投稿日:

スマホを落とすと壊れる?スマホ落下対策

いつも肌身離さず大切に使用しているスマホは、なくてはならない物です。壊れると嫌なので、落とさないようにしようと気を配っていても、何かの拍子で落とす可能性があります。万が一落としてして故障してしまったときに、どうすれば良いのでしょうか?日々の生活にどんな影響があるのかなどをふまえ、事前にチェックしておきたいポイントを知っておきましょう。いくつかご紹介しますので、参考にしてみてください。

慌てずにまずは外傷の確認を!

必ず明るいところへ移動して、見やすい状態で故障具合をチェックしてください。室内の場合は、電気を付けて明るい部屋の中でチェックします。画面、裏面、側面を目視で確認しながら、指で触って傷付いたところがないか、内部への影響を考え、外面がへこんでいないかを確認してください。カメラのレンズ部分やLEDライト、電源・音量ボタン、イヤホン差し込み口、USB差し込み口も確認してみましょう。

電源のオンオフ動作の確認

電源が切れている場合は、電源を付けてみて正常に起動するかどうかの確認をします。通常の待ち受け画面が表示されている場合でも、念のために電源オフをして少し置いてから、ふたたび電源をオンにしてみましょう。電源のオンとオフが正常に機能しているかをチェックしてください。

常駐アプリやよく使うアプリの動作確認

セキュリティソフトなどの常駐アプリを先に確認します。セキュリティソフトの場合は、簡単なスキャン操作をしてみてください。そのあと、いつも使っているアプリを起動させ、いつも通り使ってみてください。ゲームアプリなどにも故障が影響していないか確認する必要があります。起動をして、少しでもプレイしてみることをおすすめします。極端に動作が遅くなっていないか、固まって動かないという現象はないかを確認してください。

ファイルの破損や不具合の確認

アドレス帳や音楽ファイルが破損していないか、いくつか開いて確認しましょう。音楽ファイルや動画ファイルはいくつか再生してみるのも忘れずにしてみてください。オフィス関連のファイルも保存している場合は、開いて確認することをおすすめします。

データのバックアップはこまめに!

故障したときのためにも、データのバックアップはこまめにしておきましょう。無料のアプリでもデータのバックアップはできます。パソコンや別に保管しているUSBメモリーなどに、1週間に1回はデータを移しておきましょう。

スマホケースの有用性

落としたときに危ないのが画面のひび割れなどの故障です。例え動作したとしても、クモの巣状にひび割れした画面では見えにくいですし、とても使いずらくなってしまいます。ここでスマホケースの登場です。落としたときの振動を吸収してくれるラバー素材のものなら、ほぼ安全に画面のひび割れを防いでくれます。画面割れ対策の保護フィルムも忘れずに貼るとさらに安心です。スマホで大切なのは中のデータも含めて守らなければなりません。そのためにもスマホケースはとても有用なのです。落としたときの強い振動は画面だけではなく、大切なデータも壊れる可能性があります。その点スマホケースをしていれば、振動は吸収されて弱まりスマホの外傷やデータを守ってくれるのです。

スマホリングの併用

さらに併用して対策を取りたいのが、スマホリングの活用です。スマホを操作しているときに、スマホの裏面についたリングに指を通しておくことで、使用しているときに大切なスマホを落としてしまう危険から守ってくれます。どちらか片方だけではなく、必ずスマホケースとスマホリング、保護フィルムのすべてでスマホを守りましょう。スマホリングはスマホを使用していないときのスマホを守ってくれません。

ケースで大切なスマホを守ろう!

毎日、必ず使う大切なスマホですから、常に落下によって壊れる危険からガードすることが大切です。落下防止に備えるためにも、スマホケース・スマホリング・保護フィルムでがっちり守りましょう。万全な対策で、快適なスマホライフをお過ごしください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です