投稿日:

エディタで誰でも簡単作成できちゃうスマホラボでiPhoneケースをつくってみた!

iPhone

皆さんの iPhoneケースはどこで買いましたか?
ドン・キホーテ?それとも雑貨屋さん?楽天などのネットショップ?
iPhoneケースは今や、100円ショップでも扱っているほど多くの種類が出回っています。
これだけ多くの種類があるのに、お気に入りのiPhoneケースに出会えないという方も中にはいます。

また、市販品のデザインがあまりお好みでないという方もいるでしょう。
そこでおすすめしたいのが今回紹介するオリジナルiPhoneケースです。
オリジナルiPhoneケースの作り方や、当サイトのメリットについて紹介していきます。

オリジナルiPhoneケースをつくるために「デザインエディタ」を使う

当サイトでは、「デザインエディタ」を使って、誰でも簡単に、オリジナル iPhoneケースを作ることができます。
この項では、「デザインエディタ」についての簡単な説明と、実際にiPhoneケースの作り方まで公開しちゃいます!

誰でも簡単にオリジナルスマホケースをデザインできるwebアプリ

今すぐデザインする

「デザインエディタ」は、スマホなどに取り込むようなアプリソフトではありません。
インターネットにつながるパソコンやスマートホンがあれば、web上でデザインができるブラウザアプリです。
特別な知識や、操作方法が必要なく、手順に従ってデザインしていくだけの簡単操作アプリです。

SNOWやインスタグラムで写真に文字を入れたりするよりも簡単なので、オーダーしなくても一度試しにデザインをしてみるのもいいかもしれませんね。
「デザインエディタ」でデザインするのは、誰でも無料でできます。
オーダーするとなると料金が発生しますが、お試しデザインだけでは料金は発生しませんので、ぜひ簡単操作の「デザインエディタ」を試してみてくださいね。

実際につくってみた!

ではここで実際に「デザインエディタ」を使ってオリジナル iPhoneケースを作ってみます。
実質行う作業を中心に、操作画面の画像を使って説明していきます。

①写真を選ぶ

まずは、フリー素材のサイトや、自分の手持ちの写真からiPhoneデザインのベースとなる画像を決めます。
今回は、フリー素材のサイト「pixabay」から、幾何学的な模様をチョイスしてみます。

画像

引用元: pixabay.com 

ちょっとクールな感じの画像ですね。
ではこの画像を使って iPhoneケースをデザインしていきます。

②サイトをクリックしてデザインエディタを起動させる

デザインエディタを起動

スマホラボの右上にある「今すぐデザインする」をクリックします。
すると以下の画面に切り替わります。

アイテム
ここから作りたいタイプの iPhoneケースを選択します。
ちなみにスマホラボで作れるiPhoneケースのタイプは、ハードケースの側表面印刷タイプと、表面(背面)のみ印刷タイプ、手帳型タイプの3種類です。

今回は側表面印刷タイプを選びます。
すると、iPhoneの種類を選択する画面に切り替わります。

iPhone

iPhone

全部で9種類のiPhoneから選ぶことができます。
今回は最新iPhoneのiPhoneXのケースを作ってみます。

③選んだ写真をアップロードする

アップロード

作成画面に移動したら、左下にある画像をクリックしましょう。

画像 するとエディタ画面上部に画像をアップロードできるボタンが出現します。

アップロードボタン
緑色のアップロードをクリックすると、画像を選択できるようになります。
先ほど取得した幾何学模様をアップロードします。

写真アップロード

画像のアップロードが完了しました。
でもこれだけだとちょっと寂しい感じがしますね。
今度はこの画像を調整していきます。

④サイズ調整や角度調整をする

調整

画像を調整するには、アップロードした画像をクリックすると、「ツール」と書かれたアイコンが出てきます。
画像の端っこにある□マークをドラッグすれば拡大縮小ができますし、画像の上にある〇をドラッグすると角度を変更できます。
もちろんこのアイコンで操作をすることもできます。

操作

角度を90度にし、38%拡大しました。
画像がプリントされると、ケース全体に幾何学模様が映し出されるようになりますね。
これで完成!と言ってもいいですが、デザインエディタでは文字やスタンプを入れることもできます。

⑤文字やスタンプも入れられる

文字やスタンプ

スタンプや文字を入れる場合には、「テキスト」か「スタンプ」のアイコンをクリックしましょう。
文字はそのまま入力した文字がアップロードした画像に追加されます。

スタンプは、色々な種類の中から選ぶことができます。
この画像にピッタリ合いそうなスタンプとして(めっちゃ悩みました)星のスタンプを合わせてみます。

スタンプ

⑥完成!→支払い→到着!

完成

完成した最終デザインがこれです。
あとは、右上にある「レジに進む」をクリックして、必要事項を入力すればオーダー完了です。

レジに進む
作成費用で970円、配送費が170円ですので合計1,140円でオリジナル iPhoneケースが出来ちゃいました。

スマホラボのメリット

スマホラボでオリジナル iPhoneケースの作り方について説明してきましたが、スマホラボのメリットとは一体なんなのでしょうか?

値段は安いが素材はポリカーボネートを使用している

素材は安いプラスチックではなく、防弾チョッキなどにも使われている「ポリカーボネート」を使用しています。
スマホのハードケースのほとんどがポリカーボネート材を利用していますが、値段は結構高めです。
スマホラボでは、オリジナルデザインをプリントできる上、かなり安い値段でiPhoneケースが作れるということになります。

他のオリジナルスマホケース作成サイトよりも早い納期

納期は商品にもよりますが、最短で3営業日で発送されるため、他のオリジナルスマホケースサイトよりも素早く手に入れることが可能です。

まとめ

オリジナル iPhoneケースを作りたいのであれば、操作が簡単で格安、スピード納期のスマホラボがおすすめです!
ぜひ自分だけのオリジナルデザインを作り上げてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です