投稿日:

好きなデザインのスマホカバーをお手軽DIY!オリジナルスマホカバーの作り方

最近、スマホカバーを自作している人が増えています。

SNSなどに投稿された奇抜な作品を、見たことがある人もいるでしょう。

そこで今回は、オリジナルのスマホカバーの作り方をレクチャーしたいと思います。

スマホカバーとは/スマホケースと何が違うの?

スマホカバーとは、その名の通りスマートフォンを落下や衝撃から守るためのカバーのことです。

プラスチック製の簡素なものから定番の手帳型に至るまで、さまざまな種類のものが存在します。

また、よく「スマホカバーとスマホケースって何が違うの?」という話題になるかと思いますが、結論から言えば、明確な定義はないようです。

ただし、一般的には、

  • スマホカバー:スマホの片面のみを覆うカバー
  • スマホケース:スマホの両面を包み込みケース

程度に、認識しておけばよいでしょう。

【初心者向け】100均グッズでスマホカバーを自分流にアレンジ

100均にはシンプルなスマホカバーがたくさん売っています。

こちらを、これまた100均一グッズを使ってアレンジするのが、スマホカバーのDIYでは定番の手法です。

初心者にもおすすめ

また、安価にできるため、失敗した際のリスクも低く、初心者にもおすすめの方法といえるでしょう。

具体的な方法としては、まずクリアタイプのスマホカバーを準備し、スマホの間に好きなデザインの紙やステッカーなどを挟み込むという方法が挙げられます。

写真や雑誌の切り抜きなどでもOKですので、誰にでも簡単にオリジナルアレンジが可能です。

幅広いアレンジが可能

絵が得意な人であれば、シンプルなデザインのスマホカバーの上に、直接マーカーなどで絵や文字を書くというのもよいでしょう。

さらに、100均には、リボンやラインストーン、マスキングテープやステッカーなども販売されていますので、思い思いの素材をスマホカバーに貼り付けることで、幅広いアレンジを楽しむことが可能になります。

【中級者向け】既製品のスマホカバーに凝ったアレンジを

工作などに自信のある人や、手先が器用な人であれば、既製品のスマホカバーを使って凝ったアレンジのオリジナルスマホカバーに挑戦してみるのはいかがでしょう。

人目を引き付けるようなスマホカバーを、ぜひ制作してみてください。

UVレジンで差をつけろ

ワンランク上のアレンジをするときに最適な素材が、「UVレジン」や「粘土」、「古着の布」です。

まず、UVレジンとはいわゆる樹脂素材のことで、ピアスやブローチといったアクセサリーなどによく使われる素材で、薄く透明に仕上がった素材をスマホカバーに接着できます。

UVレジンは、取り扱いも比較的簡単で、ホームセンターや100均でも購入できるので、DIYする際にはハードルの低い素材の一つといえるでしょう。

次に、粘土で形を作ったオブジェなどを、スマホカバーに貼り付けるという方法も定番です。特に、「粘土樹脂粘土」や「プラスチック粘土」といったクラフト用粘土が、多くの人に好んで使われます。

こうして形作ったさまざまな素材を、塗装してスマホカバーに取り付けていけば、オリジナルスマホカバーが完成です。

基本的には、どんな形のものでも作れますので、ひと際目立つデザインの作品を作り上げることも可能でしょう。

古着の活用もGood

いっぽう、手帳タイプのスマホカバーをアレンジする場合には、古着を活用するのもおすすめです。

布だけでなく、革や毛、合成素材など、組み合わせる素材によってさまざまなアレンジが楽しめるでしょう。

【上級者向け】ないのなら作ってしまえ!完全ハンドメイド

ここまで、紹介してきたオリジナルスマホカバーは、あくまでも既製品をアレンジして制作するという範疇に留まってしました。

そのため、基本的なスマホカバーの形状に関しては、既製品と同じものになります。

したがって、極端な形のスマホカバーには、なりづらく、中には不満だという人もいることでしょう。

完全オリジナルスマホカバーは唯一無二

どうしても人と同じものは嫌だという人は、ご自分の持っているスマートフォンの形状に合わせ、完全オリジナルでスマホカバーを作り上げてしまうしかないのです。

しかし、スマホの形状やサイズを緻密に測量し、ジャストフィットするカバーを作り上げるのはなかなか骨が折れるもので、誰にでもできるという方法ではありません。

腕に覚えのあるという人は、トライしてみてはいかがでしょうか?

プロに頼むという選択肢

また、ここまで基本的に自作でオリジナルスマホカバーを作ることについて紹介してきましたが、プロに頼むという選択肢も一つです。

そこで、おすすめしたいのがスマホラボという、オリジナルスマホカバーが作れるサービスです。

スマホカバーは「手帳型」、「全面印刷ハードケース」、「表面のみ印刷ケース(iphoneケースのみクリアケース有)」の3種類から選べます。

ネットで好きなデザインを選べば、誰にでも簡単にオリジナルスマホカバーが作れます。

まずは簡単なアレンジからチャレンジを!

今回は、オリジナルスマホカバーの作り方について紹介しました。

完全オリジナルはハードルが高くても、ちょっとアレンジするくらいであれば誰にでも簡単にできるハズ。

ぜひ、一度、チャレンジしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA