投稿日:

オーダーメイド感覚で作れる!トートバッグを簡単に作成できるWebサービス11選

市販のトートバッグを購入して使ってみるのもいいですが、世界に一つだけの自分オリジナルのトートバッグを持つのも魅力があります。

オリジナルバッグの作成は難しくありません。

Web上でトートバッグのデザインができ、そのまま入稿できるサービスをしている会社もあります。

完成イメージを確認しながらデザインが行えるのは大変便利です。

今回は、Webからオリジナルトートバッグを作成できるサービスを紹介します。

pixiv FACTORY

pixiv FACTORYは画像投稿サイトのpixivから派生したサービスです。

グッズからバッグを選択して、自分のイラストや写真をアップロードするだけでオリジナルバッグが作れます。

アップロードしたイラストはトリミングや拡大縮小といった調整もできます。

1つだけ発注しても大量に発注しても、1個あたりの費用は同じため、個人でグッズを作る人に向いています。

TMIX

TMIXはオリジナルのTシャツやバッグなどを作成するサービスです。 デザインのテンプレートが豊富に取り揃えてあります。

もちろん、自分でデザインをすることも可能です。

デザインに使えるフリー素材が3000種類以上あり、それらを組み合わせることで絵を描くのが苦手な人でも簡単にオリジナルイラストを作成することができます。

ME-Q

ME-Qはスマホケースなどのプラスチック用品にプリントを施すサービスでしたが、2018年9月19日からオリジナルキャンバストートバッグの作成も取り扱い始めました。

バッグへのプリントは完全自社生産で行っているため、低価格で注文できるのが魅力です。

「ME-Qデザインシミュレーター」というデザインツールを利用すれば、バッグの完成イメージを確認したうえで注文可能です。

トートバッグラボ

トートバッグラボは、Webでデザインしたバッグを10個からプリントできるサービスです。

最低発注個数が10個なので同人グッズ作成に向いているサービスになります。

納期は発注から最短で14日になります。

トートバッグ工房

トートバッグ工房は株式会社エーリンクサービスが運営するサービスで、オリジナルバッグの作成をしています。

公式ホームページ内にある「かんたんデザイナー」を使用すれば、テキストやスタンプを張り付けてバッグのデザインを行えます。

アップロード機能もあるので、自分が作成したイラストや写真を利用することもできます。

エイティズ

エイティズはTシャツやスポーツウェアのプリントをメインで行っていますが、トートバッグなどのライフスタイルグッズも取り扱っています。

デザイン作成シミュレーターではテンプレートを選ぶ形になりますが、そこからイラストを差し替えたり、テキストを変更したりすることができます。

SHASHINGIFT

SHASHINGIFTは選んだグッズに写真や画像をプリントしてくれるサービスです。

注文できるトートバッグのサイズは35 x 35 x 13cmで、カラーバリエーションは4種類あります。

思い出の写真をバッグにプリントすれば、大切な人へのプレゼントにぴったりです。

10年間の保証つきなのもうれしいポイントです。

SWEAT.jp

大学生におすすめなのがSWEAT.jpです。

SWEAT.jpでは「カレッジ割」という学割プランがあり、料金が10%オフになります。

Webから注文するとグッズを選択してからプリント内容を入力することが可能です。

バンフーオンラインネットショップ

バンフーオンラインネットショップはチラシやパンフレットなど、さまざまな印刷サービスをしています。

ウェアプリント事業の一環としてオリジナルトートバッグの作成も手掛けています。

ユーザーはバッグにプリントするテンプレートを選び、そのあとでデザインを編集していくことができます。

24時間体制でサポートをしているのが特徴です。

ノベルティラボ

ノベルティラボはオリジナルラボ株式会社が運営するノベルティグッズ作成サービスです。

ブラウザから操作できるデザイナーを使えば、オーダーメイド感覚でオリジナルバッグの作成ができます。

作成が終わったらそのまま発注ができるので、デザインから注文までをシームレスに行うことができます。

また、デザインがなかなか決まらないときは、問い合わせフォームを通じてスタッフに相談することも可能です。

スマホラボ

スマホラボはその名の通り、スマホケースのプリントをメインで行っています。

しかし、運営会社はノベルティラボと同じオリジナルラボ株式会社なので、ほかにもポーチやバッグなどさまざまな生活用品への印刷も手掛けています。

Webから利用できるデザインはノベルティラボと同じものになります。

まとめ

スマホラボノベルティラボなどにあるWebから使えるデザインツールがあれば、オーダーメイド感覚で誰でも簡単にオリジナルのトートバッグを作成することができます。

また、絵を描くのが苦手という人も、デザインをサポートしてくれるツールを活用すれば、イメージにあったバッグを作ることができます。

Webサービスを使って、ぜひ自分だけのトートバッグを作成してみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です