投稿日:

【初級者向け】簡単に作れちゃうから挑戦しよう!手作りiPhoneケースの作り方10選

ハンドメイド雑貨はとてもかわいいものが多く、マルシェなどでも大変人気がある商品です。

「自作してみたい!」と思ったことがある方も多いのではないでしょうか。

特に手作りのiPhoneケースは愛着も湧き、好きなデザインで作成できるので長く使用できます。

今ご使用のiPhoneケースがイマイチ気に入らないなんていう方にもおすすめですよ。

そんなハンドメイドアイデアの中でも、挑戦しやすい簡単なものを10個ご紹介します。

初心者でも安心な簡単ハンドメイドiPhoneケース

それでは実際にハンドメイドiPhoneケースの作り方を見ていきましょう。

100円均一の商品で作れるものも多く紹介しますので、コストも大きくかかりません。

また、一言に『ハンドメイド』といってもいろんな作り方や、雰囲気の出し方があります。

初心者の方でも手軽にチャレンジしてみてください。

きっとお気に召すアイテムを作る方法が見つかりますよ。

クリアケースに挟むだけ!スッテカーケース

こちらは、お気に入りのステッカーをクリアケースに挟んだ自作ケースアイデア。

クラフト用紙を名刺くらいの大きさにカットし、そこに好きなロゴシールやステッカーを貼ります。

なんとそれをクリアケースに挟むだけ!台紙としてクラフト用紙を使い、そこにシールを貼っているので、デザインがずれないところが良いですね。

台紙に使う紙は、和紙やメモ用紙、包装紙など、柄や素材にアレンジが利きそうです。

マスキングテープをぺたり!柄スマホケース

いつも使っているiPhoneケースがシンプルすぎるなら、マスキングテープをぺたぺた貼っちゃうアイデアもおすすめです。

今は100円均一ショップでもたくさんの種類のマスキングテープが売られているため、お好きなものを買ってきてデコレーションしましょう!

ライン状のまま貼ったり、三角や四角に切るのもかわいくておすすめです。

敢えてハサミを使わずに、手で千切ったものを貼るのもかわいいですよ。

また、飽きたら剥がせるのもマステアレンジの魅力のひとつですね。

プラバンを使って3Dキャラケース

ハンドメイド作品の中でも不動の人気を誇るのが『プラバン』です。

こちらも100円均一で購入できます。

好きな絵柄の上にプラバンを置き、油性ペンでなぞったら、トースターで焼き縮めます。

アクリル絵の具やマニキュアを使って彩色したものを、無地やクリアのiPhoneケースにペタリと接着!

こちらはグルーガンや瞬間接着剤を使うのがおすすめです。

ひと工夫するだけで、立体になり完成度もUPしますね。

好きなキャラクターをなぞって作成してみましょう。

ステッカーをぺたぺた貼っちゃう!ストリートデザインケース

お気に入りのステッカーやシールを直接ぺたぺた貼るのもとても簡単でおすすめなアイデア。

上手に絵が描けない、ハサミを使うのも苦手…そんな不器用さんでもあっという間に完成してしまいます。

好きなシールを貼るだけ…といっても貼り方やデザインは無限大。

ゴツゴツしたメンズっぽいケースにロゴシールを多くチョイスすると、流行りのストリート系のデザインにできます。

アレンジの幅も無限大です。

イラストが得意な方は描いちゃいましょう!イラストケース

イラストが得意だという方は、直接クリアケースに描いてしまうという方法もあります。

この時のポイントは、イラストをクリアケースの裏側に描き、彩色すること。

ニスやトップコートを塗らなくでも、外側がツルっと仕上がりますよ。

主線は油性マジック、着色はアクリル絵の具がおすすめです。

スマホリングも接着すると、出来栄えに磨きがかかりますね。

ショップバッグの新しい使い方!ショップ風ケース

こちらは、人気のドリンクショップ『スターバックスコーヒー』のショップバッグを切ってクリアケースに挟んだものです。

お買い物をしたときに商品を入れてくれるショップバッグは、かわいいデザインも多くついつい置いておいてしまうという方も多いのではないでしょうか。

「溜まっていく一方!」とお困りの場合、スマホサイズにカットしたショップバッグを挟んでしまうという大胆デザインもいいですね。

ロゴ部分をふんだんに使うとさらにインスタ映え効果もUPしますよ。

ちょちょっと彩色!アクリル絵の具ペインターケース

イラストが描けなくても、アクリル絵の具をちょちょっと彩色するだけでかわいらしいデザインのケースも作ることができます。

かすれ気味になるように絵の具を乗せて、ホログラムを置き、トップコートでコーティングするだけ。

クリアケースにすると、とても爽やかでかわいくアレンジできます。

色を3色以内で選んでペイントすると、まとまりが出てオシャレに仕上がりますよ。

布の手触りもよし!テキスタイルケース

生地屋さんで見つけたかわいいハギレ、お気に入りだったけどサイズアウトしたワンピース…。

気に入った布がある場合は、100円均一のiPhoneケースに貼ってしまい、テキスタイルがかわいい布のケースにするのはいかがでしょうか?

木工用ボンドを使うと意外とよくくっつき、長持ちしてくれますよ。

お気に入りのチャームをペタリ!シンプルケース

こちらは、リボンやビンテージボタン・ネックレストップになるチャームなど、こまごましたかわいいアイテムを瞬間接着剤でクリアiPhoneケース貼り付けるアレンジアイデアです。

使わなくなったネックレスからチャームだけ取ったりして接着してしまうのもリユースできて、とてもいいですね。

3~4つくらいで縦に配置するのが、インスタ映えポイントです。

マニキュアを使う!ラメラメケース

ラメのマニキュアを使えば、流行りのホログラムやラメのデザインのケースが簡単に手作りできます。

100円均一のクリアケースの裏側からマニキュアを塗りましょう。

何色か重ねたり、ホログラムやスパンコールを入れるのもおすすめです。

しっかり乾かしてから使ってくださいね。

ハンドメイドiPhoneケースは意外と簡単!

敷居が高そうなハンドメイドケースも、工夫次第でとても簡単に作ることができます。

紹介した作り方に挑戦し、自信がついた方は「スマホラボ」などのオリジナルアイテム作成サイトを使って、iPhoneケースを作ってみるのもおすすめです。

雑貨屋さんで売っているような完成度のiPhoneケースがオリジナルデザインで作成できますよ。

ぜひ、検討してみてくださいね。

こちらの記事も読まれています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA