投稿日:

なんでiPhoneばっかり?!Androidケース難民のためのAndroidケース自作のススメ

世の中、iPhoneのケースは溢れているのに、なぜかのAndroidのケースは少ない!

そう感じているAndroidユーザーは多くいるはずです。

そんな方にオススメしたいのが、オリジナルのスマホケースを作成できるサービスです。

無いなら作る!それしかありません。

Androidケースを自作するなんて、面倒だな、難しそう、そう決めつけていませんか?

とっても簡単に、素敵なAndroidケースが作れる方法があります。

そんなオリジナルAndroidケース作成方法をご説明します!

なぜAndroidケースはiPhoneケースよりも少ないの?

Androidユーザーは、iPhoneユーザーとほぼ同程度にいるというデータがあるのにも関わらず、家電量販店のスマホケース売り場を見てみると、そこにはiPhoneケースばかり。

あれ?私の機種、二種類しかケース置いてない!

そんな経験をされた方も少なくないのではないでしょうか。

Androidケースの種類がこんなにも少ないのは、一体なぜなのでしょう?

理由は簡単で、Androidの機種が多種多様にありすぎるからです。

現在流通しているAndroidは、iPhoneとは比べ物にならないほど種類が豊富にあるため、1機種あたりのケースの種類がどうしても少なくなってしまうのです。

機種の種類が限られているiPhoneは、お店にしてみれば確実に売れる商品だと推測できるため、iPhoneケースは販売しやすいというわけなのです。

Androidケースは販売する側の頭を悩ませる存在?!

実は、メーカーや販売店にとってもAndroidケースは頭を悩ませる存在なのです。

iPhoneのように売れ筋がハッキリとしていれば、作り手はその機種専用のケースをたくさん作りますし、売り手はそのケースをどんどん売ろうとするため、お店には当然iPhoneケースが溢れます。

しかしAndroidは、多くのメーカーがそれぞれに機種を発売し、その数はiPhoneとは比べものにならないほど数多く存在しています。

つまり、iPhoneと同じようにそれら膨大な種類のAndroidケースを作り、販売しようとしたら、当然売れ残りのリスクや在庫リスクが発生するため、販売する側としてはなかなか品揃えを増やせないということなのです。

Androidユーザーは諦めがいい?ケースが無いことになれてしまったAndroidユーザー

iPhoneユーザーがスマホケースを着せ替えて楽しんでいるのに対し、Androidユーザーは専用ケースの無い現状に慣れてしまっていると言えるのではないでしょうか。

ケースを付けずに裸のままのスマホを使用していたり、カメラレンズの穴が無い汎用ケースを使っている、そんなAndroidユーザーも存在するようです。

おしゃれに敏感な女子でさえ、Androidケースをずっと変えずに気付けば二年、そんな事態が起きているのです。

それもこれもAndroidケースが少ないことが原因に他なりません。

無いなら作ろうAndroidケース!まずはクリアケースをゲットしよう

自身のスマホがAndroidでも、XperiaやGALAXYといった人気機種の場合、もしかするとお気に入りのスマホケースに出会えることがあるかもしれません。

もしお気に入りが見つからなかったとしても、人気機種であれば、100均でクリアタイプのスマホケースが売っていたりします。

このクリアなスマホケースは、加工して自分好みにデコレーションすることが出来るアイテムなのです。

ちょっとマイナーな機種の場合、100均でのクリアケース購入は難しいかもしれませんが、ネットで探せば見つかるはずです。

クリアケースからオリジナルスマホケースを作る方法をいくつかご紹介していきます。

自作Androidケース「ステッカー貼り付け」編

お気に入りのステッカーやシールをクリアケースに貼るだけの、とっても簡単な方法です。

ケースに直接シールを貼らず、スマホとクリアケースの間に挟むという方法もあり、この手法であれば、柄に飽きた時も剥がす手間無くシールを変えられます。

シール跡が汚くなってしまうという問題も起こりません。

ケースの表面にシールやステッカーを貼る場合、ほとんどのシールは水に弱いため、手汗や雨には要注意です。

自作Androidケース「転写シール」編

転写シールの場合はケース自体に柄を転写しますので、仕上がりがとてもきれいです。

この方法も、とても簡単にオリジナルスマホケースを自作できます。

一つ難点を挙げるとすれば、転写シールの剥がれやすい点です。

手間にはなりますが、デコパージュやレジンのような透明な液体で補強すれば、より強度を得られます。

自作Androidケース「UVレジン」編

紫外線で固まるレジン液を使う方法です。

シールを貼ったり、絵を描いたりした、ストーンを置いたりした上に、レジンを塗って固めます。

押し花をレジンで固めるのも、大人かわいい仕上がりになり女性に人気です。

空気が入らないよう注意したり、均一に塗っていったりと、少し技術が必要です。

手先が器用な方は試してみるのもいいでしょう。

レジン液も100均で購入することができます。

自作Androidケース「グルーガンで貼り付け」編

小さなマスコットパーツや造花などを、グルーガンで直接ケースに貼り付ける方法です。

グルーガンとは、スティック状の樹脂を熱で溶かして使う接着剤です。

立体感のある個性的なAndroidケースが作成できます。

注意点としては、表面がツルツルしたものはグルーガンで接着してもすぐに外れてしまうので、スマホケースの材質によっては、せっかく貼り付けてもすぐに剥がれてしまうということもあるようです。

自作Androidケース「デコパージュ」編

デコパージュは、専用液を使って紙ナプキンなどといった紙を貼り付ける手法です。

Androidケースの場合、側面の湾曲した部分の処理が少し難しいかもしれませんが、まるでプリントしたようにケースの全面を自分好みの柄にすることが出来ます。

デコパージュ専用液も100均で販売されているので、お手持ちの紙ナプキンなどで試してみるのもいいのではないでしょうか。

自作Androidケース「スマホリング貼り付け」編

クリアケースに限らず、無地のスマホケースにスマホリングを貼り付け、Androidケースを自作するのもまた一つの方法です。

スマホリング自体のデザイン性が高いものもたくさん発売されていますので、無地ケースとの色合わせを楽しんだりするのもいいかもしれません。

オリジナル性は低いため、他人と全く被らないという保証はありません。

スマホ操作中によく落とす方や、実用性を求める男性などにはオススメのAndroidケース自作方法です。

自作Androidケース「手帳型」編

布や革で手帳型スマホケースを自作される方もいるようです。

かなり上級者ですが、出来上がった作品は愛着を持って大切に使うことができるのではないでしょうか。

特に革製品は使い込むほどに味が出てくるので、長く愛用できるAndroidケースになりそうです。

毎日使うスマホ、それを守ってくれるケースなので、こだわりを持って自作するというのは、とても素敵なことです。

オリジナルスマホケースをオススメする理由

とにかく人と被らないという点が、オリジナルスマホケースを作成する意義なのではないでしょうか。

どんなに気に入っているものでも、人と被ると一気に冷める、そんな経験がある方もいると思います。

人気ブランドのスマホケースなどを買うと、こういった現象が起こりがちです。

AndroidケースはiPhoneケースに比べて種類も限られてしまうため、必然的に人と被るリスクは高くなります。

人と違うものを持ちたい!という思いが強い人には、特に自作ケースをオススメします。

作っている最中から楽しいですし、完成後も愛着を持って大切に使えるのではないでしょうか。

プレゼントにもオススメ!自作Androidケース

オリジナルで作ったAndroidケースは、プレゼントとしても喜ばれるのではないでしょうか。

例えば彼氏に、手編みセーターのプレゼントは重すぎますが、手作りスマホケースなら使ってもらえそうです。

毎日使うものが自分のプレゼントしたものであれば、プレゼントしたかいがありますし、素直に嬉しいものです。

お父さんやお母さんへは父の日や母の日のプレゼントとして、大切な友達の誕生日プレゼントとして、自作スマホケースをプレゼントはオススメです。

大切に使ってもらえるよう思いを込めて、作成してみてはいかがでしょうか。

Androidケースはオリジナルで作るべし!自作ケースは宝物!作る過程もまた楽しい!

ご紹介してきたように、Androidケースをオリジナルで作る方法は色々とあります。

手先が器用な人や、ハンドメイドが得意な人にはオススメです。

しかし、不器用さんだって諦めてはいけません!

レジンやデコパージュ、ましてや手帳型ケースを一から自作するのは、少しハードルが高いかもしれませんが、そんな人でも簡単にAndroidケースを作成出来るサイトがあります。

このサイトを使えば、誰にでも簡単にお手頃価格でAndroidケースの自作が出来ます!

Androidケース難民には、「スマホラボ」がオススメです。

こちらの記事も読まれています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA