投稿日:

【HUAWEI対象】オリジナルケースを作るならこれを読んでからアクションを起こしてみよう

街中のショップでは、さまざまなスマホケースが販売されているので、自分好みのものを選びやすくなっています。

しかし、気に入ったものがどうしても見つからない場合には、オリジナルのスマホケースを作るのが良い方法です。

スマホと一口に言っても数々のメーカーが出していますが、ここではHUAWEIをピックアップし、オリジナルスマホケースについて紹介します。

HUAWEIについて詳しく知る

HUAWEIを使用中、あるいは「HUAWEI」という名前を聞いたことがあっても、詳しく理解していない人もいるでしょう。

そこで、HUAWEIとはどういったメーカーなのか見ていきましょう。

HUAWEIとは?

HUAWEIは1987年に中国の深センに作られた、中国の大手通信機器メーカーです。

スマホやタブレット、パソコンなどを製造していますが、スマホに関してはSIMフリーの端末を格安で買えることから世界的にも人気です。

これまでのデバイスにはGoogleのAndroidをOSに採用していたものの、GoogleがAndroidサポート停止を発表したので、HUAWEIのスマホにはAndroidを使用できなくなりました。

しかし、HUAWEIでは独自OS「ARK OS」を開発していることがわかり、今後はAndroidに代わってそのOSが搭載されると報じられています(2019年6月1日時点)。

なお、HUAWEIではシリーズごとにターゲットを変えるなど、ほかのAndroidスマホには見られない仕様となっています。

シリーズがいくつかあるなかで、特に人気のあるものがMateシリーズとPシリーズ、novaシリーズの3つです。

Pシリーズ

Pシリーズは見た目を重視したスタイリッシュモデルで、おしゃれ好きな人をターゲットとしています。

P20シリーズの「HUAWEI P20」は、このシリーズにおいて最もスタンダードなモデルで、2018年4月に発売されました。

ほかにも「HUAWEI P20 lite」は前のシリーズで人気のあった「HUAWEI P10 lite」の後継機で、幅が71.2mmの厚さは7.4mmと女性でも使いやすいサイズです。

Mateシリーズ

Mateシリーズは、値段はやや高額になるものの高スペックで、ビジネスマン向けのシリーズです。

Mate 20シリーズの「Mate 20 RS」は背面にレザーを採用するほか、背面カメラの出っ張りをなくすなどデザイン性に優れています。

「Mate 20 Pro」は側面が丸みを帯びており、ディスプレイも側面まで拡大したデザインとなっています。

novaシリーズ

novaシリーズは平均的なスペックでありながら値段が抑えられており、学生や若者をターゲットとしています。

「HUAWEI nova lite 3」は インカメラに1600万画素のAIカメラを搭載し「HUAWEI nova 2」は厚さが6.9mmのモデルです。

オリジナルのHUAWEIケースを作る魅力・メリット

オリジナルのHUAWEIケースを作るうえで魅力やメリットがありますが、主にどういったものがあるのか5つピックアップしてみました。

好みのデザインで作れる

ピンと来たアイディアがあれば、そのアイディアをもとにスマホケースを作ることができます。

たとえば、ファッションにこだわりがあるなら、服のイメージに合わせたデザインにするという手もあります。

自作する楽しみを味わえる

ショップで販売されている商品は人が手がけたものなので、必要以上にワクワクするようなことは少ないかもしれません。

オリジナルのHUAWEIケースは自分でデザインをイチから作っていくため、装着時だけでなく完成までのプロセスを楽しめるようになっています。

個性をアピールできる

目立つことが好きな人は、何かアイテムを購入する際に、派手なものや変わったものを選ぶこともあるでしょう。

しかし、それだけでは物足りず、アレンジして個性を出したい人もいるかもしれません。

オリジナルのHUAWEIケースは比較的自由に作れるので、奇抜なデザインを取り入れるなどすれば注目を集めやすくなります。

人とかぶる心配がない

ショップで売られているHUAWEIケースだと、誰かとかぶる可能性も出てくるかもしれません。

一方、オリジナルのHUAWEIケースを作れば、自分ならではのデザインを考えられるので、周りとかぶることも少なくなるでしょう。

HUAWEIへの飽きを防ぐ

HUAWEIを使い続けていると、デザインに飽きが来ることもあるでしょう。

そういった場合には、オリジナルのHUAWEIケースを装着すれば見た目の印象を変えられるので、HUAWEIに対して新鮮な気持ちを持てるようになります。

オリジナルのHUAWEIケースの活用シーン

オリジナルのHUAWEIケースを作った場合、使用中のHUAWEIに装着するのも悪くはないですが、活用シーンはそれ以外にもあります。

では、どういったシーンにオリジナルのHUAWEIケースを活用できるのでしょうか。

プレゼント(誕生日や母の日)

友人でHUAWEIを使っていれば、誕生日にオリジナルのHUAWEIケースを贈るという手もあります。

ほかにも、母の日には花をあげることが定番となっていますが、母親を驚かせたいなら、オリジナルのHUAWEIケースをプレゼントするのもよいでしょう。

コレクション

スマホケースだからと、必ずしも装着する必要はありません。

気に入ったデザインで傷をつけたくなければ、ミニカーやぬいぐるみのように部屋に飾って楽しむのも良い方法です。

販売

オリジナルのHUAWEIケースが良いデザインに仕上がれば、自分で使うだけでは物足りなく感じることもあるかもしれません。

そういった場合には、ネットで商品として販売すれば人にも使ってもらえるほか、お小遣い稼ぎにもなるでしょう。

思い出づくり

犬や猫を飼っている場合、思い出づくりとしてペットの写真を撮ることもあるでしょう。

それもひとつの楽しみ方ですが、その写真をデザインにHUAWEIケースを作れば思い出として残しつつ、HUAWEIを操作する度に眺めて楽しむことができます。

応援グッズ

アイドルファンであれば、アイドルグッズを買い集めている人もいるでしょうが、応援グッズとしてオリジナルのHUAWEIケースを作るのも良い方法です。

作成したものをHUAWEIに装着すれば、友人や知り合いに会った際に、そのアイドルのファンであることをさらにアピールできるでしょう。

オリジナルのHUAWEIケースを作成してくれる業者を5つ紹介!

オリジナルのHUAWEIケースの作成を受け付けている業者がいくつかあるなか、ここでは5つの業者をピックアップしてみました。

オリジナルスマホケースラボ

オリジナルスマホケースラボでは、ネットを通してデザインを作成できるようになっており、スマホやパソコンがあれば場所を問わず注文可能です。

モバイルバッテリーやパスケース、マグカップなどのデザイン作成も受け付けているので、希望があればあわせて作ることもできます。

【公式サイト】
https://original-smaphocase.com/

マイケースカバーズ

マイケースカバーズでは、デザインにしたい写真を送信してイメージを伝えれば、業者側で加工修正をしてくれます。

なお、ツイッターでフォローとリツイートをすると無料券が当たったり、銀行振込の人に限り料金を安くしたりなど、さまざまなサービスを取り入れています。

【公式サイト】
https://www.mycasecovers.com/

プリケース

プリケースでは独自のデザインを数多く用意しているので、HUAWEIケースを作りたいならその中から選択することも可能です。

通常配送を希望した場合には、注文してから2~4営業日以内に商品が届けられます。

【公式サイト】
https://www.pri-case.jp/

Up-T

HUAWEIケースやTシャツをはじめ、さまざまなオリジナルアイテムを作成して売買できるUp-T。

会員登録と送料は無料で、支払い方法はクレジットカードや銀行振込を含め、計6つのなかから選べるようになっています。

【公式サイト】
https://up-t.jp/

YOTSUBA(ヨツバ印刷)

YOTSUBAでは短納期でありながら、値段を安くするよう努めています。

小ロット数から大ロット数まで幅広く対応しているので、個人での利用や企業で複数必要になった場合には便利です。

【公式サイト】
https://www.yotsuba-insatsu.com/

初心者でも安心!オリジナルスマホケースラボでHUAWEIケースを作ってみよう

オリジナルのHUAWEIケースを作っている業者は数多くありますが、業者選びで迷ったらオリジナルスマホケースラボを利用するのが良い方法です。

この業者では簡単にデザイン作成ができるよう、独自のツールを取り入れているので、初心者でも操作で困ることはないでしょう。

これからHUAWEIケースを作ることを検討している人は、オリジナルスマホケースラボに一度相談してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA