投稿日:

意外と知らない?オリジナルTシャツのプリント方法とその違いとは?

現在、オリジナルTシャツは自分たちでデザインをして業者に依頼することで誰でも簡単に作ることができます。

ですが、絵柄のプリント方法には複数あるということをご存知でしたか?

また、デザインによって最適なプリント方法が違ってくるということを知っていましたか?

ここでは、プリント方法の説明とどんなデザインにおすすめかを紹介していこうと思います。

オリジナルTシャツとは?

オリジナルTシャツとは、自分でデザインした絵柄を選んだ素材のTシャツにプリントすることでできる自分だけのTシャツです。

インターネットでデザインを業者に送り、作成依頼をすることで誰でも簡単に作ることができます。その際、デザインの印刷方法は一つではなく、いくつかある中から選んで依頼します。

印刷方法にはそれぞれにメリット・デメリットがあるので、しっかり把握していると最適な印刷方法を選ぶことができます。

次から、印刷方法の紹介とメリット・デメリットについて説明していきます。

インクジェットプリント

インクジェットプリントとは、デザインのデータを読み込み、そのデザインの通りにインクを直接Tシャツに吹きつける方法です。

特徴として、データをそのまま再現することができるので複雑なデザインも可能であるということ、1枚からでもフルカラーで印刷をすることができます

メリットは高い再現性があるため、複雑なものでも思い描いた通りにデザインされること、インクを直接生地に吹きつけるので、何色使っても値段は同じことです。

デメリットとしては、インクを直接吹きつけるのでインクの消費が激しく、インクカートリッジを大量に使ってしまう同じデザインの大量生産には向いていません
カートリッジの交換頻度が多くなると、結果的にコストがかかってしまいます。

これらを踏まえると、インクジェットプリントは、色が多く複雑なデザインのTシャツを、少数作るときに向いている方法になります。

シルクスクリーンプリント

シルクスクリーンプリントとは、昔からある定番のプリント方法で、穴の空いた版を作ってそこにインクを流し込んでプリントする方法です。

一般的に売られている洋服は、この方法によってプリントされていることが多いです。

メリットとしては、もととなる版が一度できてしまえば、あとはその版を使って同じデザインを印刷するだけなので大量生産するほどTシャツ一枚あたりの値段は安くなります

また販売されているものに使われているだけあって、仕上がりがアパレル商品のように綺麗になります。使われているインクも耐久性があるため、繰り返し洗濯をしても剥がれにくいです。

デメリットとしては、多色を使ったデザインには向いてないです。版は一色ごとに作らなければならないため、色を増やすとそれだけ版を作らなければならなくなり、コストがかかります。

また、半透明化やグラデーションといった特殊なデザインは再現することができないのもデメリットとなります。

そのためシンプルなデザインにおすすめで、同じデザインを大量に作りたく、一枚あたりの値段を抑えたいときに適している方法になります。

昇華転写プリント

昇華転写プリントは、カッティング転写プリントフルカラー転写プリント昇華転写プリントの3つの種類があり、すべて転写とつきますがそれぞれに違った特徴があります。

これらの特徴についてそれぞれ説明していきます。

カッティング転写プリント

カッティング転写プリントとは、あらかじめ決まった色のカッティングシートを指定の形に切って、熱や圧力によってTシャツへ貼り付ける方法です。

スポーツのユニフォームに個人名や番号を入れるときに使われることが多いです。

メリットとして、版を作る必要がないので一枚から安く作れること、貼り付けることができる生地が多いことが挙げられます。切って貼り付けるとできるので、すぐに出来上がるというのもメリットの一つとなります。

デメリットは決まった色のカッティングシートしか使えないことや、細かいデザインはできないこと、プリント枚数が多くなるほど値段も高くなることです。

フルカラー転写プリント

フルカラー転写プリントは、カッティングシートにデザインを出力し、そのデザインにそってシートを切り、圧力と熱によってTシャツに貼り付ける方法です。

メリットとして、版代がかからないため一枚からでも低コストで作成できること、グラデーションもデザイン可能なこと、色落ちもなく何色使っても値段は変わらないことが挙げられます。

デメリットとしては金や蛍光色といったプリントはできないこと、シートを切る作業があるため、細かいデザインは再現できないことが挙げられます。

デザインは単純だけどグラデーションを用いたいときにおすすめです。

昇華転写プリント

昇華転写プリントは、上記2つの転写とは違い、専用の紙にデザインをプリントしそれを熱によって気化させ、Tシャツの生地にデザインを染めこむ方法です。

メリットとして、これも版を使わないので一枚から低コストで作れること、生地に直接インクを染み込ませるため発色が良く、グラデーションもデータ通りに再現できること、インクのひび割れなどの心配がないことが挙げられます。

デメリットとしては、プリントできる生地がポリエステルのみということ。しかも色が濃い生地にプリントすると色が沈んでしまいます

また熱によって気化させ生地にインクを染み込ませているので、アイロンや乾燥機を使うと色落ち、もしくは色移りしてしまいます。

長時間紫外線にあてても色落ちしてしまうので、取り扱いには十分気を付けなければなりません。

淡い色のTシャツに、凝った色のデザインを施したい場合におすすめです。

適したプリント方法でオリジナルTシャツを作ろう!

いかがだったでしょうか。簡単に作ることができるオリジナルTシャツですが、プリント方法が様々あり、そのどれにもそれぞれメリット・デメリットがあります。

オリジナルTシャツを作る際にはしっかりと把握して、適した方法を選びましょう。

もし作る際は、複数の印刷方法を採用している「スマホラボ」というサイトを利用してみることをオススメします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です