投稿日:

ハンドメイドでスマホケースを作ってみよう!作り方・注意点・使える素材特集

スマートフォンで個性を出そうとしてスマホケースにオリジナリティを出す人も多くいます。

しかし、市販のスマホケースでは、なかなかオリジナリティのあるスマホケースを見つけることはできません。

そのような際には、いっそのことハンドメイドのスマホケースを作ることも可能です。

ハンドメイドでできるスマホケースの作り方を紹介します。

ハンドメイドのスマホケースの基本

ハンドメイドというと、はじめて作る人にとっては非常にハードルが高いもののように感じます。

しかし、スマホケースを自分で作ることは、作り方によってはそこまで難しいものではありません。

材料を購入するだけで特に工夫することなく自作することも可能です。

全て100均の材料で作成できる!

初心者でも自分の思った通りのスマホケースを「最もお手軽に作りたい!」という場合は、すべて100円均一の店舗で材料をそろえてハンドメイドのスマホケースを作ることもできます。

まず必要となるものが、ベースとなるスマホケースです。

スマートフォンのフォルムに沿った、シンプルなプラスチックや樹脂で作られたスマホケースは、100円均一ショップでも携帯ショップや家電量販店などでも販売しています。

これをひとつ購入しておけば、オリジナリティあふれるスマホケースを作成することができます。

超簡単!初心者でもハンドメイドのスマホケースを簡単に作る方法

オリジナルのハンドメイドスマホケースを作成する初心者ならば、最初は難しいものではなく、簡単な作業でできるものから作ることをお勧めします。

簡単な作業であっても、あからさまに自分で作ったもの・みすぼらしいものになるわけではありません。

おしゃれな紙

最も簡単に作りたい場合は、まず透明なスマホケースを用意し、そのスマホケースとスマートフォンの間に雑誌の切り抜きやデザインパターンなどの紙を挟み込むだけです。

これだけで完成するので非常にお手軽な方法です。

挟み込む紙はどんなものでも構いません。

好きなアイドルの写真でもアニメキャラクター、ペットの写真でもよければ、薄いものならば押し花であっても問題ありません。

多種多様に作れるので日替わりで気分によって変えることも可能です。

また、透明・単色のスマホケースに自分で直接絵や文字を描いたり、色を塗ったりする方法でも簡単にオリジナルスマホケースになります。

油性ペンを使ってカラフルに仕上げることもできます。

マニュキュア

マニュキュアと水を使えば、ハンドメイドとは思えないようなスマホケースも作ることが可能です。

お湯を張ったボールの中に好きな色のマニュキュアを数滴たらします。

串などで優しくかき混ぜて、スマホケースを浸すだけです。

軽く乾かして別の色を重ねたり、ブラックライトで光るマニュキュアを使えば、様々な色合いのマーブル模様が仕上がります。

模様が気に入らない場合には除光液で消し、仕上げにトップコートを塗って完成です。

シール・マスキングテープ

100円均一ショップでは、様々なシールやマスキングテープが売られています。

これらを使いオリジナルデザインを作り上げることも可能です。

はがすのも簡単なので、シールの種類によって和風やキラキラしたものを作り上げるほか、ネイルシールを貼り付けることもできます。

単純に自分の好きなものを接着剤や両面テープで貼り付けるという方法でもオリジナルハンドメイドスマホケースを作ることが可能です。

布素材やコルクシート、レースをはじめ、ポンポン、スタッズ、ラインストーンなどを貼り付けることができます。

まだ慣れないうちは、できるだけ平べったい素材が望ましいでしょう。

素材に応じて、接着剤やグルーガン、両面テープなどと工夫すれば、はがれにくいものに仕上がります。

UVレジン・粘土

オリジナルのハンドメイドスマホケースを作ることに慣れてきたのならば、少し工夫してみてもよいでしょう。

レジンや粘土を使用してスマホケースを作ってみると、よりハンドメイドを楽しむことができます。

UVレジンとは、ピアスやイヤリング、ブローチなどを手作りする際に使われる樹脂のことであり、赤外線のライトを使って硬化させるものです。

つやつやとした出来上がりになり、100円均一ショップでも購入できます。

薄いものを接着固定することができるので、切り紙や押し花を重ねて接着していけば、奥行きがあり重厚感のあるオリジナリティあふれるスマホケースが完成します。

樹脂粘土やプラスチック粘土、クラフト用の粘土を使用して、好きな造形を作り、色付け、ケースに接着・コーティングすれば、よりオリジナリティがあふれるスマホケースの完成です。

自分だけのデザインの造形を立体的に作ることもできます。

粘度造形をしてから貼り付けるのではなく、スマホケースに直接粘度を塗りつけて成型したり、彫刻する方法もあります。

上級者を目指すなら

基本のスマホケースを購入して、それらにアレンジするのではなく、スマホケースからハンドメイドで作ることができるようになったならば、上級者です。

布やレザーを使い、手帳型のスマホケースをハンドメイドすることもできます。

布を使えば、自分の好きな柄を使い、手触りにこだわることもでき、レザーを使えば柔軟で手触りよくなじむスマホケースになります。

使えば使うだけ手になじみ使いやすくなるうえに、スマホケースの形を自分でアレンジできるので、自分の使い方に合わせて使いやすいスマホケースの形へと変えることもできます。

スマホケースの型などは、ハンドメイドをする人のために様々な場所で公開されているので、それを利用すれば簡単に作成することができるでしょう。

ハンドメイドでスマホケースを作る際の注意点

ハンドメイドでスマホケースを作る際には、いくつか注意点があります。

それは接着強度であったり、凹凸の少なさなどもありますが、一番はスマートフォンのカメラレンズやフラッシュ周りに注意して作成するということです。

凹凸やふわふわとした素材を使用するとカメラレンズにかぶってしまう可能性があります。

また、ラインストーンなどをフラッシュ周りにつけてしまうと、光が反射してしまう可能性もあります。

これらの注意してハンドメイドを楽しむ必要があります。

困ったときは業者に相談!

ハンドメイドのスマホケースを作る方法は様々あります。

どうしても自分でうまく作ることができない場合は、印刷業者に依頼する方法もあります。

オリジナルだけならば、簡単にできるでしょう。

まとめ

スマートフォンはスマホケースでオリジナリティを出すことができます。

スマホケースをハンドメイドすると、世界で一つだけのスマホケースとなり、非常に魅力的です。

ハンドメイドは準備から簡単で、おおよその材料は100円均一ショップで集めることが可能です。

作り方もさほど難しいものではなく、初心者でも簡単にできるものが多いです。

様々な素材を活用してハンドメイドを楽しんでください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です