投稿日:

全面印刷のオリジナルiPhoneケースが欲しい!どうやって作ればいい?

ハードタイプのiPhoneケースで、側面の部分まで絵柄が印刷されているのは全面印刷というものです。

市販のiPhoneケースだけでなく、オリジナルiPhoneケースを作る際にも、全面印刷にできます。

ここでは、全面印刷の魅力や全面印刷のiPhoneケースの作り方について見ていきましょう。

全面印刷の魅力

全面印刷のiPhoneケースと、側面が印刷されていないiPhoneケースを見比べてみた場合、あまり大きな差はないと思う人もいるかもしれません。

確かにパッと一目見たくらいでは、全面印刷の魅力は分かりづらいでしょう。

しかし、iPhoneケースは普段から目にする機会が多いです。

全面印刷だと端の方で絵柄が途切れず、側面に回り込むのでおしゃれに感じるでしょう。

全面印刷のiPhoneを見慣れている人の場合には、側面の印刷がないと物足りなく感じてしまうかもしれません。

また、オリジナルのiPhoneケースなら、全面印刷の方がデザインを作りやすいです。

全面印刷のiPhoneケースは自作できる?

オリジナルデザインで全面印刷のiPhoneケースを作りたいと思っている人もいるでしょう。

ハードタイプのオリジナルiPhoneケースを表面のみ印刷で作ると、端の部分が途切れていまいちな仕上がりになってしまうことも多いです。

そこでまず、全面印刷のiPhoneケースを自作する方法を考えますが、あまり現実的ではありません。

全面印刷のiPhoneケースは、昇華転写という印刷方法で作るのが一般的です。

この印刷方法は、家庭用に普及しているインクジェットプリンターでは行えません。

専用のプリンターとインクが必要で、その値段がかなり高額です。

そのため、全面印刷のiPhoneケースの自作は難しいでしょう。

デコパージュなら側面にもデザインを描ける

印刷とはやや異なる手法ですが、クリアタイプのiPhoneケースの側面部分にデザインを描ける方法があります。

デコパージュという方法で、オリジナルのスマホケースをハンドメイドする際によく用いられる手法です。

デコパージュに必要な道具

必要な道具は、元となるクリアタイプのiPhoneケースとデコパージュ専用液、トップコート、筆、ペーパーナプキンなどです。

どれも100円ショップで手に入ります。

デコパージュのやり方

  1. ペーパーナプキンの絵柄の部分を剥がしておき、クリアスマホケースの背面と側面に筆でデコパージュ専用液を塗りましょう。
    剥がしたペーパーナプキンを貼ってピッタリと密着させます。
    このとき、側面部分にも密着させて、ペーパーナプキンが少しはみ出すくらいにしておきましょう。
  2. はみ出した部分は3~5ミリ程度残して切り取ります。
    それから、内側に織り込んで再びデコパージュ専用液を塗ってくっつけましょう。
    こうすることで、背面と側面が繋がったデザインにできます。
  3. 最後にトップコートを塗って仕上げます。

オリジナルの写真や絵もデコパージュで貼れる

デコパージュでは、ペーパーナプキンの代わりに、写真や絵を使用することもできるのでやってみましょう。

ただし、紙に印刷したものをそのまま使用するのではなく、薄くするための処理が必要です。

写真や絵を光沢紙に印刷したら、水に浸して裏側の方を剥がします。

上手く剥がせたら後はペーパーナプキンを使う場合と同じ手順です。

全面印刷のオリジナルiPhoneケースを作れるサービス

デコパージュでハンドメイドするのではなく、全面印刷でオリジナルのiPhoneケースを作りたいときには、専用のサービスを利用しましょう。

昇華転写の方法で印刷するので非常に綺麗に仕上がります。

オリジナルプリント.jp

オリジナルプリント.jpでは、専用のデザインツールを使って、オリジナルのiPhoneケースを全面印刷で作れます。

デザインツールでは、文字を入れたりスタンプを押したりできて、大きさは配置などの調整が可能です。

使い方は簡単なので、初めての人でも無理なく使えるでしょう。

スタンプの種類はかなり豊富で、スタンプを複数使用するときには、押す順番も調整可能です。

また、自分で撮影した写真や自分で描いたイラストなどの画像データをアップロードして使用することもできます。

そのまま写真やイラストを使うだけでなく、スタンプと組み合わせてデザインを作るのも面白いでしょう。

スマホラボ

スマホラボでは、コート素材とマット素材を選択して、全面印刷のオリジナルiPhoneケースを作れます。

専用のエディタでは、側面にはみ出す部分を確認できるので、細部のデザインにこだわりたい人におすすめです。

ハードケースの他にミラーケースも全面印刷で作れます。

また、使用したい画像はあるものの、背景なしで使いたい人もいるでしょう。

スマホラボでは背景透過サービスなども実施しています。

素材の使い方が広がるのでぜひ利用してみましょう。

全面印刷のオリジナルiPhoneケースをオーダーメイドで作ろう

全面印刷のiPhoneケースは、見栄えが良いので、おしゃれを楽しみたい人に最適です。

オリジナルのiPhoneケースを全面印刷で作りたい場合には、スマホラボが特におすすめです。

スマホラボなら、自分で細部までデザインを作りたい人にも、背景透過サービスを利用したい人も便利に利用できます。

ぜひ全面印刷のオリジナルiPhoneケースを1つ作ってみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA