投稿日:

知らないと損する!手帳型スマホケースは「やめとけ」と言われる理由

みなさんはどんなスマホケースを使っていますか?

スマホを新しくする時に、スマホケースも変えるという人が多いと思います。

私はここ10年くらい手帳型スマホケースを使ってきました。

消費税増税もあるのでそろそろ新しいスマホに変えようかなと思い、一緒にスマホケースを探していたところ、周りから「手帳型スマホケースはやめとけ」と言われたことがあります。

ずっと愛用してきた手帳型スマホケースなので、思わず「え!?なんで!?手帳型スマホケースではダメなの?」となったんです。

そして手帳型スマホケースについて調べてみることにしました。

そもそも手帳型スマホケースって!?

手帳型スマホケースは、手帳のようにスマホ全体を覆うタイプのスマホケースのことです。

スタイリッシュで、持っているだけで大人度がアップするので最近では、手帳型スマホケースを持っている人を多く見かけるようになってきました。

手帳型スマホケースが「やめとけ」と言われる3つの理由

では、なぜ手帳型スマホケースが「やめとけ」と言われるのでしょうか。

放熱の問題

スマホやガラケーは手帳型スマホケース通常リチウムイオン電池が使われています。

このリチウムイオン電池は、熱に弱いという特徴があります。

スマホは使っていない時も電源が入っている限り、電池を使っています。

大量に電池を使用するゲームや動画閲覧などを長い時間行っていると、スマホの電源部分がとても熱くなってしまうこと、みんな経験したことがあるかと思います。

ゲームや動画閲覧で長時間スマホを使い続けると、電池部分に熱がこもり、電池が劣化してしまい、電池を早く交換しないといけない・・・ということになってしまいます。

手帳型スマホケースが革製のカバーを使っていると、カバーの内側に熱がこもってしまい、ひどい場合には電源がショートしてしまうということもあります。

放熱の問題 実例

私も子供の運動会で、長時間カメラと動画撮影機能を使い続けていたところ、電源部分が持っていられないくらい熱くなり、「高温のためカメラ機能は使えません」というエラーが出たことがあります。

一度電源を切って、時間をおいたところ電源部分の熱さが取れたため再度使うことができたということがあります。

「長時間使うと電池が劣化してしまう」「カバーは熱がこもりやすい」ということを認識してスマホを使ったり、カバーを選んだりする必要があります。

手帳型スマホケースでも放熱を考えた素材を使っているものもあるので、デザインだけでなく素材も考えてケースを選ぶことが大切です。

磁気の問題

手帳型スマホケースには、マグネット式のベルトが付いていることが多いです。

ボタンなどで自分で留めなくても手帳が閉じられるので便利なのですが、このマグネット部分がカードなどに悪影響を与えるというのです。

手帳型スマホケースには大抵、ケースを開けると左側にカード入れが付いています。

そこに、磁気付きカードを入れていると、ベルトのマグネットがカードの磁気を狂わせてしまうことがあるというものです。

キャッシュカードやクレジットカードなどが、磁気不良で使うことができなくなってしまう可能性もありえます。

ですので、スマホのカードケースには、例えばSuikaやPASUMO、ICOCAといった電車のICカードを入れてお財布ケータイのようにして使用し、磁気付きカードは別で管理しましょう。

電話が鳴った時にすぐに出られない

電話が鳴った時に手帳型スマホケースだと、手帳の蓋を開けるという手間が発生し時間がかかるためすぐに出られないから「やめとけ」という意見があります。

ただ、長年手帳型スマホケースを使っている私の場合、電話の着信があった時に手帳型スマホケースだからと言って、手帳を開けるのに手間取ったり、時間がかかったりということは感じたことはないです。

今のスマホケースは片手でケースを開けることができるので、煩わしさは全くないです。

まとめ

手帳型スマホケースが「やめとけ」言われる理由を大きく3つ考えてみました。

放熱性の問題も、磁気の問題も、スマホケースを選ぶとき、そして使うときに考えておくべきことです。

そして、考えて選び、使えば手帳型スマホケースはとても便利なのです。

手帳型スマホケースは、手帳型でスマホ全体を覆ってくれるのでスマホを傷つけることが少ないです。

また、手帳型スマホケースの内側に付いているカード入れはやはり便利です。

私は電車のICカードを入れていてパスケースとしても手帳型スマホケースを愛用しています。

カード入れだけでなくて、ミラーが付いているタイプのものもあって身だしなみを整えることもできます。

終わりに・・・進化を続ける手帳型スマホケース

手帳型スマホケースは、さらに、デザインもおしゃれになっています。

少し前までは手帳型スマホケースは「ダサい」と言われていましたが、今はデザインも豊富で、自分でオリジナルのデザインのケースを簡単に作ることもできます。

スマホラボでは、iPhoneだけでなくAndroid端末用のオリジナルのスマホケースを作ることができます。

安く早く自分だけのオリジナルスマホケースを手に入れたい!という人におすすめです。

こちらの記事も読まれています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA