投稿日:

理想とするものが作れる!オーダーメイドで手帳型スマホケースを作るメリットと方法

手帳型のスマホケースを探していても、自分の好きなデザインのものに出会えないという経験を持っている人もいるのではないでしょうか。

そのような方におすすめなのが、オーダーメイドでの手帳型スマホケースの作成です。

そこで今回はオーダーメイドで作ることのメリットや活用方法、作り方などを紹介していきます。

オーダーメイドでスマホケースを作ることで、理想とするものに出会えるでしょう。

オーダーメイドで手帳型ケースを作るメリットとは何か

手帳型ケースをオーダーメイドで作ることのメリットが分からないという人もいるのではないでしょうか。

そんな方の為にオーダーメイドで作ることのメリットを紹介します。

オリジナルの作品になる

店舗や通販で売られている商品は大量生産のものが多い傾向にあります。

そのため多くの人が同じようなスマホケースを持っているケースも考えられます。

これは手帳型ケースだけでなく、ハードカバーやソフトカバーにも通じる話です。

周囲の人と同じようなデザインのスマホケースを着用していることに違和感がない人はそれでも良いかもしれませんが、スマホケースに個性を持たせたいと考えている人にとっては悩ましい問題でしょう。

そこで役立つのがオーダーメイドで作ることです。

オーダーメイドでは自分だけの作品を作り上げることが出来ます。

オリジナルの作品であるため、誰とも被ることがありません。

売り切れる心配がない

手帳型スマホケースを探して、好みの商品が見つかった場合でも問題が発生するケースがあります。

それが在庫切れです。

商品が売り切れてしまうと、すぐに購入することはできません。

場合によっては何カ月もの間、商品が入荷するのを待つ必要があります。

すぐにスマホケースが欲しいと考えている場合には、辛い問題でしょう。

そのようなデメリットを解消できるのが、オーダーメイドの強みです。

オーダーメイドであれば、在庫切れの心配をする必要がありません。

製造には時間がかかるものの、何カ月も待たされることは少ないと言えます。

誰でもオリジナルのスマホケースが作れる

自分でスマホケースを作るという話を聞くと、スマホケースを作る全ての作業を自分が行うと考えてしまう人もいるかもしれません。

しかし、実際には難しい作業は求められません。

自分が行うのはデザインを考えることと、商品の注文を行うことです。

自分のデザインを伝えれば、あとは工場で作業員が商品を作り上げてくれます。

そのため特別な資格が必要なわけではなく、短い時間で簡単にオリジナルのスマホケースが作れるようになっています。

機種の心配もいらない

スマホケースを探すときの悩ましいこととして、機種の問題が挙げられます。

特に手帳型スマホケースは機種によってサイズを合わせることが必要になります。

しかし、この問題もオーダーメイドなら解決できます。

オーダーメイドでは自分の機種に合ったものを注文できるため、「好みのデザインだけどサイズが合わない」という事態を回避できるというメリットが得られます。

機種に合うようにカメラの穴を開ける位置も調整してもらえるため、頻繁にスマホのカメラ機能を使う人でも着用しやすい商品と言えます。

金額がリーズナブル

店舗や通販で好みのスマホケースを見つけたけれど、想像していたよりも金額が高かったという経験を持っている人もいるのではないでしょうか。

特に人気キャラクターの商品は高額な設定になっているパターンが多いです。

どうしてもそのキャラクターのスマホケースが欲しいのであれば、自作してみるのが良いでしょう。

オーダーメイドで作成することで、通常の金額よりも安い価格でキャラクターのスマホケースを手に入れられる可能性が高いです。

自由度の高さがメリット

自由度が高いのもオーダーメイドのメリットです。

オーダーメイドでは画像やイラストを使ったスマホケースだけでなく、テキストで文章を入力したデザインのスマホケースを作ることもできます。

画像やイラストと、テキストの文章を組み合わせることもできるため、バリエーションは豊富です。

オリジナルのスマホケースはどんなシーンで使えるのか

オーダーメイドの手帳型スマホケースは様々なシーンで活用できます。

その活用シーンを5つ紹介していきます。

愛犬との思い出を保存できる

オーダーメイドではどんな写真でも採用できます。

そのため自分の愛犬との思い出を手帳型スマホケースに保存することも可能です。

愛犬の写真を使えば、愛犬と一緒に外出している気分を味わえるでしょう。

写真を数枚組み合わせれば、よりアルバムっぽいデザインに仕上がります。

犬だけでなく、他のペットの写真も組み合わせればアニマル感の強いデザインになるでしょう。

スマホケースに文字を入れてメッセージを伝える

オーダーメイドでは文字を入力できます。

そのため自分が伝えたいメッセージをスマホケースに書き記すことも可能です。

例えば家族に日々の感謝を伝えるために活用するのも良い方法と言えます。

相手にメッセージを伝えるためだけでなく、自分用にメッセージを入力するのもおすすめです。

毎日スマホケースに入力した文字を見ることで、日々の生活への活力になる可能性が高いでしょう。

カップルの記念日にお揃いのスマホケースをプレゼントしよう

オリジナルのスマホケースでは同じデザインで色違いのものを作成することもできます。

そのためカップルでお揃いのスマホケースを着用するのも良いアイデアと言えます。

お互いが好きなものをデザインに使って、二人で同じものを持ち歩けば、より関係が深まる可能性も高いです。

色を統一させてデザインを少しだけ変えるというのも、面白いアイデアでしょう。

お揃いのスマホケースを記念日にプレゼントするという活用方法もおすすめです。

ジャニーズ好きの人との会話に使える

ジャニーズ好きの人と会話がしたいと考えていても、なかなか勇気が出せないという人もいるかもしれません。

そこでおすすめなのがジャニーズの画像を使ったオーダーメイドのスマホケースです。

このスマホケースであれば、ジャニーズ好きの人との会話が弾むでしょう。

まだ持っていない人がいた場合は、おすすめしてあげるのも良い方法と言えます。

アイドルとの話題にも使える

イベントによってはアイドルと話せる機会もあるでしょう。

そのようなときに何を話していいか分からないという人もいるかもしれません。

会話ができる時間は短いので、話す内容は決めておくのが重要になります。

そこでおすすめなのがオーダーメイドのスマホケースを利用する方法です。

アイドルの画像を使ったオリジナルのスマホケースを見せることで、スムーズに会話ができます。

オリジナルのものなので、そのアイドルの記憶に残る可能性も高いでしょう。

オーダーメイドの手帳型スマホケースを作る方法

オーダーメイドの手帳型スマホケースを作成するのは簡単ですが、何も分からない人が始めるにはハードルが高いと感じている人もいるでしょう。

そんな方のために簡単な手順を紹介します。

手帳型スマホケースを選択してから機種を選ぶ

スマホラボではスマホケースの種類を選ぶところから始めます。

その画面で手帳型スマホケースを選ぶと機種の選択画面に切り替わります。

iPhoneの場合はiPhone5やiPhone6といったような機種から選択できます。

Androidの場合はS・M・Lの3種類から選べます。

自分のAndroidの大きさに合ったものを選ぶようにするのが重要なポイントと言えます。

デザインを作っていく

機種を選択するとデザイン作成の画面に切り替わります。

この画面では自分の好みのデザインを作成できます。

画像やテキストを上手く活用して、オリジナリティーの高いスマホケースを作り上げます。

シェイプやスタンプといった機能を使えば、自分の持っている画像を使用しなくてもオリジナリティーの高い作品に仕上げることも可能です。

完成したら注文画面へ

デザインが完成したら購入画面に移動します。

ここではプレビュー画面で完成の状態を確認できます。

デザインに納得できなかった場合はデザインの再編集が可能です。

納得のいくデザインに仕上がっていれば、あとは必要事項を記入して注文を確定させる作業を行います。

あとは届くのを待つのみ

注文が確定すれば商品が自宅に届くのを待つだけです。

お届け期間は注文後3営業日が最短になっています。

注文の内容や時期によっては発想が遅れる可能性も考えられます。

購入画面の下部には目安の発送日時が表示されているので、これを基準に届く日を考えておくのがおすすめです。

オーダーメイドの手帳型スマホケースを作成するときのポイントや注意点

とにかく思いつくままにデザインしていても、商品が届いたときに思っていた仕上がりではないというケースも考えられます。

そのようなミスを回避するために作成時のポイントや注意点を知っておくのが重要です。

カメラの位置を考えてデザインしよう

スマホは機種によってカメラの位置が異なります。

そのためカメラ穴の位置を考えずにデザインしてしまえば、思ったような仕上がりにならないパターンも考えられます。

そのようなミスを回避するためにはカメラ穴の位置を考えたデザイン構成が重要になります。

カメラ穴の位置を利用したデザインを作成するのも良い方法と言えます。

閉じたときと開いたときの見え方を考える

手帳型スマホケースの場合は閉じたときと開いたときのパターンで見え方が異なります。

そのためデザインを行う際には、開いた状態のものを先に考えておくのがおすすめです。

上級者になれば閉じたときと開いたときで、全く違ったデザインに見えるようなものを作り出すこともできるでしょう。

メッセージは簡潔に書こう

手帳型スマホケースを使ってメッセージを伝えるときには、長文を避けるのが重要になります。

手帳型でもスマホケースのスペースは限られています。文章が長すぎると読みにくい場合が多いです。

そのような失敗を避けるためにもメッセージは簡潔に書くようにしましょう。

どうしても長文で伝えたい場合は、表面と裏面を上手く活用するのが良いと言えます。

プレビュー画面での最終チェックは必須

デザインが完成したら、すぐに注文を済ませたくなるかもしれません。

しかし、プレビュー画面でのチェックを怠らないのが重要です。

プレビュー画面でのチェックをしなかった場合には、想像と違うものが届く可能性があります。

自分のデザインが良いものになっているかというチェックをしておけば、注文後に後悔することもないでしょう。

統一感を持たせるのも重要なポイント

オリジナルの手帳型スマホケースを作るときに、デザインの統一感を考えておくのが重要です。

手帳型スマホケースは表面と裏面があるため、両面のバランスが悪いと見た目が悪くなってしまいます。

そのような失敗を防ぐために、バランスの良いデザインをしておくのがおすすめです。

色合いも両面で統一しておくことで綺麗なデザインに仕上がりやすくなります。

スマホラボでオリジナルの手帳型スマホケースがオーダーメイドできる!

スマホラボではオリジナルの手帳型スマホケースを作り上げることが可能です。

恋人へのプレゼントにオリジナルの手帳型スマホケースを作るのも良いでしょう。

アイドルが好きな人は「アイドルの画像を使った自分だけの手帳型スマホケース」でアピールしてみるのもおすすめです。

どんなデザインでも簡単に作れるので、オリジナルの手帳型スマホケースが欲しい人は試してみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA