投稿日:

【1枚からOK】世代問わず使えて嬉しい!オリジナルTシャツの作り方とコツ

着心地もよく、日常的に着ることも、少しおしゃれを意識して着ることもできる便利なアイテムがTシャツです。

Tシャツは、どこででも販売しているものですが、自分だけのオリジナルデザインのTシャツが欲しいとなると、なかなか見つかりません。

オリジナルTシャツは自分で作ることもできます。オリジナルTシャツの作り方を紹介します。

簡単なオリジナルTシャツの作り方

Tシャツのデザインを自分でデザインしてオリジナルTシャツを自作することは、一見難しいように感じられますが、そのようなことはありません。

初心者でも簡単にでき、慣れてくればアレンジ次第で様々なデザインを自作できるようになるでしょう。

道具をそろえることから大変なのではないかと思う人もいますが、印刷しやすい綿素材の新しいTシャツを用意しておけば、あとは100円均一ショップで購入できる道具をそろえるだけで取り組むこともできます

最も簡単な方法は、アイロンプリントステンシルプリントの二通りです。

アイロンプリント

自作プリントを作る方法の中で最もメジャーな方法ともいえる方法です。お手軽にオリジナルTシャツを作成したい場合に非常に役立ちます。

デザインが施された熱加工することで布に接着することができる特殊なシートとTシャツ、そして家庭用アイロンがあるだけで作成可能です。

特殊なシートはアイロンプリントペーパーとも呼ばれており、熱で圧着する仕組みなので、Tシャツの上にシートを置き、当て布の上からアイロンを当てるだけで出来上がります。

シートのデザインも多種多様で、複数のシートを組み合わせることで、よりオリジナリティを楽しむことができるでしょう。用意するものはほぼシートだけなので1枚からの作成も簡単です。

ステンシルプリント

型とスプレー・インクなどを使用して作成する方法です。用意するものは型とスプレー・インク、マスキングテープそしてTシャツだけなので、こちらも簡単に用意することができます。

ステンシル用の型も販売されていますが、こちらはあらかじめデザインが固定されているので、厚紙を利用して自分で型を作ってもよいでしょう

まず、プリントしたいデザインを厚紙に書いてカッターでくり抜いて、Tシャツの上にのせてマスキングテープで固定します。

インクが型の外にはみ出ないようにしっかりとマスキングテープで型を囲むことがポイントです。スプレーやスタンプでくり抜かれた部分にインクを乗せ、乾いた後に型を外して完成です。

ソフトを使用してデザインを作る

手書きでデザインを書いて、Tシャツにプリントする方法もありますが、自身のデザインに自信がない場合や絵に自信がない人も多くいます。

そのような場合には、パソコンのソフトスマートフォンのアプリを使用してデザインし、オリジナルTシャツを作成することも可能です。

デザインを作成して、プリンターで印刷するので、1枚からでも手軽です。デザイン作成のためのソフトやアプリはいくつかあるので、それぞれの違いなども含めて紹介します。

イラストレーター

もっとも有名なアドビが提供する有料ソフトです。図形を使用することによってロゴを作成することができます。

サイズを変更しても高いクオリティーのデザインを作ることができることが特徴です。企業のロゴ作成でも使用されています。

大小さまざまな文字だけのデザインや図形を使用したデザインを作成する際に高いクオリティーを保つことができることがメリットですが、写真などを使用したデザインに向いていない点がデメリットです。

フォトショップ

イラストレーターと同様にアドビが提供する有料ソフトです。写真や画像を編集するソフトで、写真編集にスケッチ、グラフィックデザインをする際に役立ちます。

色味の調節も細かくすることができます。自由にデザインをすることができるという点でメリットですが、ロゴのデザインが難しいという点でデメリットです。

GIMP

無料の画像編集ソフトで画像編集をすることができます。無料という点がメリットですが、デザインデータをプリンタに取り入れることができない可能性もあることがデメリットです。

スナップティー

スマートフォンでオリジナルデザインを編集できるアプリです。操作性が高いということがメリットですが、機能が限られ、質が低いことがデメリットです。

ソフトがないなら専門店へ

1枚のオリジナルTシャツを作成するために、有料ソフトや道具を購入するのはおっくうだと考える人もいます。

そのような場合には、オリジナルグッズ作成を請け負う専門店へと依頼する方法がおすすめです。

オリジナルグッズ作成の専門店であるスマホラボでは、エディターを使用してオリジナルデザインのTシャツを1枚から格安で作成することが可能です。

エディターとは、コンピューターの編集ソフトのことを言います。

専門店へとデザインを持ち込むことをせず、インターネット上でエディタ編集を行うことで、自宅で簡単にオリジナルTシャツの依頼をすることができます。

フォトショップやイラストレーターとは異なり、Tシャツなどのオリジナルグッズを作成するための専用ソフトのため、難しい作業をすることなく、必要な作業だけを手軽に済ませることができるという点がエディターの特徴です。

まず、Web上でデザインエディタを開き、素材としてTシャツを選びます。印刷できる範囲が枠線で囲まれて表示されるので、その中でデザインを作成していきます。

手順に沿ってロゴや写真、イラストスタンプ、カラーを選択し、納得できるデザインとなったならば、保存と購入のボタンを押して完成です。

専門家へと依頼すると、自分の好きなデザインをより美しく、早くプリントすることができるという点でメリットですが、費用が掛かるという点がデメリットです。

オリジナルTシャツを作るのならば

オリジナルTシャツは、自作することができます。自分の好きなデザインを好きなようにデザインをすることができますが、自身の技術や編集ソフトの性能によって限りがあることは覚悟しなければなりません。

回数を重ねるごとに、できる範囲をつかむことができて、より満足のいくオリジナルTシャツを作成することができるでしょう。

オリジナルTシャツの自作は、失敗することもあれば、できばえやインクのにおいなどが気になることもあります。(軽減方法もあるため、利用される際は説明をしっかり確認しましょう。)

専門家へと依頼すると、品質は良いですが、思い通りというわけでもなければ費用も掛かります。デメリットもしっかり理解したうえで、依頼することが重要です。

オリジナルTシャツを楽しむ

Tシャツは、オリジナルTシャツを作成して、ファッションを楽しむことも、チームで連帯感を出すことも可能です。

オリジナルTシャツを品質を保ちながら楽しみたいという場合には、オリジナルグッズ作成の専門店へと依頼することがおすすめされます。

スマホラボでは、1枚から依頼を請け負っており、エディターを使用してWeb上のやり取りだけでオリジナルデザインを作成することが可能です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です