投稿日:

【初級者向け】誰にでも簡単・お手軽に作ることができる手作りスマホケースの作り方

毎日使うものであるからこそ、自分だけの個性的なスマホケースを使いたいものです。

しかし、市販のスマホケースを購入しても、いまいちデザインが気に入らないこともあれば、どうしてもほかの人と被ってしまうということは間々あります。

そのような際に役立つのがハンドメイドのスマホケースです。

手作りスマホケースの作成方法について紹介します。

初心者でも簡単に作ることができるスマホケース

自作スマホケースにあこがれる人は多くいますが、ハンドメイドで何かを作ったこともない初心者となると作成方法もわからなければ、うまく作ることができるのかといった不安もあります。

また、手作りのための材料もどこで購入するべきかわからないといった問題もあります。

作りたいと思ったときに簡単に手作りすることができるスマホケースの作成方法をいくつか紹介するので参考にしてください。

挟むだけ!お気に入りの写真を使ったスマホケース

ペットやアイドルなどのお気に入りの写真、あるいは友人などと撮影した思い出の写真などを、iPhoneケースの大きさに収まる程度の大きさにカットします。

透明のスマホケースや半透明のスマホケースを準備して、スマホとスマホケースの間に挟むだけで完成します。

のりで貼り付けても問題ありませんが、挟んでつくれば、お気に入りの写真をいくつか用意して模様変えも簡単にできます。

ペンだけ!自由に描くスマホケース

透明ケースでも色付きのスマホケースでも、スマホケースの素材に合ったペンを用意するだけで作成することができるスマホケースです。

ペンは100均や手芸屋で購入することができます。

好きにイラストを描くだけなので、デザインも色もバラエティー豊かにオリジナリティが出ます。

初心者の場合は、透明ケースを選び、下書きした紙をしたにしき、上からペンでなぞるようにイラストを描くと失敗が少なくなります。

貼るだけ!ステマで作るスマホケース

マスキングテープはハンドメイドのための材料としてよく利用されるようになり、様々な柄が登場しています。

そのマスキングテープを利用した手作りスマホケースです。

好きな柄のマスキングテープを選び、横に縦に、あるいは斜めに貼り付けて、デザインを作ります。

シールを貼ることで様々なデザインを作成することができます。

アイドルやアーティストのアイテムもあるので、ファングッズを作成することも可能です。

いつまでも使える!ステッカを挟んだスマホケース

ステッカーを作り、それを透明なスマホケースの間に挟んだ自作スマホケースです。

ステッカーの作り方は非常に簡単で、頑丈な紙を用意して、好きなイラストや写真を貼るだけです。

トレカを作成しても頑丈なので、好きな写真やイラストを長く使い続けたい場合にはおすすめの作り方です。

ステッカーは頑丈なので、ただの写真や紙を挟み込むよりも長い間楽しむことができます。

シンプルで美しい!小物とレジンで作るスマホケース

ハンドメイドグッズとして販売している小物アイテムを使用したスマホケースです。

お気に入りの小物アイテムのパーツを購入して、レジン液を使用してスマホケースに貼り付けるだけで完成します。

小物アイテムパーツの種類によっては、様々な印象を与えることができます。

初心者の場合は、少ない個数を一直線に並べるだけでシンプルで美しいスマホケースが出来上がります。

ファンタジー!スパンコールの人魚柄のスマホケース

手芸屋や100均で販売しているスパンコールを使用して作るスマホケースです。

淡い色合いのスパンコールを購入して、人魚のしっぽを再現するように並べ、上からレジン液を垂らして固定します。

レジン液に顔料を溶かしてひれ部分の絵と、背景部分に該当する海の淡い色合いを再現するだけでファンタジーの世界を再現したようなスマホケースが完成します。

並べて塗って乾かすだけなので初心者でもできます。

きらきら!ラインストーンのスマホケース

100均や手芸屋で販売されているラインストーンを用意して、スマホケースの上に並べ、自分の名前やお気に入りの言葉を描いたスマホケースです。

最低でも2色のラインストーンを用意し、まずは作りたい文字をスマホケースの上に並べて描きます。

文字が完成したらその周囲に別の色のラインストーンを敷き詰め形を整えて、上からレジン液を垂らして固まったならば完成です。

名前を描けば自分だけのケースとなります。

フレッシュ!ドライフルーツのスマホケース

好きなドライフルーツをスーパーやコンビニで購入します。

好みに合わせてドライフラワーを購入しても構いません。

ドライフルーツとドライフラワーを好みに配置をして、上からレジン液をたらします。

気泡が入らないようにつまようじでつぶしつつ、筆でまんべんなく広げて、しっかりとカバーをして、固まったならば完成です。

ドライフラワーはしっかり封入されているので、カビが生えることもめったにありません。

みやび!布を使ったスマホケース

好きな柄の布、あるいは好きながらの印刷された紙を用意して、スマホケースの大きさに切り取り、カメラ部分の穴をあけます。

透明なスマホケースとの間に布、あるいは紙を挟んで好きな柄のスマホケースを作ることができます。

透明ケースがない場合は、布や紙を、スマホケースの上から接着しても問題ありません。

布の柄を変えるだけでバリエーション豊かに作ることが可能です。

ひらひらかわいい!リボンのスマホケース

透明のスマホケースでも、色付きのスマホケースでも問題ありません。

スマホケースの背面に平行になるように4つから8つほどの穴をあけます。

キリや目打ちなどを使用して開けるのですが、ひびが入らないようにゆっくりやるか、ソフトタイプのケースを用意すると便利です。

穴に100均などで購入したリボンを上から、あるいは下から通し、最後の部分でリボンを結んで完成です。

ひらひらとしてかわいらしい仕上がりになります。

自作のオリジナルスマホケースで楽しく過ごそう

オリジナルの自作スマホケースを持っていれば、達成感もあり毎日楽しく過ごすことができるでしょう。

オリジナルスマホケースの簡単な作り方はいくつもあります。

しかし、材料から用意してすべて手作りするのに不安がある場合は、オリジナルスマホケースラボに依頼することをおすすめです。

オリジナルスマホケースラボでは、デザインエディタで簡単にデザインできるので、試してみてください。

こちらの記事も読まれています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA