイプと手帳タイプでは同じスマホサイズのものでも大きさが異なってくるので注意が必要です。

また、素材によっては水に弱いものやすぐに剥がれ落ちてしまうものなど、素材の特徴や弱点が色々あります。

クリアケースなど既製品を利用してデコレーションする時には、ケースになかなか張り付かないものなど相性も関係してくるので、その点にも注意しながら使用する素材を選ぶことが大切です。

自作スマホカバーの注意点

クリアケースなどを利用して自作する場合、ステッカーやシールであればそこまで重さはないものの、あまりデコレーションが過ぎるとスマホが熱を発散することができなくなる場合があります。

特に市販のスマホカバーにはスマホの熱を発散させたり必要な機能を維持するために隙間や穴を開けている部分がありますが、この部分を自作する際に塞いでしまうと、スマホの故障につながる可能性も指摘されているのです。

そのため、クリアケースにデコレーションをするのであれば、どこまで加工していいのか考えながら作業をします。

布や毛糸、レザー素材で一からスマホカバーを自作する時も、市販のスマホカバーがどのような部分に隙間や穴を作っているのか考慮する必要があります。

特に毛糸やレザー素材は熱を遮蔽する場合もあるため、スマホに熱がこもりやすくなる原因になってしまうことが考えられます。

自作スマホカバーは簡単に作れる

自作でスマホカバーを作るのは難しいと思われがちですが、市販されているクリアケースなどを利用すれば、デコレーションするだけで簡単に自作することができます。

より本格的に自作する場合でもハンドメイドアイテムを使えば手軽に作れるので、ポイントや注意点に気を付けながら自分だけのスマホカバーを作ることがおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です