投稿日:

スマホDIYが苦手な人でも大丈夫!/手帳型スマホカバーを自作する方法

スマホカバーの定番といえば、やはり手帳型でしょう。

ところで、手帳型スマホカバーが簡単に自作できるということをご存知ですか?

今回は、スマホDIYが苦手な人でもOKな、手帳型スマホカバーの自作方法を紹介します。

超本格派!手帳型スマホカバーを自作する方法

気合を入れて手帳型スマホカバーを作りたいという人に向け、自作方法を紹介します。

材料

最初に以下の材料を準備します。

  • 既存スマホカバー
  • 布×2
  • 方眼紙
  • ハサミ、ナイフなど
  • 木工用ボンド
  • 針と糸

1:型紙を作成

既存のスマホカバーを利用し方眼紙に形を写し取ります。

次に、カッターで切り出しておきましょう。

2:ケガキ

切り出した型紙を使い、カバーに使用する布に線を引く「ケガキ」と呼ばれる作業を行います。

今回は、最終的にもう一枚布を貼るため、線が残っていてもOKです。

3:切り出し

ハサミやナイフで、線に沿って布を切り出します。

貼り合わせることも考慮し、若干大きめに切り出しておきましょう。

また、カメラの穴を切り抜く作業は、ナイフでやるのがおすすめです。

4:貼り合わせ

フラップ部分の内側に、もう一枚の布を貼ります。

貼り合わせた後、もう一枚の布に合わせてカットし、木工用ボンドで貼り合わせましょう。

5:ケースに装着

先ほど作った布に、スマホカバーを装着すれば完成です。

この後、ラインストーンでデコったり、好きなステッカーやリボンなどを貼り付けて、さらにアレンジしてみるのもよいでしょう。

既製品の手帳型スマホカバーをアレンジする方法

では、既製品の手帳型スマホカバーをアレンジする方法を紹介します。

準備する材料

まず、無地の手帳型スマホケースを準備します。

できるだけシンプルで装飾がないものがよいでしょう。

そして、アレンジに使う素材ですが、

  • ラインストーン
  • シール、ステッカー
  • マニキュア
  • リボン、レース
  • 油性マジック

といったものが挙げられますが、ご自分が思い描くアレンジの方向性に合わせて、準備すればOKです。

また、基本的には、スマホカバーに貼り付けることが中心となりますので、

  • ピンセット、またはピック
  • 接着剤

の準備も必須となります。

作業手順

実際の作業ですが、もっとも簡単な方法は、好きな柄やキャラクターのマスキングテープやステッカー、シールを貼り付けることでしょう。

また、小さなアクセサリーや、キャラクターのフィギュア、またリボンやレースなどをスマホカバーに貼り付ける方法も、比較的簡単にできます。

女性に人気のラインストーンを使って、可愛くアレンジするのも鉄板です。

特に、スワロフスキーを使うと、ゴージャスな仕上がりになります。

さらに、好きな布を、スマホカバーに貼り付けたり、被せたりするのも比較的簡単にできますので、ぜひお試しください。

自分でできなくても安心!オリジナルスマホカバー作成サービス

ここまで、手帳型スマホカバーを自作する方法を紹介してきましたが、「自分じゃ無理!」という人でも安心な、オリジナルスマホカバーを作成できるサービスを紹介しておきたいと思います。

スマホラボ

「スマホラボ」は業界でもトップクラスの低価格と、納期は注文後3営業日で発送という安さと速さが自慢のサービスです。

オリジナルスマホカバーの制作は非常に簡単で、サイト上でデザインを行った写真やイラストをアップロードするだけ。

誰にでもオリジナルスマホケースが作成できます。

もちろん、スマホラボのオリジナルスマホケースはクオリティも非常に高く、コスパ重視の人に特におすすめのサービスといえるでしょう。

Canvath(キャンバス)

安くオリジナルスマホケースを作りたいという人には「Canvath」がおすすめです。

手帳型のケースも非常に安価に作成できるため、1つだけでなく複数作るという人も多いです。

さらに、ロット注文も可能なので、個人でネットショップなどを運営している人にも人気があるサービスとなっています。

DMM.make(ディーエムエム ドットメイク)

TV・CMなどでおなじみの「株式会社DMM.com」が運営する「DMM.make」は、大手企業ならではの安心クオリティのオリジナルスマホカバーが作れるサービスです。

「どうせ頼むなら大手がいいよね!」というブランド志向の人におすすめといえるでしょう。

サイトはスマホに完全対応していますので、自分の好きな写真や画像、フォントといったモチーフを組み合わせることで、簡単にオリジナルの手帳型スマホカバーが作れます。

ヨツバ印刷

「ヨツバ印刷」は、「株式会社MAW」のグループ会社「YOTSUBA」が運営するオリジナルスマホケース作成サービスです。

印刷会社が運営しているサービスなので、デザインをプリントした際のクオリティの高さに定評があります。

一つ残念なのが、準備する素材フォーマットが、「Adobe Illustrator」と「Photoshop」形式にしか対応していないことでしょう。

そのため、ITリテラシーが低めの人には、ややハードルが高めのサービスとなっています。

100均で材料を買えば失敗してもOK

今回は、手帳型スマホカバーを自作する方法について紹介しました。

どの方法も、多少の慣れは必要となりますが、材料を100均などで揃えれば、失敗のリスクを下げることもできます。

自分なりのコツをつかむまで、頑張ってチャレンジしてみてください。

こちらの記事も読まれています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA