投稿日:

初心者から上級者まで工夫次第で楽しむことができる手帳型スマホケースの手作り方法

ビジネスでも日常生活でも欠かすことができないスマホを、しっかりと包み守ることができる手帳型スマホケースは非常に重要な存在です。

機能も大事ですが、デザインもおろそかにすることはできません。

市販品で満足できない時には自作スマホケースという手段もあります。

ハンドメイドなどやったこともないという初心者から上級者まで参考にすることができる手作り方法を紹介します。

初心者にも簡単にできる手帳型スマホケースの作り方・アレンジ方法

自分だけの手帳型スマホケースを持つことができれば、楽しいと思ってはいても手先が不器用だから自身がない、あるいは手作りのハンドメイドグッズなどが作ったことがない初心者にとってはなかなかハードルが高いものです。

しかし、初心者でも簡単に作ることができる自作スマホケースの作り方はいくつかあります。

材料も身近な場所でそろえることができるので苦になりません。

まずは簡単な方法から試してみて、自分の理想となる手帳型スマホケースの作り方や実現できるかどうかを考えてみるとよいでしょう。

切って貼るだけ!イラスト・写真を貼り付けたスマホケース

【用意するもの/必要なもの】

  • お気に入りの写真やイラスト
  • 小物アイテム
  • UVレジン液
  • ピンセット
  • はけ
  • 手帳型スマホケース(市販)

【作り方/作成手順】

  1. シンプルな柄の手帳型スマホケースを準備します
  2. お気に入りの写真やイラストを手帳型スマホケースの大きさに合わせてカットします
  3. 写真・イラスト・小物アイテムなどのデザイン配置を考えます
  4. 手帳型スマホケースの表面にUVレジン液をたらし、はけで広げます
  5. 写真などを配置して、さらに上からUVレジン液を垂らしてコーティングし、乾いたら完成です

【作成時のポイント/注意点】

シンプルな柄のスマホケースを選ばなければ、写真やイラストよりも柄が目立ってしまい、デザイン性が美しくなくなる可能性もあるので注意が必要です。

写真やイラストは、できるだけ薄い紙に印刷すると、貼り付けしやすくさわり心地もよいです。

スタンプを押すだけ!消しゴムハンコでできるスマホケース

【用意するもの/必要なもの】

  • 手帳型スマホケース
  • 消しゴム
  • 彫刻刀
  • 専用インク
  • 写し紙

【作り方/作成手順】

  1. シンプルながらの手帳型スマホケースを用意します
  2. 写し紙にイラストや文字などを描き、消しゴムに転写します
  3. 転写に合わせて彫刻刀で消しゴムを掘ります
  4. 専用インクを消しゴムハンコに塗り、手帳型スマホケースに押し、乾いたら完成です

【作成時のポイント/注意点】

転写する際に反転するので、文字のスタンプを作る際には注意が必要となります。

専用インクがない場合には、マニュキュアで代用することもできます。

または、通常のインクでスタンプし、UVレジン液でコーティングすると剥げません。

切り貼りする!転写シール・マスキングテープ・リメイクシートのスマホケース

【用意するもの/必要なもの】

  • 転写シール(マスキングテープ、リメイクシートで代用可能)
  • はさみ
  • UVレジン液
  • はけ
  • 手帳型スマホケース

【作り方/作成手順】

  1. 転写シールやマスキングテープ、リメイクシートなどを配置などを考えつつカットします
  2. 手帳型スマホケースに貼り付けます
  3. UVレジン液を上から垂らしてはけでまんべんなく伸ばし、乾かして完成です

【作成時のポイント/注意点】

転写シールなどはぎりぎりに裁断するよりも一回り大きくカットするときれいに仕上がります。

マスキングテープやリメイクシートの場合はUVレジン液は必要ありません。

UVレジンで貼り付ける!押し花・ビーズ・リボンのスマホケース

【用意するもの/必要なもの】

  • 手帳型スマホケース
  • ビーズ
  • リボン
  • 押し花
  • 接着剤
  • UVレジン液

【作り方/作成手順】

  1. リボンや押し花、ビーズなどをデザインを考えて手帳型スマホケースの上に配置してみます
  2. 接着剤で配置通りに貼り付けます
  3. UVレジン液を上から垂らし、コーティングして乾いたら完成です

【作成時のポイント/注意点】

押し花を貼り付ける際には、接着剤ではなくはじめからUVレジン液でくっつけます。

気泡が入らないようにつまようじでつぶしながら行うときれいに仕上がります。

包む!布のスマホケース

【用意するもの/必要なもの】

  • 表用・裏用布
  • 厚紙
  • 接着剤

【作り方/作成手順】

  1. スマホ2つ分の厚紙の型を作成します
  2. 表用の布と裏用の布を裁断します
  3. 表用布の端を内側に折るように厚紙と接着し、持ち手部分もつけます
  4. 裏用布も張り付けて完成です

【作成時のポイント/注意点】

マチ部分を適切な大きさに作らないと、きつくなるか緩くなり、スマホをカバーすることができません。

厚紙に折れ線を入れれば、スタンドとすることができます。

上級者向けの手帳型スマホケースの作り方

初心者向けの手帳型スマホケースの自作方法に慣れてきたのならば、徐々に上級者向けの作り方を知ることをおすすめします。

上級者向けの作り方も慣れれば、手作りなのにまるでオーダーメイドで作ったような仕上がりになるでしょう。

様々な作り方を知れば知るほど、より様々なアイデアが出てくるので参考にしてください。

革で作る!レザークラフトのスマホケース

【用意するもの/必要なもの】

  • 厚紙
  • 接着剤
  • ボタン
  • トンカチ
  • クリアスマホケース

【作り方/作成手順】

  1. 型紙を作成して革を裁断します
  2. 表と裏それぞれのレザーの端を処理した後に、接着剤で貼り付けます
  3. ふたの部分にボタンをトンカチで着けます
  4. クリアスマホケースを貼り付けて完成です

【作成時のポイント/注意点】

レザーの厚さによっては型紙を間に挟む必要はありません。

レザークラフトで表面に模様をつけることもできます。

切って縫う!手袋を利用したスマホケース

【用意するもの/必要なもの】

  • 茶色いもこもこの手袋
  • 薄茶色の布
  • クリアスマホケース
  • 接着剤
  • 厚紙

【作り方/作成手順】

  1. 厚紙と布を裁断して、手帳型スマホケースの原型を作ります
  2. 手袋の指部分を切り落とし、一方を接着剤で貼り付けます
  3. カバー表面に袋状の手袋をかぶせ、裁断した指部分で顔、耳を作って接着剤で貼り付けて完成です

【作成時のポイント/注意点】

糸がほつれにくい手袋を使用すると、きれいに仕上がります。

手袋と布は同系色に統一するときれいな仕上がりのスマホケースです。

紙を折るだけ!折り紙のスマホケース

【用意するもの/必要なもの】

  • 大きな紙
  • 厚紙
  • 接着剤

【作り方/作成手順】

  1. 厚紙を裁断します
  2. 大きな紙を厚紙を挟み、スマホを包み込むような形に織り込みます
  3. 上から好みの紙を貼り付けて完成です

【作成時のポイント/注意点】

厚紙はスマホよりも一回り大きくカットするときつくなりません。

はじめから好みのデザインの紙で折ることも可能です。

折り紙の際には、一回折る際にはしっかりと折れ線をつけます。

作り変える!財布リメイクのスマホケース

【用意するもの/必要なもの】

  • 使い古した長財布
  • クリアスマホケース
  • 接着剤

【作り方/作成手順】

  1. 長財布の中の余分な仕切りを取り除きます
  2. クリアスマホケースを接着剤で貼り付けます
  3. 表側を適宜きれいにして完成です

【作成時のポイント/注意点】

長財布の一部を残せば、カードケースとしても使うことができます。

仕切りを取り除く際には、きれいに糸を抜いて作成します。

お菓子パッケージを裁断!リメイクスマホケース

【用意するもの/必要なもの】

  • お気に入りのお菓子のパッケージ(段ボールでも可能)
  • 接着剤
  • クリアスマホケース

【作り方/作成手順】

  1. お菓子のパッケージをスマホケースの大きさに裁断します
  2. クリアスマホケースを内側に接着剤で貼り付けます

【作成時のポイント/注意点】

お菓子のパッケージの紙が薄い場合には、複数枚重ねて作ります。

マチ部分をしっかりと折りこまないと、使いづらいです。

オリジナルスマホケースラボを活用して自作手帳型スマホケースを持とう

手帳型スマホケースの作成方法は様々あります。

簡単で初心者からでもできるものもあれば、オーダーメイドと間違うほどの上級者向けまで多種多様です。

手間を省いてきれいな手帳型スマホケースが欲しい場合には、専門業者にオーダーメイドする方法がおすすめです。

オリジナルスマホケースラボでは、専用エディタを活用して簡単かつ市販品のようなスマホケースが作成できるので、試してみてください。

こちらの記事も読まれています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA