投稿日:

【スマホケースを作りたい人】アイドルのオリジナルグッズをまずはチェックしよう!

街中のショップでは数々のスマホケースが販売されていますが、気に入ったものがなければオリジナルグッズを作るという手もあります。

しかし、オリジナルグッズを作るのが初めての場合、何をもとにしたらいいのか悩むかもしれません。

もしアイディアが浮かばなければ、アイドルに焦点を当てるのがよいでしょう。

アイドルといってもさまざまなグループがありますが、ここでは坂道グループやAKBグループをピックアップしてオリジナルグッズを紹介します。

【坂道シリーズ】乃木坂46・欅坂46・日向坂46(けやき坂46)のオリジナルグッズ特集

乃木坂46の気になるオリジナルグッズとは?

坂道グループとして最初に結成された乃木坂46。

このグループを応援するファンのなかには、オリジナルグッズづくりをしている人が数多くいますが、どんなものを自作しているのか詳しくみていきましょう。

スマホケース

齋藤飛鳥の写真に、グループ名(アルファベット)と23作目のシングル名「Sing Out!」を加えて作った背面タイプのスマホケースです。

白黒で落ち着きのあるデザインになっているので、街中で取り出しても周囲を気にせずに使うことができるでしょう。

うちわ

高山一実の名字「高山」と愛称「かずみん」を入れて作った光るうちわ。

黒に白文字を入れているのでそれだけでも目立ちますが、光ることでライブへ行った際により注目を集めることができます。

カラフルなうちわを作る人が多いなか、こういったアイテムを作ってみるのもひとつの手です。

キンブレシート

アイドルのライブには欠かせないアイテムとして「キンブレシート」というキングブレード(ペンライト)を装飾するためのシートがあります。

ツイートでは梅澤美波や山下美月のキンブレシートを作っていますが、自作した分愛着も湧きやすくなり、ライブ時にはより熱を込めて応援できるでしょう。

キーホルダー

乃木坂46のCDの14作目までをキーホルダーにしたもので、小さいながら細かいところまで忠実に表現しています。

ツイートのように、ボードに並べてインテリアとして楽しむのもよいですが、カバンなどにさり気なくつければ、友人やファン仲間から注目されやすいでしょう。

マグカップ

乃木坂46のファンが、学校の授業で作ったというマグカップ。

ライブで歌っているシーンやテレビ出演しているシーンなど、いくつもの写真を組み合わせることで、どの方向から見ても楽しめるようになっています。

このマグカップでコーヒーや紅茶を飲めば、普段よりも美味しく感じられるでしょう。

欅坂46のオリジナルグッズはこちらの5点!

坂道シリーズ第2弾として結成された欅坂46。

このグループのオリジナルグッズにはどんなものがあるのか、5つピックアップしてみました。

スマホケース

ライブ「7th YEAR BIRTHDAY LIVE」のデザインをもとに作成した、背面タイプのスマホケース。

こちらのアイテムは、欅坂46のメンバーの名前を細かくプリントしてあるところがポイントです。

ライブの記念としてオリジナルスマホケースを作ることで、思い出をより特別な形で残すことができます。

シール

欅坂46のロゴやエンブレムをシールにしたオリジナルグッズ。

ツイートではファイルに複数貼っていますが、これを学校へ持っていけばクラスメイトから注目を集めることができます。

また、手帳や手紙にワンポイントで貼るのも使い方としてはよいでしょう。

アクセサリー(リボン)

MA-1ジャケットの「アルファ」というモデルに付属するリボンを、欅坂46仕様で作ったオリジナルグッズ。

MA-1ジャケットを持っていればそれに装着するのもよいですが、カバンに付けたりインテリアとして部屋に飾ったりするのも良い方法です。

エギ

大型のイカを釣る際に使う「エギ」という擬餌鉤(ぎじばり)を、長濱ねる仕様で自作したアイテム。

長濱ねるの初期タオルのように両端は緑色と紫色に塗り、中央は漢字とアルファベットで名前を入れた手作り感満載のデザインです。

彼女のファンで釣り好きなら、このアイテムを作れば海へ行くのがより楽しくなるでしょう。

ペンライト

ライブで使うペンライトを土生瑞穂仕様に自作したアイテム。

片面はグループ名を、もう1つの面に土生瑞穂の名前を入れ、それぞれの横には欅坂46のロゴを加えています。

このペンライトを持参して欅坂46のライブへ行けば、応援するのがさらに楽しくなりますし、ほかのファンと差をつけることができます。

日向坂46(けやき坂46)のオリジナルグッズを紹介!

2015年11月に結成以来、2019年2月11日まで「けやき坂46」として活動していた日向坂46。

このグループのオリジナルグッズには、一体どんなものがあるのでしょうか。

うちわ

黒いうちわに、佐々木久美の名前と「NO.1 captain!」というメッセージを書いて作成したオリジナルグッズ。

写真を取り入れるのもひとつの方法ですが、シンプル好きな人は、ツイートのように文字のみでうちわを作るのもよいでしょう。

キーホルダー

日向坂46のライブに行ったファンが、会場で手に入れた風船を小さくカットして作ったキーホルダー。

100円ショップのキーホルダーを使うなどコストの抑えられたアイテムですが、アイディア次第で風船もこのような活かし方ができます。

名札

日向坂46ファンが握手会で付けていったという、宮田愛萌の写真を大きく使った名札。

この名札を見た宮田本人から感謝されたとのことなので、握手会に行くならこういった名札を自作してファンアピールするのもよいでしょう。

Tシャツ

世界的にも有名な、アメリカのへヴィメタルバンド・メタリカのロゴを真似して作った日向坂46のTシャツ。

ツイートのTシャツはフロントのみのデザインですが、袖や後ろにもデザインを入れるとよりインパクトを出すことができます。

ペンライト

グループ名を漢字・アルファベットの2パターンで作成したペンライト。

こちらのペンライトはブルーの明かりを使っていますが、女性ファンならピンクやオレンジなどで作ってみるのもよいでしょう。

また、メンバーのなかで好きな人がいれば、その人の名前で作成するという手もあります。

【AKBグループ】AKB48・SKE48・NGT48・HKT48・STU48のオリジナルグッズ特集

AKB48の気になるオリジナルグッズとは?

AKBグループのメインの存在でもあるAKB48は、アイドルグループのなかでも特に人気を集めていることでも有名です。

AKB48のオリジナルグッズにはいくつかありますが、ここでは以下の3点をピックアップしてみました。

スマホケース

右側のアイテムは、柏木由紀の写真やAKB48選抜総選挙の票数をプリントしたスマホケース。

こちらは白で作成していますが、汚れが気になる人は濃い目の色をベースに選ぶのもよいでしょう。

スマホに装着する以外にも、コレクションアイテムとして未使用のまま楽しむという手もあります。

うちわ

AKB48チーム8の舞台公演に持っていったという、太田奈緒仕様の自作うちわ。

ピンクや赤など女性が好むカラーを使用するほか、名前の上に「みんなのアイドル」と一言添えているところがポイントです。

こちらを太田本人に見せたら喜ばれたそうなので、彼女のファンであればこういったアイテムを作ってみるとよいでしょう。

プラモデル(トラック)

トラックのプラモデルを横山由依仕様に仕上げたアイテム。

横山本人の写真を貼り付けたり、赤や青、黒のマジックを用いて文字を書いたりなど、個性があふれるアイドルグッズです。

アイドルグッズでうちわを自作する人は多いですが、プラモデルを作れば人と差をつけることができます。

SKE48のオリジナルグッズにはどんなものがあるのか?

2008年に名古屋の栄に誕生したSKE48には、以下のようなオリジナルグッズがあります。

スマホケース

こちらの手帳タイプのスマホケースは、松井珠理奈を全面に大きくプリントし、側面にキスマークをさりげなく入れているところがポイントです。

このようなアイテムを作ってスマホに装着すれば、友人だけでなく他人にも松井珠理奈のファンであることを強くアピールできるでしょう。

うちわ

SKE48チームEに所属する浅井裕華の自作うちわ。

写真を中央に大きく載せ、その周りには彼女の名前やグループ名をはじめ、「好きになるのはゆうかたんだけ」というメッセージも添えています。

こちらのアイテムは白を背景に使っていますが、柄を入れることでまた違ったイメージに仕上がるでしょう。

イヤリング

松井珠理奈のメンバーカラーでもある、緑とオレンジを使って作成したイヤリング。

ツイートでは星のパーツを使っていますが、ハートや三角などのパーツを使うという手もあります。

一見、アイドルグッズには見えないので、松井珠理奈のファンであることをさり気なくアピールするにはよいアイテムです。

NGT48のオリジナルグッズを3つ紹介!

新潟をメインに活動中のNGT48には、果たしてどんなオリジナルグッズがあるのでしょうか。

Tシャツ

写真のTシャツは、本間日陽が第9回AKB総選挙で13位にランクインしたのを記念に作ったものです。

本間日陽の写真を複数プリントした上に、トロフィーを被せたデザインになっています。

こちらのデザインもよいですが、たとえば写真を4枚に絞って作成するのもひとつの方法です。

うちわ

こちらのNGT48のうちわは赤やオレンジ、ピンクなどの文字を貼り付けて作られています。

写真を入れることに抵抗がある人は、こういったアイテムを作ってみるのがよいでしょう。

ペンやマジックで書くという手もありますが、字が下手という人はツイートを参考に自作してみてください。

カレンダー

中井りかをもとに自作したカレンダー。

ツイートでは中身まで確認できませんが、各月で写真を1枚のみにしたり複数組み合わせたりなど、作成方法はさまざまできます。

カレンダーといっても、卓上のものもあれば壁に飾る大きめのものもあるので、自作する際には用途にあったものを選びましょう。

HKT48のオリジナルグッズにはこんなものがある!

HKT48は福岡市を拠点に活動しているAKBグループですが、このグループのオリジナルグッズには以下の3つがあります。

カレンダー

HKT48チームKIVの森保まどかの写真をプリントしたカレンダーで、月が変わるごとにさまざまな彼女を楽しめるようになっています。

ツイートでは中央に写真を、その周りにスケジュールを印刷していますが、たとえば横型の用紙に左側は写真を、右側にスケジュールを載せるという手もあります。

>缶バッジ

こちらの自作バッジは、2ちゃんねるで考案されたアスキーアートを描くなど、荒巻美咲の名前に引っ掛けた個性的なアイテムです。

ツイート主は、この缶バッジを装着して荒巻美咲の握手会に行ったところ、本人から気づかれたとのことです。

うちわ

武田智加や田中菜津美仕様に、切り抜きメインで作成された自作うちわ。

どちらもバランスよくデザインされていますが、田中菜津美のうちわは「宇宙一かわいい」というメッセージや星をいくつも取り入れており、彼女への想いの強さが伝わってきます。

STU48ファンが作るオリジナルグッズとは?

瀬戸内を拠点とするSTU48のオリジナルグッズには、どんなものがあるのか見ていきましょう。

うちわ

ベースに紫色を使い、磯貝花音の名前の周りに音符やハートをカラフルに描いたうちわ。

文字の切り抜きを貼るのもよいですが、手作り感を出したいならツイートのように手書きで作るのが良い方法です。

手書きであれば、うちわの自作が初めての人でも難易度は低いでしょう。

缶バッジ

瀧野由美子・薮下楓の似顔絵と、それぞれの名字・名前から漢字1文字を取ってデザインした缶バッジ。

アイドルグッズを感じさせないデザインなので、服やカバンにつけて楽しみやすいでしょう。

ほかにも、同じファンにプレゼントとして贈れば喜ばれるかもしれません。

キーホルダー

ユニフォーム風に仕上げた薮下楓の自作キーホルダー。

グループ名の「48」を背番号にし、その上に「STU」と「FU-CHAN」の文字を入れるなど、工夫が見られるオリジナルグッズです。

なお、サッカー好きな人は、サッカーのユニフォームで作成してみるのもよいでしょう。

プロに依頼!オリジナルスマホケースラボで満足のいくオリジナルスマホケースを作ってみよう

坂道グループやAKBグループのファンで、オリジナルグッズ制作に励んでいる人は多く、そういった人たちはツイッターにもよく投稿しています。

オリジナルグッズを作りたい人は、それらをヒントにデザインを考えてみるのがよいでしょう。

なお、オリジナルスマホケースラボでは、スマホケースモバイルバッテリーなど1点からでもオリジナルグッズの作成を受け付けています。

デザイン作成と注文はネットから簡単にできるので、プロにスマホケースを作ってもらいたい人は、オリジナルスマホケースラボを利用してみてはいかがでしょうか。

こちらの記事も読まれています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA