投稿日:

花言葉を添えたオリジナルのiPhoneケースを誕生日や記念日のプレゼントにしよう!

誕生日や結婚記念日など、他とはちょっと違うプレゼントを贈りたいときにはオリジナルグッズを用意してあげると喜ばれるかもしれません。

相手が女性の場合は、花言葉にちなんだオリジナルのiPhoneケースを作ってあげるのもいいものです。

花柄のプリントや本物の花を使った押し花など、プレゼントに合う花と花言葉を紹介します。

目次

プレゼントに最適!相手に贈る素敵な花言葉

花言葉は花の数だけあります。

相手の好きな花の中から状況にふさわしい花言葉を選ぶのもいいかもしれません。

はじめに、プレゼントに最適な花と花言葉を紹介します。

ゼラニウムで「信頼」や「尊敬」の気持ちを伝えよう

ゼラニウムの花言葉は「信頼」と「尊敬」、そして「真の友情」です。

親しい先輩や交友関係が長い相手に送るといいでしょう。

誕生日や送別の記念として贈るのもいいですね。

赤いポピーには「感謝」や「慰め」の思いを込めたい

赤いポピーには「感謝」や「慰め」という花言葉があります。

ポピー全般には「思いやり」や「いたわり」という花言葉があるので、励ましたい相手に贈るといいかもしれません。

美しい人には「洗練された美」の花言葉を持つユリを

ユリ全般の花言葉は「純粋」や「無垢」ですが、種類によっても花言葉がやや違います。

カサブランカは「高貴」、クルマユリには「多才な人」という花言葉があります。

「親しみやすい」相手には黄色のガーベラがピッタリ

黄色のガーベラには「親しみやすい」「究極美」といった花言葉があり、親友や仕事のパートナーなどに贈る花として向いています。

ガーベラは4〜10月が開花時期ですが、アレンジメントや鉢植えで一年中花店で見かける花です。

「幸せが飛んでくる」コチョウランで幸運を贈ろう

コチョウランは高価な花という印象が強く、お祝いとして贈られることが多いですね。

コチョウランには「幸せが飛んでくる」という花言葉があります。

結婚や就職など新しいスタートを切る人にも喜ばれるでしょう。

「夢が叶う」青いバラで成功した人へのプレゼントに

青いバラは自然界に存在することが不可能と言われていた時期がありました。

そのため、以前は「不可能」という花言葉がついていたのです。

ところが、青いバラの開花に成功させた企業があり、花言葉は「夢が叶う」に変わりました。

成功した人に贈りたい花です。

アイリスで「嬉しい便り」を待つ気持ちを込めよう

アイリスとはアヤメのことです。

アヤメも種類によっていくつかの花言葉があります。

「良い頼り」や「嬉しい便り」、そして「幸せは必ずやってくる」といった花言葉で、相手に希望を託すようなものばかりです。

「なつかしい関係」の人にはツユクサで思い出に浸る

夏に可憐な青い花を咲かせるツユクサには「なつかしい関係」という花言葉があります。

幼なじみや長く疎遠になっていた古い友人などに贈る花として最適です。

仕事で多忙になったり結婚で生活の拠点が変わったりした相手と再会を果たしたときに贈るのもいいかもしれません。

「あなたを忘れない」という気持ちをピンクのカーネーションで

カーネーションは母の日のイメージを持つ人は多いかもしれません。

特にピンクのカーネーションには「母の愛」という花言葉もあり、母の日のプレゼントとして最適です。

「あなたを忘れない」という花言葉もあります。

ニチニチソウで「楽しい思い出」に感謝しよう

初夏から秋にかけて開花するニチニチソウには「楽しい思い出」という花言葉があります。

一緒に過ごした大切な人が移転するときや会社で異動になるとき、または卒業でそれぞれの道を歩む相手に贈る花として選んでみましょう。

「新しい門出」にはスイートピーを贈ってお祝いを

4〜5月にかけて開花する可憐な花が特徴的なスイートピーの花言葉は「門出」や「別離」です。

「別離」というとあまり良くないイメージを抱く人もいるかもしれませんが、「ほのかな喜び」や「優しい思い出」という花言葉もあり、どちらかと言えば旅立ちを祝福する意味合いがあります。

ローダンセで「終わりのない友情」の証を贈ろう

春から夏にかけて花を咲かせるローダンセには「終わりのない友情」や「変わらぬ思い」という花言葉があります。

親友へのプレゼントに最適な花ではないでしょうか。

誕生日や結婚などの大切な記念日にはローダンセを贈ってみましょう。

「楽しいおしゃべり」ができる相手にはベルフラワーを

ベルフラワーが持つ「楽しいおしゃべり」という花言葉は、楽しく一緒に時間を過ごす女性同士の友情を伝えたいときにも最適です。

「感謝」や「誠実」という花言葉もあります。

「団結」したい相手にはバーベナの花が最適

初夏から秋にかけて開花するバーベナには「団結」という花言葉があります。

一緒に何かを始める相手に贈りたいときに向いています。

例えば、一緒にお店をオープンする相手や会社の共同経営者などに贈るのもいいかもしれません。

ジニアの花で「不在の友を思う」気持ちを伝える

ジニアは初夏から秋にかけて開花する花で、赤やピンク、オレンジなど明るい色調が特徴的です。

「不在の友を思う」という花言葉を持っていますが、「注意を怠るな」という警戒を促す花言葉も隠されています。

なかなか会えない友人に贈りたい花ですね。

「信頼」を寄せている人には紫のプリムラを

冬から春にかけて鉢植えなどで流通することの多いプリムラには「信頼」という花言葉があります。

プリムラは黄色やピンクなど色は豊富ですが、この花言葉を持っているのは紫のプリムラです。

会社の先輩や友人など、信頼でき心を許せる相手に贈ってみましょう。

赤いバラで「熱烈な恋」の告白をしてみよう

バラは色によってさまざまな花言葉があります。

赤いバラは「情熱」や「熱烈な恋」という花言葉があり、「あなたを愛しています」という真っすぐな愛情表現も込められています。

愛するパートナーへのプレゼントや好きな人への告白に贈ってみましょう。

白いバラになると「私はあなたにふさわしい」という花言葉になります。

「誠実」で「謙虚」な人にはスミレの花が合う

スミレには「誠実」や「謙虚」という花言葉があります。

他には「小さな幸せ」や「あどけない恋」という花言葉もあります。

年下の女性への思慕や可愛らしい女性への信頼を寄せる気持ちとして贈るのもいいかもしれません。

「真実の愛」をマーガレットの花に込めて

春に開花するマーガレットは真っ白な花が印象的です。

その花にピッタリな花言葉「真実の愛」は、恋人へのプレゼントに最適です。

結婚の記念やパートナーの誕生日に、マーガレットをデザインしたオリジナルのiPhoneケースを贈ってみましょう。

「秘密の恋」をしている相手にはミモザの花を

春に黄色の見ごとな花を咲かせるミモザには「信頼」や「秘密の恋」という花言葉があります。

周囲に内緒の恋をしている相手に贈りたいときに向いているかもしれません。

あるいは、秘めた思いをそっと伝えるときに贈ってみましょう。

プレゼントには注意!相手に失礼になる花言葉

花言葉の中には失礼な意味のものやプレゼントにそぐわないものもあります。

オリジナルのiPhoneケースを贈る際には失敗のないようにしましょう。

黄色いカーネーションは「軽蔑」という意味を持つ

カーネーションの黄色を選ぶと「軽蔑」や「あなたには失望しました」という花言葉があるので注意が必要です。

他にも「拒絶」や「拒否」といった花言葉があります。

黄色いバラは「嫉妬」や「愛情の薄らぎ」が込められている

赤いバラは情熱を意味しますが、黄色になると「愛情の薄らぎ」や「嫉妬」という花言葉に変わります。

「友情」という花言葉もありますが注意した方がいいでしょう。

オレンジのユリは「憎悪」の気持ちと誤解されるかも

ユリ全般には良い意味合いの花言葉がついていますが、オレンジのユリになると「憎悪」という好ましくない花言葉があります。

ユリが好きな相手に贈るときには注意しましょう。

「報復」や拒絶の花言葉を持つアザミで敵対されないよう注意

アザミには「報復」という恐ろしい花言葉がついています。

他にも「私に触れないで」や「孤独」という花言葉があり、プレゼントには向かない印象があります。

キンギョソウは「おせっかいな人」という軽蔑の意味を持つ

可愛らしい姿のキンギョソウですが、その花言葉は「おしゃべり」や「おせっかいな人」、「でしゃばり」など失礼なものばかりです。

見た目が可愛いだけにプレゼントにするには気をつけたい花ですね。

本当に「愚か」な人にしか贈ってはいけないオダマキ

春から初夏にかけて開花するオダマキには「愚か」という花言葉があります。

親しい人へ贈りたいときには注意したほうがいいでしょう。

ただし、本当に拒絶したい相手には花言葉に託してみるのもいいかもしれません。

注意しないと険悪になるかも?「悪意」のロベリア

春に園芸店や花店の店先に鉢植えで並ぶことの多いロベリアは、紫や白の可憐な花が鮮やかです。

そんな姿とは違って、花言葉は「悪意」というところが怖いですね。

知らずに贈ってしまうと、相手と険悪になるかもしれません。

赤いヒヤシンスを贈ると「嫉妬」深いと思われそう

水栽培でも気軽に楽しめるヒヤシンスは、赤い花に「嫉妬」という花言葉がついています。

春先になると開花する前の鉢植えが花店に並ぶことが多いですが、異性にプレゼントするときは赤は控える方がいいかもしれません。

黄色いチューリップは「望みない恋」と誤解される?

黄色のチューリップには「望みがない恋」という花言葉があるので注意が必要です。

白いチューリップにも「失われた愛」という花言葉があります。

告白された相手に贈ると誤解されるかもしれません。

「不幸な愛」を意味するスカビオサは恋人に贈っていけない

アレンジメントや花束に使われることも多いスカビオサの花言葉は「不幸な愛」です。

「私はすべてを失った」という花言葉もあり、恋人や配偶者へのプレゼントには要注意です。

花言葉を託したオリジナルiPhoneケースをプレゼントしよう

記念日や大切な人へのプレゼントには、押し花を使ったり花をプリントしたりしたオリジナルのiPhoneケースを送るのも良いアイデアです。

花言葉には良い意味を持つものも多いですが、中には失礼になるものや怖い意味を持つものもあるので注意しましょう。

オリジナルのiPhoneケースを作るときには、手軽で親切ていねいなスマホラボがおすすめです。

こちらの記事も読まれています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA