投稿日:

パカパカしない手帳型スマホケースが欲しい人必見!失敗しない選び方と注意点

スマホの画面を割ってしまった経験がある人は、できるだけスマホを守ってくれる安全性の高いカバーが欲しいと願うものでしょう。

そんな人におすすめなのが、手帳型スマホケースです。

手帳型スマホケースは、落としても安全、スマホが壊れにくいというイメージがあるかと思います。

実際、裏と表からカバーしてくれる手帳型は、スマホを保護する能力に優れています。

それでは、手帳型で表紙部分がパカパカするもの、つまり表紙部分と裏表紙の部分を固定しないものと固定できるものでは、どちらが安全なのでしょうか。

パカパカしない手帳型スマホケースは安全性が高い

手帳型のスマホケースは、留め具があるものと無いものの2種類があります。

実際スマホを利用している時は留め具を使ってはいませんから、その状態で落とした時は、どちらも大差ありません。

ですが、持ち運びの際に落としてしまった場合を考えれば、落とした時にスマホを守ってくれる可能性が高いのは、もちろん留め具があるほうになります。

なぜなら、留め具の無いほうを落とした場合、落下するまでの間に表紙が開いてしまう可能性があるからです。

使い込んだカバーはより開きやすい

手帳型は使い込んでくると開きぐせがついてしまい、テーブルの上などに置いた状態で蓋が浮いてしまうということもあります。

これは格好が悪いだけではなく、開きやすいということでもあります。

ですから、どうしても閉じられないもののほうが、画面にヒビが入ってしまう危険は高まります。

留め具があれば多少開きグセが付いても閉じられますから、スマホをしっかりカバーすることができるのです。

パカパカしないケースはものが挟まらない

手帳型の大きなメリットは、画面側を守りやすい点です。

ですが、留め具が無いとこのメリットが活かしきれません。

例えば、鞄の中に鍵やアクセサリー、筆記用具などと一緒に突っ込んだ場合、カバーと画面の間にそれらが挟み込まれてしまう危険があるからです。

留め具があって表紙と裏表紙にものが挟まらないほうが、ぐっと画面を傷付けにくいのは簡単に分かると思います。

留め具でしっかり閉じられたカバーを使っている時には、画面が傷つく恐れはほとんどありません。

留め具無しのカバーにもメリットは多い

ですが、留め具の無いカバーは実は使いやすさという点で優れています。

留め具の無いタイプは、電話がかかってきたり、急いで写真撮影をしたい時などに、パッと開きやすく、すぐに使える点が大きなメリットです。

留め具を外すというアクションを省略出来るのが、留め具の無いカバーなのです。

カバーを開ける手間が簡単なのは断然留め具なしのほうでしょう。

それに、留め具アリに比べると厚みが無く、ベルトが無いのでデザイン的に非常にスッキリしている点も見逃せません。

デザイン性の高さでは、こちらのカバーを好む人も多いのではないでしょうか。

ベルト無しのカバーを閉じるには

ベルトなしのほうが見かけが好みでも、開きやすいのは困るという人は、シュシュやデザイン性の高いゴム、外付けできるベルトなどで簡易的に閉じるのも良いかも知れません。

輪の状態になったものを使うと、スマホを使っている最中は手首に巻いておけるので失くしにくいですし、好みのものを選ぶ楽しみもあります。

ただこの場合、留め具付きのカバーよりもさらにスマホを起動するのが面倒になるという弱点があります。

そうなると、蓋を閉じることが出来て、なおかつベルトの無いものが欲しくなりませんか?

留め具あり、なしのいいとこ取りが出来るカバー

留め具あり、留め具無しにはどちらもそれぞれ長所と短所がありますが、その中間に位置する、ベルトが見えないのに、留め具はあるというタイプの手帳スマホケースカバーもあります。

それが角ベルト付きの手帳型スマホケースです。

通常留め具付きのものは、裏側から伸びたベロの部分の留め具と、表側の留め具で閉じるものが多いのですが、角ベルト付きは表紙部分ではなく、裏と表の間、厚みのある部分にマグネットが付けられています。

この仕様によって、デザインはスッキリした状態を維持しつつ、留め具ありの保護能力は維持出来るというものです。

スマホラボで、保護能力とデザイン性を両立させたカバーを作ろう

もちろんスマホラボでは、この角ベルト付きの手帳型スマホケースを用意しています。

パカパカしない手帳型が欲しい、でもデザインはベルトの無いものが好きという人はぜひ一度、スマホラボの角ベルト付きタイプを試してみて下さい。

スマホケースがあなたのキャンパス!

角ベルト付きタイプは一見留め具がないように見えて、サイドに取り付けられたマグネットでカバーを閉じるタイプです。

留め具が見えないため、裏と表、背表紙部分と面積の広さを活かせるだけではなく、ベルトが邪魔をしないのでデザインセンスを活かしやすいのです。

安全性と、デザインの自由度、どちらも活かしたいなら、ぜひこのタイプをキャンパスにしてオリジナルのカバーを作ってみて下さい。

こちらの記事も読まれています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA