投稿日:

失敗しないデザインとは?知っておきたいオリジナルタオル制作のコツ

オリジナルタオルをデザインするにあったって、まず第一に考えないといけないのは「そのタオルがどんなシーンで使用されるか」という点です。

ひとくちにタオルといっても、サイズも違えば用途もさまざまです。

それぞれの特色を知り、用途にあったデザインにするためにはどうすれば良いのか、これからご紹介していきましょう。

タオルにはどんな種類があるの?

では、まずは主にどんな種類のタオルがあるのか見ていきましょう。

フェイスタオル

約80cm×33cm程度の大きさで、日常一番使用される一般的なタオルといえばこのサイズになります。

手や顔を拭くのにちょうど良く、使い慣れた大きさですのでさまざまな場面での使用が見込まれます。

マフラータオル

約110cm×20cmほどの幅の狭い長いタオルをマフラータオルと呼びます。

その名の通り首に巻いたり、また肩にかけやすい形状が特徴です。

応援グッズなどでの定番でもあります。

スポーツタオル

約110cm×40cmの、大ぶりのタオルです。

長さはマフラータオルと同じぐらいですが幅が大きく作られています。

大きさの割に畳めばコンパクトになるため持ち運びにも適しています。

ハンドタオル

約30cm×30cmの、正方形を基本としたタオルのことです。

手を拭くハンカチと同じ用途で用いられます。

吸水性にも優れているので、ハンドタオルが一枚バッグに入っていれば、外出時にも安心です。

ハンカチタオル

約20cm×20cmでハンドタオルより一回り小さいサイズのタオルです。

ポケットに入る上に、アイロンをかけなくても良いために、子供さんや男性にも広く使われるようになったタオルです。

バスタオル

約120cm×60cmの、お風呂あがりに体や髪を拭くために用いられるタオルです。

紹介した中で一番大きいので、柄が良く映えるという利点があります。

標準サイズよりも大きなものもあり、タオルケットがわりに用いられることもあります。

利用シーン別!失敗しないタオルの選び方

シーン1.スポーツチームのオリジナルグッズ

スポーツシーンでよく使用される代表的なタオルといえば、マフラータオルとスポーツタオルでしょう。

従って、チームのオリジナルグッズとして作成されるのもこのふたつが多く見受けられます。

応援するチームのマフラータオルを頭上で振る光景は、サッカーや野球の応援でもよく目にしますね。

それ以外にも、スポーツタオルは幅も広いので、野外での観戦中に日よけがわりに肩にかけたり、また防寒のために羽織ったりもできます。

汗をかいても気軽に洗濯できるのも利点ですね。

シーン2.アイドルやアーティストのグッズ

ライブのファングッズとしても、人気の高いタオル。

サイズはライブ中に使いやすいマフラータオルや、女性ファンであれば日常使いしやすいハンドタオルが多いようです。

また、タオルは畳めばかさばらないために、コレクションしやすいという利点でも手に取ってもらいやすいグッズです。

シーン3.企業の販促

企業の販促として昔から定番なのは、端に社名が入ったフェイスタオルでしょう。

温泉宿でもよく目にしますね。
また、バスタオルといった毎日使うけれども数を多く必要としないタオルに社名やロゴを入れてグッズとすることは、日常の中でほぼ毎日社名に触れてもらえる絶好の販促チャンスとなります。

シーン4.ノベルティとして

記念行事や、発売記念等で広く配布するグッズとしても、タオルは最適です。

日常使いしてもらいやすいフェイスタオルはもちろん、かさばらずにストックとして手元に保管しておきやすいハンドタオルやハンカチタオルなども、用途に適しているでしょう。

タオルが多くて困る、という方は少ないので先方の邪魔にならないという点でも優れています。

失敗しないオリジナルタオルデザインのコツ

どういった用途で使用するタオルかを決めれば、デザインの方向性も固まってきます。

スポーツチームの応援

スポーツチームの応援に使用するグッズとしてのタオルでしたら、目にとまることが一番です。従って、コントラストのはっきりしたカラーリングで、なおかつ大きなロゴを用いて遠目からでもそのチームのタオルだとわかってもらえるデザインにしましょう。

アーティストやアイドルのグッズ

アーティストやアイドルのグッズとしてでしたら、ファン層にあったテイストで作ることが必要です。

ポップ路線がいいのか、シックにまとめるのか。ダサい、と思われてしまうと身につけようとはなりません。

会場で身につけた際に一番おしゃれに見えるようにデザインするのも大事ですね。

販促・ノベルティ

販促やノベルティとして渡すのはどんな形式になるのか。

直接手渡すシーンを想定して、アピールできる位置へロゴや社名を配置するなど、ちょっとしたコツで効果が大きく変わってきます。

あなただけのオリジナルタオルを作ろう!

ここまでで、どんなタオルを作りたいかイメージがつかめてきたのではないでしょうか。

手にとってもらいやすく、またこれほど効果的なグッズはタオルをおいて他にはそうそうありません。

せっかく作るグッズなのですから、使用用途にぴったりあったデザインにしたいですよね。

スマホラボなら、サイト上での直感的な操作だけでオリジナルタオルを作ることができます。

ぜひ、あなただけのオリジナルタオルを作ってみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA