投稿日:

既製品に飽きたら、自分で作ってみよう!オリジナルコインケースの作り方をご紹介!

「可愛いコインケースを使いたいけど、あんまり可愛いものが売っていない…。」

このようにお悩みの方はいませんか?

コインケースは誰でもひとつは持っているものですよね。

ですが、既製品ではデザインが限られているため、なかなか自分が気にいるケースを見つけられない方も多いのではないでしょうか?

そんな方におすすめなのは、オリジナルのコインケースを自作する方法です。

オリジナルコインケース、どうやって作ればいいの?

コインケースを自作する方法は2つあります。

ひとつはデザインを自分で考えて、オリジナルグッズを作るウェブサイトを使って、小銭入れをオーダメイドする方法です。

もうひとつの方法は革や布を使って、一から自分でコインケースを作る方法ですね。

今回はこの方法に焦点を当てて、初心者でも簡単に作れるデザインのアイデアを10個ご紹介します!

お古のデニム生地で作る!おしゃれなコインケース

こちらはデニム生地を使ったファスナー付きのコインケースです。

まずデザイン通りに生地をカットしていきます。

生地はもう着ないデニムの生地を再利用しましょう。

生地をカットできたら、表面の生地と裏面の生地を縫い付けます。

ケースの形を整えたい場合は、この段階で厚紙を中に入れるといいでしょう。

ケースに膨らみを持たせるために、綿を生地の間に適量詰めます。

詰め物を詰め終わったら、生地を縫い付けて形を整えていきます。

最後にファスナーを付ければ完成です。

ビーズやストーンで作る!女性らしいキラキラケース

ビーズやストーンを使えば、女性らしい可愛いケースを簡単に作れちゃいますよ。

まずは二つ折りタイプのコインケースの作り方を簡単に説明します。

まず二つ折り型のケースは立体をイメージするのが難しいので、生地の展開図となる、あたりを付けていきます。

生地をカットしたら、それぞれのパーツを縫い付け、間に綿を入れます。

縫い終わったら、二つ折りの折り目をアイロンを使って付けていきます。

その後、お好みのデザインの止め金具を付けます。

接着剤を使っても大丈夫ですが、強度が気になる場合は縫い付けたほうがいいでしょう。

止め金具を付け終わったら、ビーズやストーンなどの光沢のある素材を接着剤で付けていきます。

細かい作業なのでピンセットを用いましょう。

レザーを使って大人のコインケースを手作りしよう!

レザーを使った二つ折りのコインケースです。

二つ折りの作り方は上で説明しましたね。

生地に当たりをつけて、各パーツを縫い付けていきます。

綿などを入れて、アイロンで折り目をしっかり付けていきます。

ここまでは布地で作るケースと作り方は一緒ですね。

唯一違うのは、金具をつける段階です。

レザーの場合は、専用の道具を使って生地に穴を開け、裏から金具を打ち付けていきます。

この工程は生地を傷めないように慎重に行いましょう。

ぜひお気に入りのレザー生地でケースを作ってみてくださいね。

レザーとビーズを使って作る!おしゃれ可愛いケース

二つ折りのレザーケースに可愛いビーズをあしらったケースです。

レザーケースの作り方は上で紹介した通りです。

ポイントはビーズを使ったアレンジとおしゃれな縫い目ですね。

止め金具の上に大きめのビーズやボタンを付ければ、可愛くアレンジできますよ。

ケースの周りを囲むように、縫い目を入れるとおしゃれなデザインに仕上がります。

糸の色はケースの色に合わせて選びましょう。

可愛い端切れや布で作れる!デザイン無限のおしゃれケース

ファスナーケースの作り方は先ほど紹介しました。

まずは端切れなどの可愛い布生地を用いたデザインを考えておきましょう。

デザインが固まれば、生地をカットしていきます。

この時、完成後に表面の布の柄がどのような位置に来るかしっかり考えておくことが大切です。

その後、裏面の生地を縫い付け、生地の間に綿を適量詰めて、ケース全体の形を整えていきます。

最後にファスナーを付ければ完成です。

写真のように、キャラクターの絵柄が描かれた生地を使うと可愛いですよ!

紐をつけてポーチのようにしても、可愛いらしいケースになります。

タッセルを付けて本格的なコインケースを作ろう!

レザーを使用したタッセル付きのケースです。

一般的な二つ折りケースの作り方と同じように作業を進めていきます。

デザインを決めてレザーをカットし、それぞれのパーツを縫い合わせます。

アイロンで折り目をつけた後に、好みの金具を付けていきます。

そして最後に布地の端にタッセルを縫い付ければ、完成です。

タッセルは手芸店や百均で手軽に購入できます。

写真のように上品なカラーで布とタッセルの色を合わせれば、よりおしゃれな仕上がりになりますよ。

ケースのデザインに合わせて、金具の形を選ぶようにしましょう。

ブランドグッズの生地を再利用!世界に一つだけのコインケース

手持ちのブランド物の中にもう使わないバッグなどはありませんか?

そんなブランド物を再利用してコインケースを作るのはいかがでしょう。

まずコインケースをどのような形にするか決めておきましょう。

デザインが決まれば、布地をカットして、縫い合わせる作業に入ります。

生地が硬いので、慎重にハサミで裁ちましょう。

その後、綿を詰めてファスナーをケースに縫い付ければ完成です。

せっかくのブランドの生地なので、傷つけないように慎重に作業を進めましょう。

四角くて可愛い!端切れを使った正方形ケース

こちらのケースは可愛らしい端切れを使ったコインケースです。

ポイントはケースの形が四角いことですね。

まず布をデザインに合わせて四角く、表面と裏面に合わせてカットしていきます。

カットした布を縫い合わせる際に、形が崩れないように正方形の厚紙を入れましょう。

布を縫い付けて、止め金具を付ければ完成です。

写真のように布地の雰囲気に合わせて止め金具をつけると可愛らしくなりますよ。

止め金具の代わりに大きなボタンやビーズを縫い付けてもいいかもしれませんね。

どんなデザインも再現できる!デコパージュで作る自分だけのケース

一からケースを自作するのではなく、既製品の無地のケースをアレンジしても可愛いケースが作れますよ。

無地の生地にデコパージュ液を均等になるように塗り、ペーパーナプキンなどの薄い紙を貼って、柄を転写させます。

仕上げにトップコートを塗れば、より長持ちしますよ!

デコパージュ液を使えば、どのような柄でもデザインに取り入れられます。

材料も百均などで簡単に手に入り、初心者でも簡単に挑戦できるのでおすすめですよ。

可愛いペットといつも一緒!オーダメイドで作るケース

こちらのケースは自作するのではなく、オーダーメイドするときに参考にしてほしいアイデアです。

自分のペットのお気に入りの一枚を使って、可愛いケースを作りたい方におすすめですよ。

オリジナルグッズを作れるサイトで写真をコインケースに印刷すれば、簡単に自分だけペットグッズが作れちゃいますよ。

自分用としても、もちろんおすすめですが、ペットを飼っている人へのプレゼントとしても喜ばれます!

コインケースをオーダーメイドするなら、スマホラボがおすすめ!

今回はオリジナルのコインケースを自作する方法を紹介しました。

気になったものがあれば、ぜひ一度挑戦してくださいね。

なかでもオーダーメイドで簡単にコインケースを自作したいという方におすすめなのが、スマホラボというサイトです。

このサイトでは簡単にデザインや写真などを印刷して、自分だけのコインケースをオーダーメイドできるんです。

コインケースを一から自作するのが難しい方には一番おすすめの方法です。

ぜひ参考にしてみてくださいね!

こちらの記事も読まれています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA