投稿日:

【Android】全面印刷のオリジナルスマホケースを作れるサービス5選

オリジナルのAndroidケースを作るなら、背面の部分だけでなく、側面部分にも印刷したいと考える人は多いでしょう。

側面部分の印刷があるかないかで、見栄えもがだいぶ違ってきます。

では、Androidのオリジナルのスマホケースを作れるサービスの中で、側面部分も含めた全面印刷に対応しているサービスを5つ紹介していきます。

グッズラボ

グッズラボはスマホケースやスマホ関連グッズだけでなく、オリジナルグッズ全般に関して取り扱っているサービスです。

文房具類や日用雑貨類などをオリジナルデザインで作れます。

Androidのスマホケースに関しては、XperiaやAQUOS Phone、Galaxyなど、取り扱っているブランドや機種が豊富です。

また、専用のデザインエディタを使用できて、機種ごとにデザインテンプレートが用意されています。

デザインに使用する写真やイラストの画像データをアップロードし、それに編集を加えて印刷可能です。

スマホケースのどの部分に、デザインのどの箇所が印刷されるのか確認しやすく、細部までこだわったデザインを作れます。

印刷方法は全面印刷によく合う昇華転写印刷を採用しており、綺麗に仕上がります。

【公式サイト】
https://original-goods.orilab.jp/

マイケースカバーズ

マイケースカバーズでは、実店舗を構えているオリジナルスマホケース専門店ですが、LINE店も設けています。

LINEで注文を受け付けており、Androidのハードケースに関して、全面印刷にも対応可能です。

機種と素材をLINEで書き込んで注文すると、完成イメージが送られてくるので、それで良ければ「OKAY」と返信しましょう。

注文手続きがスムーズに行けば、即日で発送できる場合もあります。

また、素材として添付した画像は基本的にそのまま使用されますが、オプションを利用することで画像の一部を切り抜くなどの加工も可能です。

他に文字入れのオプションも用意されています。

ただ、オプションを利用するには、追加で料金がかかるため、トータルの料金で見るとやや割高かもしれません。

【公式サイト】
https://www.mycasecovers.com/

Canvath

Canvath(キャンバス)はポーチやキーケース、パスケースなど小物を中心にオリジナルを作れるサービスで、スマホケースにも対応しています。

Androidの機種も豊富に取り扱っているので、比較的マイナーな機種のAndroidスマホを使っている人にもおすすめです。

そして、全面印刷のスマホケースは、「側表面印刷スマホケース」という名称で取り扱っています。

スマホ本体の背面と側面を覆うプラスチック製のスマホケースで、印刷前は白色です。

機種に合わせてカメラ穴が付いており、側面もボタンの位置に合わせた形状に作られています。

また、グリッターケースとミラーケースも取り扱っていますが、グリッターケースの方は表面のみしか印刷できません。

ミラーケースの方は全面印刷にも対応しています。

【公式サイト】
https://canvath.jp/

Budgets

Budgetsはスマホ関連グッズの他に衣類や雑貨類などで、オリジナルデザインのアイテムを作れるサービスです。

スマホケースは、Androidの機種専用のものを豊富に取り扱っています。

値段もリーズナブルなので、気軽に利用できるでしょう。

衝撃にも熱にも強いプラスチック製の白いハードケースで、軽いので扱いやすいです。

昇華転写印刷の方法を用いており、側面まで自然にはっきりと印刷されます。

デザインエディタを使用して、文字やスタンプなどを入れたり、線を引いたりしてオリジナルのデザインを作れます。

機種ごとに異なるデザインテンプレートが用意されているので、完成図を視覚的に確認しながら作れるのが特徴です。

背面と側面の境目なども一目で分かります。

【公式サイト】
https://budgets.jp/

スマホラボ

スマホラボはオリジナルグッズを全般的に取り扱っているサービスで、マグカップや衣類、キーホルダーなども作れます。

スマホケースや、モバイルバッテリーなど、スマホ関連グッズの取り扱いが特に豊富です。

全面印刷のスマホケースは、Androidの機種もXperiaやAQUOS Phoneをはじめ、主要な機種に対応しています。

ハードタイプの白いスマホケースを使用しており、昇華転写印刷で背面と側面にオリジナルの写真やイラストを印刷可能です。

専用のデザインエディタと、機種ごとのデザインテンプレートが用意されており、文字やスタンプを押したり、画像を拡大縮小したりできます。

専用のデザインエディタは初心者でも扱いやすく、デザインに慣れている人でも満足できる機能が備わっているのが魅力です。

デザインは、背面から側面に繋がった形で印刷すると、見栄え良く仕上がるでしょう。

【公式サイト】
https://original-smaphocase.com/

まとめ

オリジナルスマホケースは、側面も印刷されるからこそ、完成度が高く感じられることも多いです。

Androidでも、ここで紹介したサービスを利用すれば全面印刷のケースが作れるので、ぜひオリジナルデザインで作ってみましょう。

中でもスマホラボは、値段がリーズナブルで初心者でも使いやすいので、ぜひ利用してみてください。

こちらの記事も読まれています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA