投稿日:

Xperia xz3用のスマホケースは少ない?自分でオリジナルのスマホケースを作ろう!

ソニーのハイエンドスマホであるXperia xz3ですが、AndroidはiPhoneと比較すると市販されている専用のスマホケースが少ないです。

Xperia xz3は高スペックで美しいディスプレイや高画質なインカメラを搭載しているモデルなので、サイズの合うスマホケースさえあれば鬼に金棒です。

この記事ではXperia xz3のスペックとXperia xz2との違い、Xperia xz3用のスマホケースを自作する魅力を紹介します。

Xperia xz3のスペックは?

2018年に発売されたXperia xz3ですが、そのスペックはどういったものなのでしょうか。

特徴的な部分を紹介します。

基本性能

容量は64GBで、最大400GBのMicroSDを使用できます。

IP68の防水・防塵規格で、短時間の水没であれば耐えられる仕様となっています。

充電端子はUSB Type-Cとなっており、ワイヤレス充電にも対応しています。

カラーバリエーションはブラック、ホワイトシルバー、フォレストグリーン、ボルドーレッドの4色がラインナップされています。

どの色も深い色合いで落ち着いたカラーリングです。

ディスプレイ周りのカラーリングはXperia xz2ではディスプレイ周りも背面のカラーと同じでしたが、Xperia xz3ではどのカラーも黒1色となっています。

ディスプレイ

ディスプレイには有機ELが使用されています。

有機ELはコントラストがはっきりとしているので、液晶よりも黒を美しく表現できます。

また、液晶よりもバッテリーの消費が少ないので、ディスプレイが液晶であるXperia xz2よりもバッテリーの持ちが良くなっています。

また、左右のベゼルがなくなったことにより画面が広くなりました。

さらにディスプレイのサイドをタッチするとアプリを起動することができる「サイドセンス」という機能が付いています。

ぼけエフェクト

カメラユニットは1つですが、写真の背景をぼかせる機能が付いています。

これはデュアルレンズのカメラと異なりソフト側の操作で背景をぼかす機能なので、意図しない部分がぼけてしまう可能性はあるものの、スマホで気軽に一眼レフカメラで撮影したかのような写真を撮れるようになったのがXperia xz3の強みと言えます。

HDRアップコンバート

SDR画質の動画をHDR相当の画質に変換する機能が搭載されています。

しかも有機ELの美しいディスプレイで再生できるので、動画をよく視聴する人には見逃せない特徴となっています。

ダイナミックバイブレーションシステム

ダイナミックバイブレーションシステムはソニー独自の解析システムにより音をリアルタイムに解析し、音に合わせて本体が振動する機能です。

Xperia xz3はスピーカーの音量もXperia xz2から20%大きくなったので、さらに振動が加わることにより映画やドラマの迫力が一層増します。

対応しているゲームのほか、ミュージックビデオや撮影した動画でもこの機能を使用できます。

もちろんこの機能を設定によってオフにすることもできるので、好みのスタイルで楽しめます。

Xperia xz2との違いは?Xperia xz3はどんな人におすすめ?

Xperia xz3の1代前のモデルがXperia xz2です。

Xperia xz3はXperia xz2からどういった進化を遂げているのでしょうか。

また、Xperia xz3はどういう人におすすめなのでしょうか。

Xperia xz2との大きな違い

Xperia xz3に搭載されているディスプレイは有機ELでしたが、Xperia xz2のディスプレイは液晶です。

液晶と異なり、有機ELはバックライトが必要ないため、Xperia xz3はXperia xz2よりも本体が薄くなっています。

本体のデザイン自体はXperia xz3がXperia xz2を踏襲したデザインになっているため大きな変更はありませんが、ディスプレイのサイズはXperia xz3が6型と、少し大きくなりました。

それに伴い本体の縦幅・横幅はXperia xz3の方が大きくなっています。

画像解像度もXperia xz3の方が高くなっています。

また、インカメラはXperia xz3の方が画質が良くなっています。

Xperia xz2は500万画素でISOも1600でしたが、Xperia xz3のインカメラは1320万画素でISOは6400です。

Xperia xz2と変わらない部分

Xperia xz2から依然変わらない部分もあります。

インカメラは変更がありますがメインのカメラには変更はありません。

大きく変わった部分は主にディスプレイとインカメラのみなので、処理性能はXperia xz3とXperia xz2では全く同じです。

Xperia xz3はこんな人におすすめ

Xperia xz3の魅力は大きなディスプレイと美しい色彩表現ができる有機EL、そして動画をアップコンバートできる機能です。

なので動画撮影をしたい人や動画を鑑賞したい人に向いていると言えます。

特に暗いシーンが多い映画やドラマを鑑賞するときは、暗い色を精細に表現できる有機ELが役に立ちます。

インカメラの画質アップも見逃せないポイントで、インカメラを使って自撮りをしたい人はXperia xz3がおすすめです。

しかし、特に動画鑑賞にも自撮りにも興味がないという人でも、Xperia xz3はXperia xz2から正当進化したモデルで、ベゼルレスなディスプレイデザインやサイドセンスの搭載といった新しい試みが取り入れられている機種でもあるのでXperia xz3を選ぶ価値は十分ありますよ。

自分でオリジナルケースを作る魅力

魅力的な点の多いXperia xz3ですが、AndroidはiPhoneと違ってサイズの合うスマホケースが少なく、好みのスマホケースが見つからない可能性があります。

そこで、オリジナルスマホケースを作れるサービスを利用し、ケースを自作するという方法もあります。

Xperia xz3のオリジナルケースを作成するメリットを紹介します。

サイズが合わないということがない

市販のスマホケースだと、気に入ったデザインがあっても自分の持っている機種に対応しているものがないことがあります。

特にAndroidはサイズや厚み、カメラの位置が機種ごとにかなり異なっているので、汎用ケース以外では共用できる機種がありません。

スマホケースを自作することで、自分の好みのケースを必ずXperia xz3に装着できます。

自分の持っている写真やイラストを使える

オリジナルスマホケースを作成する際、自分が持っている写真やイラストをスマホケースに使用できます。

ペットや旅行先の写真や自分で描いたお気に入りのイラスト等、好きな画像を使って作成できるのでよりオリジナリティのあるスマホケースになります。

1枚の写真を全面に出したり何枚も写真を組み合わせてコラージュ風にしたりと、工夫次第で色々なデザインにできますよ。

好きな言葉を入れられる

座右の銘やお気に入りの詩等、あまり市販のスマホケースに使われていることがない言葉でも入れることができます。

その文字もさまざまな色やフォントで表現でき、大きさや配置する場所も自由自在です。

好きな形を選べる

このデザインで手帳型だったらよかった、などと思ったことはありませんか?オリジナルスマホケースを作るときはデザイン以外にも、どのようなタイプのケースがいいか選ぶことができます。

好きなデザインを好きなタイプのスマホケースに組み合わせることができるのはオリジナルスマホケースだけの魅力です。

ハードケースも側面まで印刷するタイプや前面にだけ印刷するタイプ、ミラーが隠されているタイプやクリアケースにグリッターが閉じ込められているタイプなど、多種多様です。

友達ともお揃いにできる

オリジナルスマホケースはあらゆる機種に対応しています。

なので、異なる機種のスマホを持っている友達ともお揃いのスマホケースを作成できます。

カップルでお揃いにしたり、仲のいい友達同士で共通のモチーフを使ったりできます。

相手のスマホの機種を知っていれば、プレゼントにも最適ですよ。

Xperia xz3用のオリジナルスマホケースを作ろう!

魅力的な要素の詰まったXperia xz3ですが、合うケースがないという悩みもスマホラボなら解決できます。

Android用の汎用ケースもありますし、Xperiaの各モデルに対応しているケースも順次増えています。

オリジナルケースは好きな写真やイラストを使用して簡単に作ることができます。

価格も低価格に抑えられているので試しに1つデザインしてみてはいかがでしょうか。

こちらの記事も読まれています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA