投稿日:

【音楽好きな人におすすめ】手作りiPhoneケースのデザイン

iPhoneに音楽を入れたり、ダウンロード購入したりして音楽プレーヤーのように使っている人もいるでしょう。

Bluetoothで無線イヤホンやスピーカーを接続すれば、高音質で快適に音楽鑑賞できます。

そんな音楽好きな人は、iPhoneケースも音楽にちなんだデザインにすると面白いでしょう。

ここでは、音楽好きな人向けの手作りiPhoneケースのデザインを紹介していきます。

音楽プレーヤーのデザイン

音楽にちなんだデザインなら、音楽プレーヤーのデザインにすると面白いです。

iPhoneで毎日のように音楽を聴いている人は、iPhoneは音楽プレーヤーに近い存在なのではないでしょうか。

電話やネットよりも、音楽を聴いている時間の方が長い人も多いです。

それなら音楽プレーヤーのデザインのiPhoneケースを付ければ、しっくりくるでしょう。

市販のiPhoneケースでもいくつかある

音楽プレーヤーのデザインを用いているiPhoneケースは、市販のものもいくつか販売されていますが、種類はあまり多くありません。

市販のものを使おうとすると、どうしても選択肢が限られてしまいます。

しかし、デザインはある程度参考になるので、見てみるといいでしょう。

音楽プレーヤーは小さな画面が付いていて、CDのジャケット画像や曲名、シークバーなどが映っています。

そのようなデザインを参考にして、自分の好きな曲に変えて作ってみるのがおすすめです。

再生時の画面やボタンを再現しよう

スマホの表面はほとんどが画面ですが、音楽プレーヤーなら表面にボタンも付いています。

再生ボタンや一時停止ボタン、次曲ボタンなどがあるでしょう。

再生時の画面と合わせて、ボタンも再現すると、かなり完成度の高い音楽プレーヤー風のiPhoneケースができます。

楽器のデザイン

音楽好きな人の中には、音楽を聴くだけでなく、自分で演奏するのも好きな人は多いでしょう。

楽器の演奏が趣味なら、その楽器のデザインのiPhoneケースを作るのも面白いです。

楽器の写真やイラストを載せます。

真ん中に楽器を配置して、背景を音符などにするのもいいかもしれません。

もっとこだわりたいなら、楽譜の一部をデザインに使用するのもおすすめです。

好きな曲の楽譜なら、個性豊かなiPhoneケースになるでしょう。

細長い形状をした楽器だと、真ん中に配置しづらい場合もあります。

そんなときには、手帳型スマホケースの表表紙と裏表紙に跨がる形で配置するのがおすすめです。

好きなアーティストのデザイン

好きなアーティストの写真やCDのジャケット画像なども、音楽好きの人にはおすすめです。

アーティストのロゴマークなどもいいでしょう。

そのアーティストのファンだということを強力にアピールできます。

マイナーなアーティストのデザインのiPhoneケースも作れるのも、手作りのいいところです。

アーティストのライブなどに行けば、似たようなデザインのiPhoneケースを使っている人をたくさん見かけるかもしれません。

ただし、アーティストのデザインを施したiPhoneケースは、あくまで個人的な使用にとどめておきましょう。

上手に作れても、販売などはできません。

手作りが難しそうならスマホケース作成サービスを利用

写真などを用いたデザインは主にデコパージュという方法で手作りできます。

しかし、ハンドメイドに慣れていない人の場合には、上手くできないこともあるかもしれません。

実際にiPhoneケースを手作りする方法

デザインが決まったら、そのデザインを画像データの形で用意しておきましょう。

元となるiPhoneケースは100均のクリアケースを使用します。

光沢紙に画像を印刷してクリアケースの形に切り取り、デコパージュ専用液を写真に何度か重ね塗りをしてから、ぬるま湯に浸けましょう。

20分程度経過するとふやけてくるので、裏側の紙の部分を剥がします。

薄い表面の部分だけになったら、クリアケースの背面にデコパージュ専用液を塗りましょう。

そして、シワができないようにゆっくりと貼ります。

貼ったら、さらに上からデコパージュ専用液を塗って乾かすと完成です。

デザインの画像さえあればオリジナルのiPhoneケースを作れる

上で紹介した方法は、始めてやった人が1回で上手く作るのは難しいです。

そのため、スマホケース作成サービスを利用して作るのもおすすめです。

デザインの画像データさえ用意できれば、簡単にオリジナルのiPhoneケースを作れます。

もちろん音楽プレーヤー風のデザインでも、楽器や楽譜のデザインでも大丈夫です。

ただ、アーティストのデザインはサービスによっては作れない場合もあります。

まとめ

iPhoneケースは、単にiPhone本体を保護するだけでなく、自分の趣向や個性をアピールするための道具でもあります。

音楽が好きなら、ここで紹介したような音楽にちなんだデザインのiPhoneケースがおすすめです。

また、スマホケース作成サービスを利用するなら、スマホラボを使ってみましょう。

デザインエディタで細部のデザインも調整できるので、音楽プレーヤーや楽譜などのデザインを入れたい人にピッタリです。

印刷も綺麗なのでぜひ1つiPhoneケースを作ってみてください。

こちらの記事も読まれています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA